ウクライナ ―クリミア・タタール人たちの悲劇の歴史/Ukraine -History of the Tragedy of the Crimean Tatars

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

クリミア半島にロシアの主権は認められない

ロシアは、ウクライナとの停戦協議で2014年に武力で併合したクリミア半島に対する主権を認めることを主張している。しかし、クリミア半島にロシアの主権を認めれば当然のことながら国際的秩序は成り立たなくなる。

クリミア半島のトルコ系のタタール人たちはスターリンの強制移住で故地を逐われた。スターリンにはタタール人たちがナチス・ドイツと協力しているという強い疑念があった。

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tatar_Woman_at_May_18_Commemoration_of_Crimean_Tatar_Deportations-Genocide_-Maidan_SquareKievUkraine03(27006194082).jpg

タタール人たちのロシアに対する猜疑心

1944年にスターリンによってクリミア半島から追放されたタタール人は225、000人とも見積もられる。中央アジアなどに強制移住させられたタタール人のうち大勢が帰還し、現在ではクリミア半島の総人口のうち12%を構成するが、スターリンによる強制移住の記憶は払しょくされない。こうした過去における民族浄化の記憶があるからロシアによるクリミア半島併合に対するタタール人たちの反発は強かったことは間違いない。

ロシアの併合直前にタタール人たちは自警団もつくるようになり、モスクなどイスラムの宗教施設を自らの手で守るようになった。クリミア半島の親ロ勢力はタタール人たちに、クリミア自治共和国の独立後にクリミア人たちに行政府の官職の20%を与えることや、タタール語に第二言語の位置づけをすることを約束したが、その後誠実に履行されたかは明らかではない。

Crimean Tatars – The Nation Stalin Deported
https://ukrainesolidaritycampaign.org/2017/08/09/crimean-tatars-the-nation-stalin-deported/

タタール人たちが築いたバフチサライ

クリミア半島の都市バフチサライ(タタールの言語で「庭園の宮殿」の意味)は、16世紀から18世紀にかけてクリミア・ハーン国の首都であったところだが、1783年にオスマン帝国とともにロシアとの戦争に敗れると、エカテリーナ2世のロシア支配の下に置かれた。1519年に建てられた「ハーンの宮殿」はタタール人たちの民族的プライドの象徴ともいえるところだ。バフチサライの2001年の人口はおよそ3万300人余り(『英語版ウィキペディア』による)。2011年にはチェコ共和国などの支援によってツーリスト・センターも置かれ、観光客の受け入れにも力を入れるようになっていた。しかし、ロシアの併合によってクリミア半島の観光は途絶えることになった。

ハーンの宮殿 https://en.travelcrimea.com/photos/20190325/83941.html

民族の意思が無視され続けるタタール人

旧ソ連時代の1954年、フルシチョフはタタール人の民族的意思をまったく考慮せずに、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国にクリミア半島を与えてしまった。ソ連邦の崩壊後、バフチサライのタタール人たちは、ウクライナ人やロシア人たちと共存していたが、ロシアはこの共存関係を無視して併合してしまった。クリミア自治共和国の住民投票で95.5%がロシアへの編入を支持し、投票結果を受けて自治共和国のアクショノフ首相は「ロシアの一部になる」」と宣言したが、この投票結果が国際社会で信じられることはなく、ロシアによる併合にお墨付きを与える「茶番劇」だった。

アイキャッチ画像は

https://move2turkey.com/ukraine-crimean-tatars-welcome-indigenous-peoples-bill/ より

Russia’s sovereignty cannot be recognized in the Crimean Peninsula

Russia claims to be granted sovereignty over the Crimean Peninsula, which was annexed by force in 2014 in a ceasefire talks with Ukraine. However, if Russia’s sovereignty is granted to the Crimean Peninsula, the international order will not be established, as a matter of course.

Turkish Tatars on the Crimean Peninsula were displaced by Stalin’s displacement. Stalin had strong suspicions that the Tatars were cooperating with Nazi Germany.

脚光を浴びない権利なきクリミア・タタール人たち
https://www.asianews.it/news-en/Crimean-Tatar-council-banned-37231.html

Tatars’ suspicion of Russia

It is estimated that 225,000 Tatars were expelled from the Crimean Peninsula by Stalin in 1944. Many of the Tatars who were forcibly relocated to Central Asia have returned and are now, making up 12% of the total population of the Crimean Peninsula, but the memory of Stalin’s displacement is not dispelled. There is no doubt that the Tatars’ opposition to Russia’s annexation of the Crimean Peninsula was strong because of the memories of ethnic cleansing in the past.

Lithuanian parliament recognizes Soviet crimes against Crimean Tatars as genocide
https://www.baltictimes.com/lithuanian_parliament_recognizes_soviet_crimes_against_crimean_tatars_as_genocide/

Immediately before the annexation of Russia, the Tatars began to form vigilants and protected Islamic religious institutions such as mosques with their own hands. Pro-Russian forces on the Crimean Peninsula promised the Tatars to give them 20% of the government office after the independence of the Autonomous Republic of Crimea and to position Tatar as a second language. It is not clear if it was subsequently fulfilled in good faith.

Bakhchisarai built by the Tatars

The Crimean Peninsula city Bakhchisarai (Tatar’s language for “garden palace”), which was the capital of the Crimean Khanate from the 16th to the 18th centuries. The Khanate lost the war with Russia in 1783 along with the Ottoman Empire and Bakhchsarai was placed under the Russian rule of King Ekaterina II. The Palace of Khans, built in 1519, is a symbol of the Tatars’ ethnic pride. Bakhchisarai’s population in 2001 was about 30,300 (according to English Wikipedia). In 2011, a tourist center was set up with the support of the Czech Republic and other countries, and efforts were being made to accept tourists. However, due to the annexation of Russia, tourism on the Crimean Peninsula was cut off.

Bakhchisarai https://en.travelcrimea.com/photos/20190325/83941.html

Tatars who continue to be ignored the will of the people

In 1954 during the former Soviet era, Khrushchev gave the Crimean Peninsula to the Ukrainian Soviet Socialist Republic, without considering the Tatars’ national will at all. After the collapse of the Soviet Union, the Tatars of Bakhchisarai coexisted with Ukrainians and Russians, but Russia ignored this coexistence and annexed the peninsula. In a referendum of the Autonomous Republic of Crimea, 95.5% supported the incorporation into Russia, and in response to the result of the vote, Prime Minister Akshonov of the Autonomous Republic declared that the peninsula would “become a part of Russia”, but the result of this vote was incredible in the international community.  It was a “farce” that endorsed the annexation by Russia.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました