平和こそわが国是 ―中村哲医師/Peace is our national policy-Dr. Tetsu Nakamura

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

平和こそわが国是 ―中村哲医師

 中村哲医師の『医者 井戸を掘る』(石風社、2001年)の中に「日本が人々から尊敬され、光明をもたらす東洋の国であることが私のひそやかな理想でもあった。それは『八紘一宇』などというきな臭いものではない。『平和こそわが国是』という誇りは、自分の支えでもあった。」(202頁)と書かれてある。

 中村医師はその通りにアフガニスタンで事業を行い、少なくともアフガニスタンでは日本は尊敬される国であったと思う。「アフガニスタンは世界一の親日国」という中村医師の言葉にも、彼自身の活動に対する誇りも表れていた。

「月刊プレイボーイ」2006年10月号より

 中東各地を訪れ、また中東イスラム世界の人々を日本に招いても、強く誇れるのは日本が平和であることだ。2012年にアフガニスタンからジャーナリストを招くと、女性ジャーナリストは、東京・銀座を案内すると、「日本の女の子たちは皆生き生きと歩いている、うらやましい」と話した。アフガニスタン・カブールを訪ねても、現地の警官がアフガニスタンはタリバン政権が崩壊して10年以上経ってもこのように道路はボコボコだと自嘲気味に語っていたことを想い出す。平和を維持した日本は戦後わずか19年でオリンピックを開催し、また戦後23年で世界第2位の経済大国となった。平和こそ日本の誇りであるとは紛争や暴力が継続する中東イスラム地域を見ているとあらためて思う。

 中村医師は同書の中で「日本がとるべき道は、百年の大計に立って『国際貴族との没落の共有』を断固として退けることである。」と説いている。米国とともに、中国の軍事的脅威を感ずることになれば、「国際貴族との没落の共有」といえるだろう。

 台湾海峡の問題が東アジアの安全保障問題の焦点になっていて、安倍元首相は「台湾有事は日本有事」とも発言した。米中の対立に日本がわざわざ飛び込んでいくことが日本人の安全を保障することになるだろうか。万が一米中の武力衝突ともなれば、沖縄の米軍基地はまぎれもなくその最前線基地になり、日本の自衛隊も紛争に巻き込まれる可能性が高い。また、沖縄の米軍基地が新型コロナウイルスのオミクロン株の感染源となったことは、日本人に安全保障とは何かという問いをあらためて投げかけるものである。

中村医師は「富と武器への拝跪・信仰こそが偶像崇拝」と説いているが、日本はその偶像崇拝や没落貴族との共有によって、日本の防衛費は年々増加の一途をたどり、2022年度予算では初めて6兆円を超えた。軍備に金をかける国はローマ帝国、大英帝国のように、いずれ没落する運命にあることは歴史の証明するところだ。

 国民の福利とはまったく無縁な膨大な額の兵器を購入し、米国の意向に従って自衛隊を海外に派遣する、中村医師が断固として退けると言っていたものである。中村医師の活動が目指したように、食と医療を最優先することこそ平和国家日本の国是ではないか。

アイキャッチ画像は:中村哲さん(右)が手がけた用水路を視察した静岡県島田市の医師レシャード・カレッドさん=2014年、アフガニスタン・ジャララバード近郊(レシャードさん提供)

【勇気の系譜】中村哲さん アフガン復興「希望の人」
産経新聞社のニュースサイト。政治、経済、国際、社会、スポーツ、エンタメ、災害情報などの速報記事と解説記事を掲載しています。

Peace is our national policy-Dr. Tetsu Nakamura

In Dr. Tetsu Nakamura’s “A Doctor’ Digging Well” (Sekifusha, 2001), “It was my secret ideal that Japan is an oriental country that is respected by people and brings light. It doesn’t smell like ” all eight corners of the world under one roof “, but “peace is our national policy” is my pride and am supported by this motto.

Dr. Nakamura did business in Afghanistan as the motto was, and I think Japan was a respected country, at least in Afghanistan. Dr. Nakamura’s words, “Afghanistan is the most pro-Japanese country in the world,” also showed pride in his own activities.

Even if I visit various parts of the Middle East and invite people from the Islamic world of the Middle East to Japan, I am very proud of Japan’s peace. When  journalists were invited from Afghanistan in 2012,  I guided a female journalist to Ginza, Tokyo, and said, “I envy all the Japanese girls walking lively.” When I visit Kabul, Afghanistan, I remember that local police officers ridiculed Afghanistan that the roads were rugged like this even more than 10 years after the Taliban government collapsed. Japan, which maintained peace, held the Olympic Games only 19 years after the war, and became the world’s second largest economy in 23 years after the war. Peace is Japan’s pride, looking at the Middle East, where conflict and violence continue.

Yui Aragaki in Tokyo https://www.bb-navi.com/cm-douga/CMaragakiyui.11687.html

In the same book, Dr. Nakamura said, “The path Japan should take is to stand on the grand total of 100 years, resolutely rejecting sharing the downfall with ‘international aristocrats’”. If we feel the military threat of China together with the United States, we can say that it is a “shared downfall with international aristocrats.”

The issue of the Taiwan Strait has become the focus of East Asian security issues, and former Prime Minister Abe also said, “Taiwan emergency is Japan emergency.” Will Japan’s intention to jump into the conflict between the United States and China guarantee the security of the Japanese people? In the unlikely event of an armed conflict between the United States and China, the US military base in Okinawa will undoubtedly become its front-line base, and the Japanese Self-Defense Forces are likely to be involved in the conflict. In addition, the fact that the US military base in Okinawa became the source of infection with the new coronavirus Omicron strain raises the question of what security is for the Japanese.

Dr. Nakamura explains that “the worship and faith in wealth and weapons is the idol worship”.  Japan’s defense budget continues to increase year by year due to its idol worship and sharing with the fallen aristocrats. The 2022 annual budget exceeded 6 trillion yen for the first time. History proves that countries that spend money on armaments, like the Roman Empire, the British Empire and the Soviet Union, are destined to fall.

Dr Tetsu Nakamura at Afghan refugees camp

Dr. Nakamura rejected buying a huge amount of weapons that had nothing to do with the well-being of the people and dispatching the Self-Defense Forces overseas according to the intentions of the United States. As Dr. Nakamura’s activities aimed, it is the national policy of Japan, a peaceful nation, to give top priority to food and medical care.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました