非核三原則と、どこの国の元総理? 安倍元首相の危険な「核シェアリング」構想/Three Non-Nuclear Principles ―Mr Abe’s dangerous “nuclear sharing” concept

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本の非核三原則を踏襲していた安倍政権

 日本には「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」という三つの原則による国是があるが、安倍晋三元首相はアメリカの核兵器を日本にもち込み共同で管理する「核兵器シェアリング」に言及するようになった。

 安倍内閣も非核三原則方針を踏襲していた。安倍政権の稲田朋美元防衛相は「私は安倍内閣の防衛大臣として答弁をいたしております。安倍内閣の一員として、防衛大臣として、さらには唯一の被爆国として、非核三原則を守り、核なき世界の実現を目指してまいる所存でございます。」と語っていた。 (2016年11月25日 第192回国会衆議院安全保障委員会会議録第4号)

核兵器禁止条約に反対する日本

  しかし、安倍首相(当時)は2017年7月に成立した核兵器禁止条約について、同年8月9日の「長崎原爆の日」に批准、署名する気はないと明言した。核兵器でもって日本の安全を高めるという考えは安倍政権も掲げていた非核三原則と矛盾するものだ。核兵器禁止条約に署名しない安倍首相に対して、長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長は首相に要望書を渡す前に「あなたはどこの国の総理ですか。私たちをあなたは見捨てるのですか」と強い口調で迫った。要望書には「(条約採択の場に)唯一の戦争被爆国である我が国の代表の姿が見えなかったことは極めて残念です。私たち長崎の被爆者は満腔(まんこう)の怒りを込め、政府に対し強く抗議します」と書かれてあった。

誠実でないですね
http://hunter-investigate.jp/news/2015/08/-line.html

平和安全法制は核兵器廃絶の運動を覆す

 長崎市の田上(たうえ)富久市長は、「安全保障上、核兵器が必要だと言い続けるかぎり核の脅威は無くなりません。核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください」と述べた。2015年の長崎・平和祈念式典でも被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さんは「平和の誓い」の中で安倍政権が通そうとしていた安保法案を「許すことはできない」と訴え、「被爆者をはじめ平和を願う多くの人々が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆そうとするもの」と批判した。

 2017年8月8日、アメリカのトランプ大統領は「北朝鮮は世界が目にしたことのないような炎と怒りに直面するだろう」と核兵器の使用をも辞さないかのような発言をした。これはアメリカが大失敗したイラク戦争の際にブッシュ大統領が用いた「衝撃と恐怖(Shock and Awe)」の戦術を彷彿させるものだった。安倍元首相の考えはトランプ大統領の発言を支持、容認するものだ。

「非核三原則」
https://imakokowoikiru.hatenablog.com/entry/2017/06/21/060000

安倍元首相の主張は日本人の考えを代弁するものではない

 安倍元首相の発想はロシアのプーチン大統領が問題視し、ロシアのウクライナ侵攻の一要因ともなったウクライナの極右の考えとも共通するものだ。ウクライナの右翼勢力はNATOの核兵器保有国との協力関係を強く訴え、またウクライナによる核兵器の再製造をも唱えていた。極端な考えをする人々の主張がその国のイメージを形成することもあることはウクライナ戦争を見れば明らかで、安倍元首相の発言はロシアや中国との緊張関係をも招きかねない日本国民の安全を危うくするものだ。「あなたはいったいどこの国の元総理ですか?」

アイキャッチ画像は「核廃絶へ、声上げ続け /長崎」

手をつないで「人間の鎖」を作る高校生たち=森園道子さん撮影

長崎原爆の日:追悼、体験継承 各地で行事(その2止) 核廃絶へ、声上げ続け /長崎 | 毎日新聞
高校生ら「人間の鎖」  今年で活動20年目を迎えた核兵器廃絶を求める「高校生平和大使」などの平和活動をしている全国の高校生ら約150人が9日朝、長崎市松山町の爆心地公園で「人間の鎖」を作り、核兵器のない世界を願った。

The Abe administration that followed Japan’s three non-nuclear principles

Japan has a national policy based on the three principles of “do not have, make, or bring in nuclear weapons,” but former Prime Minister Shinzo Abe has come to referring to bringing US nuclear weapons to Japan and jointly managing them.

The Abe Cabinet also followed the Three Non-Nuclear Principles Policy. Former Defense Minister Tomomi Inada of the Abe administration said, “I am answering as the Minister of Defense of the Abe Cabinet. As a member of the Abe Cabinet, as the Minister of Defense, and as the only A-bombed country, I will keep the three non-nuclear principles. We are aiming to realize a world without it. ” (November 25, 2016, Minutes No. 4 of the 192nd House of Representatives Security Committee)

広島の散策 : Hiroshima A-Bomb Dome & Peace Memorial Park
https://www.youtube.com/watch?v=KA8hjXcERwU

Japan opposes the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons

However, Prime Minister Abe (at that time) stated that he would not ratify and sign the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, which was enacted in July 2017, on August 9, 2017, “Nagasaki Atomic Bomb Day.” The idea of ​​enhancing Japan’s security with nuclear weapons is inconsistent with the three non-nuclear principles that the Abe administration has set. To Prime Minister Abe, who did not sign the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons, Koichi Kawano, chairman of the Nagasaki Peace Movement Center A-bomb survivor liaison council, said, “Which country are you the prime minister? Do you abandon it? ” The request stated, “It is extremely disappointing that we could not see the representative of Japan, the only country that was exposed to the war (at the time of the adoption of the treaty). I strongly protest against the government. “

Peace and security legislation overturns the movement to abolish nuclear weapons

Mayor Tagami Tomihisa of Nagasaki City said, “As long as we continue to say that nuclear weapons are necessary for security, the threat of nuclear weapons will not disappear. Please review the policy to protect the country with nuclear weapons.” At the 2015 Nagasaki Peace Memorial Ceremony, A-bomb survivor representative Sumiteru Taniguchi complained in the “Oath of Peace” that the Peace and Security Bill that the Abe administration was trying to pass unforgivable.” He criticized the bill was an attempt to completely overturn the thoughts by the movement to abolish nuclear weapons, which has been accumulated by many people who wish for peace, including the A-bomb survivors.

谷口稜曄さん Mr Sumiteru Taniguchi
https://www.asahi.com/topics/word/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E7%A8%9C%E6%9B%84.html

On August 8, 2017, US President Donald Trump said, “North Korea will face flames and anger that the world has never seen,” as if he would not refuse to use nuclear weapons. This was reminiscent of the “Shock and Awe” tactics used by President Bush during the Iraq War, when the United States failed. Former Prime Minister Abe’s idea supports and tolerates President Trump’s remarks.

Former Prime Minister Abe’s claim does not represent the Japanese idea

Former Prime Minister Abe’s idea is also common to Ukraine’s far-right idea, which Russia’s President Vladimir Putin considered as a problem and contributed to Russia’s invasion of Ukraine. Ukrainian right-wing forces have urged cooperation with NATO’s nuclear-weapon states and have also advocated the remanufacturing of nuclear weapons by Ukraine. It is clear from the Ukrainian War that the claims of those who think extreme can form the image of the country, and the remarks of former Prime Minister Abe may lead to tensions with Russia and China, jeopardizing the safety of Japanese people. “Which country are you the former Prime Minister of?”

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました