日本とカザフスタンの「良い話」/”Good Story” between Japan and Kazakhstan

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English is after Japanese

日本とカザフスタンの「良い話」

 中央アジアの経済大国カザフスタンで反政府デモが発生し、事態収拾のためにトカエフ大統領はロシアなどの治安部隊の出動を要請したほどだ。

 この国と日本の関係はどう推移してきたのだろう。在カザフスタン日本国大使館の金津直人氏はカザフスタンのことを「知る人ぞ知る中央アジアの親日大国」と形容している。

アルマトイで 1997年

 日本の敗戦後、カザフスタンでも日本人抑留者たちが、ウズベキスタンと同様に、カザフスタンのカラガンダ(カザフスタン北東部にある都市)にオペラ劇場「リェットニー・テアトル(夏の劇場)」をつくった。2004年に取り壊される際に市民が反対し、保存を求めたために、現在は市内の公園に一部が残されている。金津氏によれば、この時代につくられた建築物が姿を消す中で、日本人抑留者たちが建設に携わった建物は現在でも使用されていて、日本人の技術の高さと丁寧な仕事ぶりがカザフスタンでは敬意をもって見られているという。

 日本人抑留者たちの現地での評判はよく、カザフスタンでも勤勉で実直、礼儀正しく、仕事もできるなどの評価を得ていたようだ。日本人元軍医が負傷した少女を手術で救ったり、あるいは日露戦争で日本に抑留されたこがある老人が日本人に親切にされたことを収容所に語りに来たりしたというエピソードもある。2014年に私が会った東京のカザフスタン大使館員は、「日本の技術をもっと取り入れたい、日本の文化を紹介したい」と意欲を語っていたほど、日本の技術や文化はカザフスタンで評価されている。

アルマトイ郊外 天山山脈

 また、金津氏によれば、日本とカザフスタンには核兵器の被害という共通点があり、それもカザフスタン人が日本人に共感を抱く背景になっている。広島市の非営利団体ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクトは、医療チームをカザフスタンのセメイ(ロシア語名称セミパラチンスク)へ派遣する事業を行っている。 セミパラチンスクには旧ソ連の核実験場があり、1949年から1989年にかけて456回の核実験が行われた。ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクトによれば、120万人が核の灰の影響を受けているともいわれる。日本の医療チームの活動は市民から大変感謝されていると金津氏は語っている。

 また、放射能被害ということで、東日本大震災での福島第一原発の事故に国カザフスタンの人々も心配し、JICAアスタナ事務所の岡崎裕之氏も現地の人から「フクシマは大丈夫か?我々も本当に心配している。」という声を幾度となく声をかけられたそうだ。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/mail/bn_228.html

 1992年1月に外交関係が開設され、また1993年1月にカザフスタンに日本大使館が開館されて、また同年に日本カザフスタン経済委員会も設立され、外交・経済交流が発展していくことになった。1998年に国際石油開発(現 国際石油開発帝石)(INPEX)がカザフスタンのカシャガン油田開発に参加し、また2007年に日本企業がカザフスタンのウラン鉱山二鉱区の開発権益を獲得するなど日本とカザフスタンの関係は経済関係を中心に推移している。

カザフスタン アスタナ

“Good Story” between Japan and Kazakhstan

Anti-government protests have occurred in Kazakhstan, the economic powerhouse of Central Asia, and President Tokayev has even requested the dispatch of security forces such as Russia in order to recover the situation.

How has the relationship between this country and Japan developed? Naoto Kanazu of the Embassy of Japan in Kazakhstan describes Kazakhstan as “a pro-Japanese power in Central Asia known to those in the know.”

After Japan’s defeat, Japanese detainees in Kazakhstan, like Uzbekistan, built the opera theater “Ryetney Theater (summer theater)” in Karaganda (a city in northeastern Kazakhstan). Citizens objected to its demolition in 2004 and demanded that it be preserved, leaving some of it in the city’s park. According to Mr. Kanazu, while the buildings built during this period disappeared, the buildings that the Japanese detainees were involved in constructing are still in use, and the high level of Japanese skill and careful work have been seen with respect in Kazakhstan.

Kazakhstan music instrument

The Japanese detainees had a good reputation in Kazakhstan, and it seems that they have been evaluated as diligent, honest, polite, and able in Kazakhstan. There is also an episode in which a former Japanese military doctor rescued an injured girl by surgery, or an old man who had been detained in Japan during the Russo-Japanese War came to the camp to tell that he had been kindly treated in Japan. The Kazakhstan embassy staff in Tokyo, whom I met in 2014, said that he wanted to incorporate more Japanese technology and introduce Japanese culture in Kazakhstan, thus Japanese technology and culture are highly evaluated in Kazakhstan.

Kazakhstan Astana, in front of Military Museum

According to Mr. Kanazu, Japan and Kazakhstan have something in common with the damage caused by nuclear weapons, which is also the background for the Kazakh people to sympathize with the Japanese. The Hiroshima Semipalatinsk Project, a non-profit organization in Hiroshima City, is engaged in the project of sending medical teams to Semey (Russian name Semipalatinsk) in Kazakhstan. Semipalatinsk has a former Soviet nuclear test site, and 456 nuclear tests were conducted from 1949 to 1989. According to the Hiroshima Semipalatinsk Project, 1.2 million people are said to be affected by nuclear ash. Mr. Kanazu says that the activities of the Japanese medical team are greatly appreciated by the citizens.

In addition, the people of Kazakhstan were worried about the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant caused by the Great East Japan Earthquake, and Mr. Hiroyuki Okazaki of the JICA Astana office was said from the local people, “Is Fukushima okay?  We are really worried. “

Kazakhstan Almaty Airport

Diplomatic relations were established in January 1992, the Japanese Embassy was opened in Kazakhstan in January 1993, and the Japan-Kazakhstan Economic Committee was established in the same year,  thus diplomatic and economic exchanges will develop. Japanese oil company, INPEX participated in the development of the Kashagan oil field in Kazakhstan in 1998, and in 2007 a Japanese company acquired the development interest in the two uranium mining areas in Kazakhstan. Thus, the relationship between Japan and Kazakhstan has been centered around economic relations.

Featured image from

In pictures: Kazakhstan protests escalate | DW | 06.01.2022
Scores of people have been killed and injured in the unrest. Now, embattled President Kassym-Jomart Tokayev has asked a Russian-led military alliance for help.
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました