屋根が広ければ、積もる雪も多い ―イランのことわざ/The wider the roof, the more snow that accumulates ―An Iranian Saying

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

10日、東京など関東一円で降雪があった。「屋根が広ければ、積もる雪も多い」というのはイランのことわざで、もっているものが多ければ、それだけ気苦労も多いということだ。(田中章義『世界で1000年生きている言葉』PHP)日本で積もる雪が多く、若者が少ないところでは雪かきは深刻な問題だろう。こんなところにも日本の少子高齢化の問題を感じてしまう。

降雪で豊富な水を得るイランの人々

イラン テヘランの北―エルボルズ山脈 North of Tehran, Iran-Elbols Mountains

中東のイランで雪が降るというのは意外な感じを受けるかもしれないが、イランは四季のある国でイラン北部では日本のような豪雪もある。イランの首都テヘランの街はエルボルズ山脈が北にあり、そこからなだらかに下に向かって低くなっている。さながら日本の盆地を見るような様子である。中東というと、灼熱の砂漠というイメージがあるが、テヘランから北のイランは違う。テヘランでは雪も降るし、降雪で空港閉鎖という事態もしばしばある。エルボルズ山脈からの水系でテヘランの街中でも道路の脇は豊かな水が流れていたり、湧き水も街の中には頻繁にあったり、飲料水としても人々は活用している。

イラン・テヘランの湧き水 Iran Tehran spring water

ヨーロッパの庭園文化の起源はイラン

 イランでは降雪から得られる豊穣な水がイランの庭園文化を生み出した。ヨーロッパのガーデニングの起源はペルシア(イラン)であったと考えられている。その起源は、キュロス大王の時代で、池や水路を設け、プラタナスやイトスギを、また果樹ではブドウ、モモ、ザクロ、ナシ、デーツ、イチジクなどを植え、ジャスミンで庭園に香りを添えた。

 イスラムの庭園技術はアンダルス(イスラム支配のスペイン)を通じてヨーロッパにももたらされた。庭園建設はアンダルスで特に盛んであった。コルドバ郊外の宮殿マディーナト・アル・ザフラーは後ウマイヤ朝時代のアブドゥル・ラフマーン3世の時代に建立されたが、庭園は水路によって四つに分割されている。これがイスラム庭園の典型とされ、ペルシア語で「チャハールバーグ (四分庭園)」と呼ばれている。庭園には日陰が多くつくられ、噴水が設けられ、その周辺は歩道と緑によって覆われていた。

ムスリムは水を扱うことに関しては天才だった

 スペイン・グラナダに住むことが「生涯の夢であった」と語った作家の堀田善衛は、アルハンブラ宮殿の庭園について次のように語っている。

「宮殿は、舟型の丘の上に位置していて、四季を通じて雪を頂くシエラ・ネバータの山脈から流れ下る二つの川にはさまれ、最高の導水技術を駆使して作りあげた、大理石とタイル、水と煉瓦と木材と、何十種類かの樹木と花卉(かき)による庭園のアラベスクのようなものである。砂漠の民にとっては、”水”は最高の贅沢であり、二つの川の源泉の近いところから、長大な導水路を山腹に作り込んで、モーターも何もない時代に、この宮殿内と庭園とに、数々の噴水がしつらえられていた。」

グラナダ アルハンブラ宮殿 獅子のパティオ Granada Alhambra Lion Patio

 (堀田善衛「グラナダにて」『バルセローナにて』(集英社文庫)より)

アフガニスタンでは気候変動の影響でヒンドゥークシュ山系の降雪が年々少なくなり、それが近年の大干ばつの被害をもたらしている。中東をはじめ世界ぜんたいで降雪量が少なくなっていることに、国際社会はより多くの注意を振り向けなければならないだろう。水は食料や医療など人間が生きていく上で最も欠かすことができない要素であることはいまさら強調するまでもない。

アイキャッチ画像は東京の雪 毎日新聞より

“The wider the roof, the more snow there is,”

On the 10th, there was snowfall all over the Kanto region such as Tokyo. “The wider the roof, the more snow there is,” is an Iranian saying, and the more you have, the more trouble you have. (Akiyoshi Tanaka “Words that have lived for 1000 years in the world” PHP) Snow shoveling is a serious problem in places where there is a lot of snow and few young people in Japan. I also feel the problem of Japan’s declining birthrate and aging population.

Iranian people get abundant water from snowfall

It may seem surprising that it snows in Iran of the Middle East, but Iran is a country with four seasons and there is heavy snowfall like Japan in northern Iran. The city of Tehran, the capital of Iran, has the Elbols Mountains in the north, and then gently lowers downwards. It’s like the Japanese basin. The Middle East has the image of a scorching desert, but Iran from the north of Teheran is different. It snows in Tehran, and it often happens that the airport is closed. Due to the water system from the Elbols Mountains, abundant water flows along the side of the road even in the city of Tehran, spring water is frequent in the city, and people use it as drinking water.

Iran Isfahan イラン・イスファハーン イマームの広場
https://www.irangazette.com/en/about-iran/50-iran/trip-to-iran/1383-all-your-anxiety-for-trip-to-iran.html

The origin of European garden culture is Iran

In Iran, the abundant water obtained from snowfall created Iran’s garden culture. The origin of European gardening is believed to have been Persia (Iran). It originated in the time of King Cyrus, with ponds and waterways, sycamore and cypress, and fruit trees such as grapes, peaches, pomegranates, pears, dates, and figs, and jasmine to add fragrance to the garden.

Islamic gardening technology was also brought to Europe through Andalus (Islamic Spain). Garden construction was particularly active in Andalus. The palace Madinat al-Zahra on the outskirts of Cordoba was built during the time of Abdul Rahman III in the late Caliphate of Cordoba and its garden is divided into four by waterways. This is typical of Islamic gardens and is called “Chahar Bagh (quarter garden)” in Persian. The garden was shaded and fountained, surrounded by sidewalks and greenery.

Muslims were geniuses when it came to handling water

Yoshie Hotta, a writer who said that living in Granada, Spain was “a dream of a lifetime,” said the following about the gardens of the Alhambra:

“The palace is located on a boat-shaped hill, sandwiched between two rivers flowing down from the snow-capped Sierra Neverta mountains throughout the four seasons.  It’s like an arabesque in a garden with marble and the best water conduction technology and with tiles, water, bricks and wood, and dozens of trees and flowers. For the desert people, “water” is the ultimate luxury. From near the source of the palace, a long headrace was built on the hillside, and in an era when there were no motors, numerous fountains were set up in the palace and in the garden. “

(From Yoshie Hotta “At Granada” At Barcelona(Shueisha Bunko))

グラナダ アルハンブラ宮殿 Granada Alhambra Palace

In Afghanistan, the impact of climate change has reduced the amount of snowfall in the Hindukush mountain range year by year, which has caused the damage of the recent drought. The international community have to pay more attention to the fact that snowfall is getting low in the Middle East and elsewhere in the world. It goes without saying that water is the most indispensable element for human life such as food and medical care.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました