アジア・ヨーロッパの革命家を支援した日本の大アジア主義者―頭山満/Japanese Great Asianists Supporting Asian and European Revolutionaries ―Mitsuru Toyama

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

攘夷と藩閥政府打倒を訴える

日本の大アジア主義は、日本の主導の下にアジアを統合して、欧米の世界支配に対抗するというものだった。頭山満(1855~1944年)は、福岡県に生まれで、明治14年に大陸進出を唱え、右翼の結社「玄洋社」を組織して、「大アジア主義」を掲げた。彼は東洋から西洋を駆逐するのは、真の文明を創設するために必要と考えた。アジアが一体となって「攘夷」を行い、獣の文明から人類を救済するというのが彼の発想だったが、それを主導するのは日本であった。

玄洋社は、自由民権運動の最中に生まれた組織であり、藩閥政府に反旗を翻しつづけた。何よりも、玄洋社の憲則の第3条には、はっきりと「人民の権利を固守すべし」とうたわれている。頭山はやはり自由と民権の人だったのだ。『社会契約論』を翻訳し、「東洋のルソー」と呼ばれ、幸徳秋水を弟子にもった中江兆民とも親しい関係にあった。彼の西欧嫌いは徹底していたが、それは1902年に日英同盟を結んだ藩閥政府への批判ともなって表れ、日本は「イギリスの番犬に成り下がった」と憤慨した。

アジアやヨーロッパの革命家を支援

頭山は、植民地化された中国やインドから欧米勢力を駆逐して、日本が主導の下にアジアの統一を考えた。頭山の下にはアジア・ヨーロッパの独立・革命運動家たちが集まり、その中には金玉均、孫文、インドのラス・ビバリ・ボース、また帝政ロシア出身のアブデュルレシト・イブラヒム(1857~1944年)らがいた。彼らを救い、支援する義侠心に頭山はあふれていた。明治末に、頭山や犬養養らは、「亜細亜義会」を設立し、アジア民族の連帯とヨーロッパ植民地主義からアジアを解放することを唱えた。

ラス・ビバリ・ボースと妻・俊子(中村屋の創業者相馬愛藏・黒光の娘)
https://buhitter.com/author/Nakamuraya1901

1938年5月に東京ジャーミィの落成式の際には、モスクの扉を開けたのは頭山満だったが、それもこのモスクの建立に頭山らが民間団体の指導者たちが尽力したことを表している。イブラヒムは、西欧の帝国主義に対抗するには日本の人口は十分ではないから、世界のムスリムと連携すれば、さらに強力な国家になり、イスラム世界の解放に重要な役割を果たせるだろうと考えていた。彼は日本人がイスラムに改宗するだけの高潔さを備えていると見て、日本人をイスラムへ改宗させることを考えた。また、中国に日本が経済的進出するには、中国のムスリムと円滑な関係を結ぶことが肝要と考えていた。

イブラヒムが見た日本人

イブラヒムは、京都を訪れた際に、「イスラムの教えの中にある多くの賞賛すべき道徳が、日本人には自然に具わっている。清潔さ、羞恥心、忠誠、信頼。特に寛大さと勇気とは日本人においてはあたかも天性のもののようである。」(アブデュルレシト・イブラヒム(小松香織・小松久雄訳)『ジャポンヤ・イブラヒムの明治日本探訪記』)と語った。

イブラヒムは「イスラム文明こそ本当の人道主義といえましょう。相互扶助、互恵の精神、これすべてイスラムの特徴です」と説いたが、彼は日本人がそのイスラムの徳を体現していると考えた。(最後に同じ『ジャポンヤ』187頁からの引用)

日本が世界の困窮する人々を支援する姿勢は明治期の日本のように、国際社会でもっと指導的立場に立ってよいだろう。そんなところにも玄洋社の今日的意義があり、頭山が支援した外国人の中にはボースが新宿中村屋にカレーをもたらしたように、日本の社会・文化を豊かにした人もいた。文明は相互に刺激し合うことによって豊かになることを頭山の革命家支援の姿勢は教えている。

アイキャッチ画像は中村屋のカレーライス The eye-catching image is Nakamuraya’s curry rice  https://www.gnavi.co.jp/dressing/article/22275/

Appeal for repelling Western countries and the overthrow of the domain clique government

Japan’s Great Asianism was to integrate Asia under the leadership of Japan to counter Western world domination. Mitsur Toyama  (1855-1944) was born in Fukuoka Prefecture, advocated for continental advancement in 1887, organized a right-wing association “Genyosha”, and advocated “Great Asianism”. He considered it necessary to drive the West out of the East in order to create a true civilization. His idea was that Asia would work as one to expel barbarians (foreigners) “joi” and rescue humankind from the civilization of the beast, but it was Japan that took the lead.

Genyosha was born during the Freedom and People’s Rights Movement and continued to rebel against the domain clique government. Above all, Article 3 of the Genyosha Constitution clearly states that “people’s rights should be adhered to.” Toyama was still a person of freedom and civil rights. He translated “Social Contract Theory” and was called “Oriental Rousseau”, and had a close relationship with Chomin Nakae, who had Kotoku Shusui as his disciple. His dislike of Western Europe was thorough, but it also manifested itself in criticism of the Anglo-Japanese Alliance’s Meiji oligarchy government in 1902, and Toyama resented that Japan had “become the guard dog of Britain.”

Supporting Asian and European Revolutionaries

Toyama considered the unification of Asia under the leadership of Japan, eradicating Western forces from colonized China and India. Under the guidance of Toyama, Asian and European independence and revolutionary activists gathered, including Kim Ok-gyun, Sun Yat-sen, Las Bivali Bose of India, and Abdurreshid Ibrahim (1857-1944) from imperial Russia. There was a problem. Toyama was full of morale to save and support them. At the end of the Meiji era, Toyama and Tsuyoshi Inukai established the “Asia Justice Society” advocating the solidarity of Asian people and and their liberation  from

European colonialism.

Abdurreshid Ibrahim and his children. Tatar migrant to Japan, who became the first imam of Tokyo Camii.
https://www.reddit.com/r/TheWayWeWere/comments/kcpgq2/abdurreshid_ibrahim_and_his_children_tatar/

At the inauguration ceremony of Tokyo Camii in May 1938, it was Mitsuru Toyama who opened the door of the mosque, which is also due to the efforts of the leaders of private organizations such as Toyama to build this mosque. Ibrahim believes that Japan’s population is not enough to counter Western imperialism, and that working with Muslims around the world could make it a stronger nation and play an important role in the liberation of the Islamic world. He saw that the Japanese had the integrity to convert to Islam and considered converting the Japanese to Islam. He also believed that it was essential for Japan to establish a smooth relationship with Chinese Muslims in order for Japan to make an economic advance into China.

東京ジャーミィ Tokyo Camii
https://instagrammernews.com/detail/2450193409472513683

Japanese seen by Abdurreshid Ibrahim

When Ibrahim visited Kyoto, saying, “Many admirable morals in Islamic teachings are naturally present in the Japanese: cleanliness, shame, loyalty, trust. Especially generosity and courage are natural things for Japanese people. ” (Abdurreshid Ibrahim “Japonya Ibrahim’s Exploration of Meiji Japan” translated by Kaori Komatsu and Hisao Komatsu. Ibrahim said, “Islamic civilization is true humanitarianism. Mutual aid, a spirit of reciprocity, all of which are characteristic of Islam,” he believes the Japanese embody that Islamic virtue. (a quote from page 187 of the same “Japonya”)

Japan’s stance of supporting the needy people in the world could be a more leading position in the international community, as it was in the Meiji era. Such a place also has the significance of Genyosha today, and some of the foreigners supported by Toyama enriched Japanese society and culture, just as Bose brought curry to Nakamuraya in Shinjuku. The attitude of supporting revolutionaries in Toyama teaches that civilization is enriched by stimulating each other.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました