井上ひさしさんが訴えた「日常を守れ」と日本の平和力/”Protect everyday life” appealed by a Japanese writer and the peaceful power of Japan

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

井上ひさしさんの「日常を守れ」

 作家の井上ひさしさんは、「平和」という言葉が頻繁に使われていて、その意味が消えかかっているので、「平和を守れ」ではなく、「日常を守れ」ということにしていると述べたことがある。

やはり作家の池澤夏樹氏は『イラクの小さな橋を渡って』(光文社)の中で「だから、自分の目で見ようと思ってぼくはイラクに行った。バグダッドで、モスルで、また名を聞きそびれた小さな村で、人々の暮らしを見た。ものを食べ、互いに親しげに語り、赤ん坊をあやす人の姿を見た。わいわい騒ぎながら走りまわる子供たちを見た。そして、この子らをアメリカの爆弾が殺す理由は何もないと考えた。」と書いている。

戦争の実態とは?

 井上さんは憲法について『中国新聞』(2009年7月2日付)で下のように述べている。

 「戦争の実態を知らないと、力が出てこない。第1次大戦での死者は、軍人が95%を占め、一般人は5%にすぎなかった。だが、第2次大戦ではその比率が52%と48%に接近。朝鮮戦争で16%と84%となって逆転し、ベトナム戦争では5%と95%と、一般人が大多数を占めた。今、戦争を始めると、兵隊は少ししか死なず、戦争の始まりを見逃していた普通の人たちが死者のほとんどを占める」と語り、国民の無関心が戦争を招くことを力説し、戦争が人々の日常を奪うことを強調した。

日本の憲法の真理

井上さんは「日本国憲法には、アメリカの独立宣言やフランスの人権宣言など、世界中で人間が血と汗と涙を流して獲得した真理が入っていて、それが生きたんです」と述べている。歴史家の半藤一利氏によれば、憲法9条案を提案したのは、当時の幣原喜重郎首相で、その背景には「1928年(昭和3年)8月27日フランス・パリで、日本を含む当時の列強諸国15カ国間で締結された『パリ不戦条約』がある」という。「不戦条約は第一条において、国際紛争解決のための戦争の否定と国家の政策の手段としての戦争の放棄を宣言しており、調印に関わった幣原氏は、同条項の影響を強く受けていた」と半藤氏は語っている。http://iwj.co.jp/wj/open/archives/83295

犠牲者のほとんどは市民 ―イラク戦争

イラク戦争ではナショナルジオグラフィックの推計によれば、イラク人50万人が亡くなった。米軍の戦死者は4,424人と正確な数字が出るが、イラク兵の犠牲者の数は不明である。イラクの元軍人が武装集団のメンバーに転じて亡くなったケースもあるが、具体的に把握することは困難だ。2003年5月1日にブッシュ大統領がイラクでの大規模戦闘終結宣言をするまではイラク兵の戦死者は判明できていたかもしれないが、しかしその後、元軍人たちは市民にまぎれて戦闘を行った。イラク戦争の犠牲者の大半は市民と言ってもよいだろう。元々イラクの軍人たちも死ぬ正当な理由はなかった。

日本が誇るべき平和力

井上ひさし氏は、「戦争がはじまると他の国のボランティアは、みんな逃げてしまうのに、なぜ日本人のこのお医者さんのグループはやさしくしてくれるんだろう。こうして日本人に対する信頼が生まれていくわけですね。」と2001年11月17日に、山形県立置賜農業高校で述べ、中村哲医師の活動を例に海外に出かけて他人の不幸を救おうとしている日本人がいて、戦後日本が武力で誰一人殺していない、武器を売っていないことを強調して日本人の平和力を訴えた。

https://motion.nowtice.net/s/%E9%BB%92%E8%B0%B7%E5%8F%8B%E9%A6%99/2/p3/

Hisashi Inoue’s “Protect Your Everyday Life”

The writer Hisashi Inoue said that the word “peace” is used frequently and its meaning is disappearing, so instead of “protecting peace”, he is using the expression “protecting everyday life”.

A writer Natsuki Ikezawa wrote in “Crossing a small bridge in Iraq” (Kobunsha), “So I went to Iraq to see it with my own eyes. In Baghdad, in Mosul, and in small, towering villages, I saw people’s lives. I saw people eating, talking to each other, and comforting their babies. I saw children running around in a noisy manner. I thought there was no reason for the Americans bomb to kill. “

What is the reality of war?

Mr. Inoue described the Constitution in the Chugoku Shimbun (July 2, 2009) as follows.

“If you don’t know the actual situation of the war, you won’t be able to oppose it. The death toll in World War I was 95% for military personnel and only 5% for ordinary people. It approached 52% and 48% in World War 2. In the Korean War, it turned around to 16% and 84%, and in the Vietnam War, it was 5% and 95%. Most of the dead are ordinary people who miss the beginning of the war.  He emphasized that the indifference of the people leads to the war and emphasized that the war robs people of their daily lives.

The truth of the Japanese constitution

Mr. Inoue said, “The Constitution of Japan contains the truths that human beings have acquired by shedding blood, sweat and tears all over the world, such as the Declaration of Independence of the United States and the Declaration of Human Rights in France.” ing. According to historian Kazutoshi Hado, it was then Prime Minister Kijuro Shidehara who proposed Article 9 of the Constitution, and the background was “August 27, 1928 (Showa 3) in Paris, France. There was a ” Treaty for the Renunciation of War” signed between 15 powerful countries at that time, including Japan. ” “In Article 1, the Kellogg-Brian Treaty (Treaty for the Renunciation of War) declares the denial of war for the resolution of international disputes and the abandonment of war as a means of national policy. Mr Shidehara was strongly affected by the article “said Mr. Hando.  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/83295

Most of the victims are civilians-Iraq War

According to National Geographic estimates, 500,000 Iraqis have died in the Iraq War. The number of US military killed in action is 4,424, which is an accurate figure, but the number of Iraqi soldiers killed is unknown. In some cases, a former Iraqi soldier turned into a member of an armed group and died, but it is difficult to know in detail. Iraqi soldiers may have been killed in action until President Bush declared the end of a large-scale battle in Iraq on May 1, 2003, but after that, former military personnel fought in the midst of civilians. gone. It can be said that most of the victims of the Iraq War are citizens. Originally, Iraqi soldiers had no good reason to die.

civilians in Iraq War https://www.dw.com/en/civilian-casualties-soared-in-iraq-in-2016/a-37113962

Peaceful power that Japan should be proud of

Hisashi Inoue said, “When the war begins, all the volunteers from other countries run away, so why is this group of Japanese doctors kind to me? Thus, foreign trust in Japanese people is born.” on November 17, 2001, at Yamagata Prefectural Okitama Agricultural High School.  There was a Japanese who was trying to save the misery of others by going abroad, taking the activities of Dr. Satoshi Nakamura in Afghanistan as an example. He appealed for the peaceful power of the Japanese, emphasizing that Japan did not kill anyone by force and did not sell weapons after World War 2.

Dr Tetsu Nakamura’s achievement
https://blog.goo.ne.jp/56hatake/e/6ed4fb5a474a60ada6cd43184b3aee4a
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました