Yunus Emre insisting tolerance and coexistence/「トルコの二宮金次郎」が説く寛容と共存

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本語は英語の後です。

Yunus Emre insisting tolerance and coexistence

In Turkey, like Kinjiro Ninomiya in Japan, there is a statue of a person carrying firewood on his back. It is a statue of Yunus Emre (1239? -1321?), An Islamic mystical poet. Every day, a Sufi monastery teacher told Emre to fetch firewood from the mountains and brought back only straight firewood. When asked by his teacher why, he said that this (monastery) is a sincere and honest entrance, so bent firewood is not suitable. This anecdote is the origin of the statue of Yunus Emre carrying firewood on his back.

Kinjiro Ninomiya
https://www.nippon.com/ja/japan-topics/b07209/

Knowledge is knowing

Knowledge is knowing yourself

If you do not know yourself

what is the use of this knowledge?

What is meant by the reading?

first reading is know the truth

to read because you do not know (-Emre)

The UNESCO General Assembly has designated 1991 as the “Yunus Emre Year of the World”. He loves man as a perfect life created by God, and his humanism emphasizes peace and compatriots, social justice, and charity. In addition, he called for the salvation of others and recommended that they be given to others. UNESCO praised that Emre appealed that all the beliefs and peoples should be living in peace.

Yunus Emre’s poems express the love of God and the fate of man with deep emotion, and the poems are also loved in Azerbaijan and the Balkan Peninsula.

The night and the day, the planets,

the words inscribed on the Holy Tablets,

the hill that Moses climbed, the Temple,

and Israfil’s trumpet, we observed in the body.

Torah, Psalms, Gospel, Quran-

what these books have to say,

we found in the body. (-Emre)

As seen in this Emre poem, Islamic mysticism (Sufism) is strongly conscious of believing in the same god as the heathens, and preaches tolerance for paganism. Islamic mystics are similar to Buddhist esoteric Buddhism monks and Christian monks in that they seek and practice direct negotiations with God. In Emre, not only the Koran but also the Christian Bible and the Torah (Jewish Bible) were often referred to.

Do not say, I am reading and I know

Do not say that I have done many acts of obedience.

If you do not know the truth,

theyou have come in vain to earch (-Emre)

Anatolia in the 13th century, where he lived, was during the Sultanate of Rum Seljuk (1075-1308), a dynasty that still retained its prosperity, including mosques, madrassa, hospitals, public baths, and caravanserai, but after Kayqubad 1 (reigned: 1219 to 1237) died, there was confusion such as the rebellion of the Turksman tribe and the aggression of the Mongolian army. Love, peace and tolerance which Emre advocated are something effective for us today.

Water out of the same fountain

Cannot be both bitter and sweet,

as well as in straight hortatory statements:

See all people as equals,

See the humble as heroes.

「トルコの二宮金次郎」が説く寛容と共存

 トルコには日本の二宮金次郎と同じように、薪を背負って立つ人物の像がある。イスラム神秘主義(スーフィズム)詩人のユヌス・エムレ(1239?~1321年?)の像だ。毎日、スーフィズムの修道院 (修行所)の師から山から薪をとってくるように言われ、まっすぐな薪だけを持ち帰った。その理由を師から尋ねられると、ここ(修道院)は誠直の入り口です、曲がった薪はふさわしくありませんと答えたという。この逸話が、ユヌス・エムレが薪を背負った像の由来となっている。

ユヌス・エムレの像
https://citacoes.in/media/authors/yunus-emre.jpeg

「知識とは知そのものを知ること

知とは自分自身を知ること

人が自分自身を知らぬのなら

何のために人は学ぶのだろうか」-エムレ

 ユネスコ総会は1991年を「世界ユヌス・エムレ年」とした。彼は神が創造した完璧な生命としての人間を愛し、また彼のヒューマニズムは平和と同胞愛、社会正義、慈愛を強調する。さらに、他者の救済を呼びかけ、他者への布施を勧めたが、あらゆる信仰、民族が平安の中に暮らすことを訴えたことなどがユネスコから評価された。

ユヌス・エムレの詩は、深い情感とともに神の愛と人間の運命を表現し、その詩は、アゼルバイジャンやバルカン半島でも愛好されている。

「夜に昼,惑星たち,聖なる板に刻まれた言葉,モーゼがよじ登ったあの丘,あの〔ユダヤ教の〕神殿,イスラーフィール(最後の審判の裁きを知らせるイスラムの音楽の天使)のトランペット,われわれは身体の中に見聞きした。トーラー,詩編,福音書,コーラン――,これらの書が語るべきことを,われわれは身体の中に発見した。」 ―ユヌス・エムレ(リアナ・トルファシュ「キリスト教とイスラーム間の宗教間対話 ――霊的道の役割――」より)

このエムレの詩に見られるように、イスラム神秘主義では異教徒たちと同じ神を信ずることが強く意識され、異教に対する寛容が説かれている。神との直接の交渉を求め、修行する点で、イスラム神秘主義者は、仏教の密教僧やキリスト教の修道僧にも似通っている。エムレにはコーランだけでなく、キリスト教の聖書(インジール)やトーラー(ユダヤ教の聖書)への言及がしばしば見られた。

 山と岩の中に囲まれて 私はあなたを呼ぶ、私の神よ

 夜明けとともに鳥のさえずりを聞き、神を呼ぶ

 イエスは空にあり、モーゼはシナイ山に

私は笏を高く上げ、私はあなた(神)を呼ぶ -エムレ

彼が生きた13世紀のアナトリアはルーム・セルジューク朝(1075~1308年)の時代で、この王朝はモスク、マドラサ、病院、公衆浴場、隊商宿などその繁栄の痕跡をいまに残すが、カイクバード1世(在位:1219~1237年)が亡くなると、トゥルクマーン族の反乱やモンゴル軍の進出など混迷を迎えていったが、その中で説かれたエムレの愛、平和、寛容は、紛争や暴力などが発生する現代に通じるものがある。

水は同じ噴水から流れ

 苦くも甘美でもない

 すべての人びとは平等であり、謙虚な人びとを称えよ -エムレ

映画「二宮金次郎」予告編

 

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました