プーチン大統領の核への想像力の欠如を憂慮する/Concerned about Putin’s lack of imagination for nuclear weapons

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

核の恐怖 ―ウクライナ戦争

 ロシア軍がウクライナの原子力発電所を制圧し、またプーチン大統領は核兵器の使用に言及するようになった。

 核兵器は1945年に広島、長崎で使用されて以来、実戦で用いられていない。核兵器が危険なのは、いうまでもなく一つの軍事行動で、より大勢の人間を殺傷することが可能だからである。1年から41年にかけ、ドイツ空軍は総量18.8・キロトンの爆弾を用いてイギリス市民4万3000人を殺害したが、それに対し、広島では15キロトンの原爆一発で7万人が一瞬にして亡くなった。さらにその後に原爆症で亡くなった人を含めると、広島の犠牲者は14万人に到達すると見積もられている。戦術的核兵器の使用に言及する専門家もいるが、現在の戦術核は広島や長崎に投下された原爆よりも威力がある。

作家・原民喜の記録

 作家の原民喜は、原爆投下の惨状をメモした手帳を基に描いた『夏の花』(1947年)を書いたが、「原子爆弾の惨劇のなかに生き残った私は、その時から私も、私の文学も、何ものかに激しく弾き出された。この眼で視た生々しい光景こそは死んでも描きとめておきたかった。・・・」と述べている。遠藤周作は、『夏の花』を「いくつも書かれた広島原爆を描いた小説の中でも最高のもの」と絶賛している。

長崎の「グランド・ゼロ」

「Nagasaki: Life After Nuclear War」を2016年に著した米国人作家のスーザン・サザードさんは、”Ground Zero Nagasaki” という記事をTomDispatch.comに1月17日に寄稿しているが、その中で多くの米国人が歴史の授業では、広島・長崎への原爆投下が戦争の終結を早めたと教えられるが、それにはなんの根拠もなく、冷戦時代の核軍拡を進めることに国民の支持を得るための政府の意図が背景にあり、このような政府の主張によって、広島・長崎で実際に起こったことから米国人たちは注意が向かず、いまだに核軍拡を支持する要因となっているとサザードさんは訴える。トランプ政権がロシアとの中距離核全廃条約から離脱を表明し、また1兆6000億ドルの核兵器の近代化計画をもっていることにも警鐘を鳴らしている。

 サザードさんは、真珠湾攻撃、日本の中国での残虐行為は確かにあったものの、米国は日本の66の都市を空爆し、668、000人の市民を殺害し、長崎では1945年の末までに原爆で74,000人の男女・子どもが亡くなったが、そのうち軍関係者はわずかに150人であったことを指摘し、これは現在では「テロリズム」と呼ぶべきものではないかと語る。

http://www.tomdispatch.com/post/176517/tomgram%3A_susan_southard%2C_against_forgetting/

「実戦を知らぬ将校が自己の名誉心を満足さすために、何も知らない部下を叱咤して戦場に駆り立てる傾向がありはしないでしょうか。実戦というものは残酷なものですよ。」――永井隆『長崎の鐘』

「あなたたちは平穏無事な場所、迫害と拷問との嵐が吹きすさばぬ場所でぬくぬくと生き、布教している。あなたたちは彼岸にいるから、立派な聖職者として尊敬される。」(遠藤周作『沈黙』)

 プーチン大統領の原爆や核汚染への想像力の欠如によって放射能の恐怖が地球を覆うようなことがあってはならない。

アイキャッチ画像は

https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?jdcn=83426315601315315501 より

Nuclear horror-Ukraine war

Russian troops have taken control of Ukraine’s nuclear power plants, and President Putin has come to refer to the use of nuclear weapons.

Nuclear weapons have not been used in combat since they were used in Hiroshima and Nagasaki in 1945. It goes without saying that nuclear weapons are dangerous because one military action can kill more people. From 1939 to 1941, the German Air Force used a total of 18.8 kilotons of bombs to kill 43,000 British citizens, while in Hiroshima, a 15 kiloton atomic bomb killed 70,000 in an instant. Including those who died of the atomic bomb after that, it is estimated that the number of victims in Hiroshima would reach 140,000. Some experts mention the Russian use of tactical nuclear weapons, but current tactical nuclear weapons are more powerful than the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki.

Record of writer Tamiki Hara

The writer Tamiki Hara wrote “Summer Flower” (1947), which was drawn based on a notebook that wrote down the tragedy of the atomic bombing, “My literature was also slammed into something. I wanted to capture the vivid sight I saw with my eyes, even if I died … “. Shusaku Endo praises “Summer Flower” as “the best novel about the Hiroshima atomic bomb written.”

“Grand Zero” in Nagasaki

Susan Southard, an American writer who wrote “Nagasaki: Life After Nuclear War” in 2016, wrote an article “Ground Zero Nagasaki” on TomDispatch.com on January 17th, 2019. Many Americans are told in history lessons that the dropping of atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki hastened the end of the war, but for no reason, the government intention to gain public support for the expansion of nuclear weapons during the Cold War. By such a government claim, Americans did not pay attention to what actually happened in Hiroshima and Nagasaki, and it is still a factor in supporting the expansion of nuclear weapons. She also warned that the Trump administration has announced its withdrawal from the medium-range nuclear abolition treaty with Russia and has a $ 1.6 trillion plan to modernize its nuclear weapons.

Ms Susan Southard

Mr. Southard said that despite the attack on Pearl Harbor and Japan’s atrocities in China, the United States bombed 66 cities in Japan, killing 668,000 citizens, and until the end of 1945 in Nagasaki, she pointed out that 74,000 men, women and children were killed in the atomic bomb, of which only 150 were military personnel, and that this should now be called “terrorism.”

“Isn’t there a tendency for officers who don’t know the actual battle to scold the subordinates who don’t know anything and drive them to the battlefield in order to satisfy their honor? The actual battle is cruel.” Takashi Nagai “The Bells of Nagasaki”

“You live and preach in a peaceful place, a place where the storm of persecution and torture blows. You are respected as priests because you are on the equinoctial week.” ( Shusaku Endo “Silence”)

President Putin’s lack of imagination for the atomic bomb and nuclear pollution should not cause the fear of radiation to cover the earth.

Update Your Browser | Facebook
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました