80 women and children killed by U.S. military airstrikes 米軍の空爆によって犠牲になった80人の女性や子供たち

English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English sentences are written after Japanese.

米軍の空爆によって犠牲になった80人の女性や子供たち

13日付の「ニューヨークタイムズ」は、2019年米軍のシリア東部爆撃で80人の女性や子供など民間人が犠牲になったが、国防総省はこの事実を隠ぺいしていたことを明かにした。隠ぺいの理由はこの爆撃が自衛のためだったというものだが、女性や子供を殺害しておいて「自衛」はないだろう。

Roger Ebert.com「With this visa, I thee wed」より
映画「シリアの花嫁」より / Movie “Syrian Bride”

しかし、米軍の空爆が市民の犠牲を伴うのは、2001年に始まった対テロ戦争では頻繁に発生してきた。アメリカのブラウン大学の調査によれば、アメリカのアフガニスタンにおける20年間の戦争で犠牲になった市民の数は4万6000人と、タリバンの5万3000人に迫る数だった。市民の犠牲が多いのは、米軍が空爆を強化した結果だった。特にトランプ政権下では空爆おける市民の保護を軽視した結果、市民の犠牲が増え、2019年には、オバマ政権最後の年の2016年に比較すると、330%増加した。

空爆で市民が犠牲になることは戦争犯罪で、国家テロということになる。空爆の非人道性は、軍事攻撃の対象を軍人や軍事施設に限定するという国際法に違反して多くの民間人を犠牲にすることである。広島や長崎の原爆、あるいは日本全土の焦土化作戦のように、当初から市民の途方もない犠牲を想定した場合もある。

シリアやイラクで米軍など有志連合軍は空爆を続けてきたが、2014年からこれまでの間に1400人以上の市民が犠牲になった。

対テロ戦争の開始後、米軍は、精密誘導爆弾は正確に標的に命中するので、市民の犠牲が出るはずがないと言ってきた。しかし、2003年に始まるイラク戦争では、およそ50回のサダム・フセインを標的にした空爆が行われたが、空爆によってフセインの殺害に成功することはなかった。空爆はサダム・フセイン政権に決定打を与えることなく、またイラクの安定をもたらすこともなかった。

最近では8月29日にアフガニスタン・カブールで無人機による誤爆によって10人の市民を殺害したことは記憶に新しい。米中央軍のマッケンジー司令官は、この空爆を行った時点では、差し迫った脅威という合理性があったと述べたが、そのような合理性も、脅威の確実性もまったくなかった。米軍の情報収集がいかにお粗末であるかを表している。

今回のシリアでの誤爆でも米軍の特殊部隊が地上で標的に関する情報を与えていたが、それがいかに不確かでお粗末なものであるかをまたも表すことになった。

シリアやイラク、またアフガニスタンでの市民の犠牲を伴う米軍の空爆はテロリストを殺害するのではなく、テロリストを生み出すものであることは間違いない。

The Asia-Pacific Journal「Conflicting Japanese Responses to the Syrian Refugee Crisis」より
シリア難民に対する日本の支援 / Japan’s support for Syrian refugees

80 women and children killed by U.S. military airstrikes

The New York Times, dated 13th, revealed that the Pentagon had hidden fact that 80 women, children and other civilians were killed in the March 2019 bombing of eastern Syria. The reason for the concealment is that the bombing was for self-defense, but there would be no “self-defense” for killing women and children.

However, US airstrikes often cost civilians during the war on terrorism that began in 2001. According to a study by Brown University in the United States, the number of civilians killed in the 20-year war in Afghanistan was 46,000, close to the Taliban’s 53,000. The high civilian casualties were the result of the US military intensifying air strikes. Especially under the Trump administration, as a result of neglecting the protection of citizens in the airstrikes, the casualties of the citizens increased, and in 2019, it increased by 330% compared to 2016, the last year of the Obama administration.

The sacrifice of citizens by air strikes is a war crime and a state terrorism. The inhumanity of airstrikes is the sacrifice of many civilians in violation of international law that limits military attacks to military personnel and military installations. In some cases, such as the atomic bombs of Hiroshima and Nagasaki, or the scorched earth operation of the whole of Japan, the tremendous sacrifice of the citizens was assumed from the beginning.

Coalition of the willing forces, including the US military, have continued air strikes in Syria and Iraq, but more than 1,400 civilians have been killed between 2014 and the present.

After the start of the war on terrorism, the U.S. military has said that precision-guided munitions would hit the target accurately and would not cost civilians. However, in the Iraq War that began in 2003, about 50 airstrikes targeting Saddam Hussein were carried out, but the airstrikes did not succeed in killing Hussein. The airstrikes did not give the Saddam Hussein administration a decisive blow, nor did it bring Iraq’s stability.

Recently, it is fresh in our memory that 10 civilians were killed in Kabul, Afghanistan on August 29 by an accidental bombing by an unmanned aerial vehicle. Commander Mackenzie of the United States Central Command said there was a rationality of an imminent threat at the time of the bombing, but there was no such rationality or certainty of the threat. It shows how poor US military information gathering is.

In the accidental bombing in Syria this time, the US special forces provided information on the target on the ground, but it was to show how uncertain and poor it was.

There is no doubt that US airstrikes at the expense of civilians in Syria, Iraq, and Afghanistan will produce terrorists rather than kill them.

featured image: Asia News「Amnesty vs Damascus: Torture and abuse of refugees returned to Syria」より
Syrian refugees

English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました