トルコの詩人が感じた地球の危機/The crisis of the earth felt by the Turkish poet

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English is after Japanese

トルコの詩人ナーズム・ヒクメットが感じた地球の危機

〔生きることについて〕

生きることは笑い事ではない

あなたは大真面目に生きなくてはならない

たとえば 生きること以外に何も求めないリスのように

生きることを自分の職業にしなくてはいけない

生きることは笑い事ではない

あなたはそれを大真面目にとらえなくてはならない

大真面目とは

生きることがいちばんリアルで美しいとわかっているくせに

他人のために死ねるくらいの

深い真面目さのことだ

真面目に生きるとはこういうことだ

たとえば 人は70歳になってもオリーブの苗を植える

しかもそれは 子どもたちのためでもない

つまりは 死を怖れようが信じまいが

生きることが重大だからだ

(中略)

この地球はやがて冷たくなる

星々の中のひとつでしかも最も小さい星 地球

青いビロードの上に光り輝く一粒の塵

それがつまり

我らの偉大なる星 地球だ

この地球はいつの日か冷たくなる

氷塊のようにではなく

ましてや死んだ雲のようにでもなく

クルミの殻のようにころころと転がるだろう

漆黒の宇宙空間へ

そのことをいま 嘆かなくてはならない

その悲しみをいま 感じなくてはいけない

あなたが「自分は生きた」というつもりなら

このくらい世界は愛されなくてはいけない

『「生きることについて」ナジム・ヒクメット(1902~63年)』
1生きることは笑い事ではないあなたは大真面目に生きなくてはならないたとえば 生きること以外に何も求めないリスのように生きることを自分の職業にしなくてはいけない…

これは、映画『チェルノブイリ・ハート』(マリアン・デレオ監督:2003)の冒頭で紹介されたトルコの詩人ナーズム・ヒクメット(1902~1963年)による詩で、この映画はチェルノブイリ原発事故の子供たちの心臓疾患や放射線障害など健康被害を紹介し、2006年には国連総会でも上映された。特に後半の部分は原発事故の人体への深刻な影響や環境破壊の恐怖を強調しているかのようだ。ヒクメットは、この詩を詠むことで、冷戦時代の核戦争の脅威を地球への重大な挑戦として意識したのだろう。チェルノブイリの原発事故では戦争ではなく、核関連施設の事故が人類の終焉をもたらすのではないかという恐怖が生まれた。

大島博光記念館より

そして現在、世界にはウクライナをめぐって第三次世界大戦が起こるのではないかと見られるほどの軍事的緊張がある。ヒクメットの表現を借りれば地球をクルミの殻のようにする気候変動、環境破壊はロシアとアメリカはもちろんのこと、世界が協調してその改善や解決に努力を払わなければならない問題だ。現在国際社会に求められているのは、対立、対決よりも地球市民としての協同作業であることを米ロなどの指導者たちは自覚すべきだ。国民の生命に責任を負う政治家、あるいは為政者たちは、大真面目に生きてもらいたい。

 1986年4月に発生したチェルノブイリの原発事故では大量の放射能が大気中に飛散し、隣国のベラルーシの子どもたちにも喉に腫瘍ができる甲状腺ガンが多発するようになった。飛散した放射性物質の量は広島に投下された原爆の500倍もあったと推定されている。

甲状腺ガンの治療や研究を行っていた日本人医師の菅谷昭(すげのや・あきら)氏は、1991年にベラルーシの子どもたちの窮状を見て、その治療のためにベラルーシに飛んだ。そこで驚いたのは甲状腺ガンの子どもたちの多さで、ベラルーシの子どもたちの甲状腺ガンの発生率は日本の40倍とも見られた。

菅谷昭氏 https://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-12865

菅谷氏の手術は子どもの首に手術の切開した跡が目立たないもので、現地の医師や患者の子どもたちの親などから驚嘆や称賛の想いで見られ、菅谷氏は現地の医師たちにその手術の技術を教えるようになった。その技術を若い医師たちに伝えて6年、若い医師たちも自立して手術ができるようになったのを見届けて菅谷氏は日本に帰国した。

 ヒクメットの詩にあるように地球が冷たくならないためにも、国際社会が協力できる分野は、菅谷氏の活躍した医療だけでなく、環境破壊、気候変動など多くの問題でもあるだろう。菅谷氏の活動のように、人が生きることを必死に支える姿を見ると、人が殺し合う戦争に異様にエネルギーを傾注する政治指導者たちの姿は本当にばかげて見える。

The crisis of the earth felt by the Turkish poet

〔On Living〕

Living is no laughing matter:

              you must live with great seriousness

                            like a squirrel, for example—

   I mean without looking for something beyond and above living,

                            I mean living must be your whole occupation.

Living is no laughing matter:

              you must take it seriously,

              so much so and to such a degree

   that, for example, your hands tied behind your back,

                                            your back to the wall,

   or else in a laboratory

              in your white coat and safety glasses,

              you can die for people—

   even for people whose faces you’ve never seen,

   even though you know living

              is the most real, the most beautiful thing.

I mean, you must take living so seriously

   that even at seventy, for example, you’ll plant olive trees—

   and not for your children, either,

   but because although you fear death you don’t believe it,

   because living, I mean, weighs heavier.

(an omission of a middle part)

This earth will grow cold,

a star among stars

               and one of the smallest,

a gilded mote on blue velvet—

                I mean this, our great earth.

This earth will grow cold one day,

not like a block of ice

or a dead cloud even

but like an empty walnut it will roll along

                in pitch-black space . . .

You must grieve for this right now

—you have to feel this sorrow now—

for the world must be loved this much

                               if you’re going to say “I lived”. . .

On Living by Nazim Hikmet - Poems | Academy of American Poets
BELOVED - The Academy of American Poets is the largest membership-based nonprofit organization fostering an appreciation for contemporary poetry and...

This is the poem by the Turkish poet Nazım Hikmet (1902-1963) introduced at the beginning of the movie “Chernobyl Heart” (Director Maryann DeLeo: 2003), which introduces the health hazards of children in the Chernobyl accident, such as heart disease and radiation damage.  In 2006, it was also screened at the United Nations General Assembly. In particular, the latter part seems to emphasize the serious impact of the nuclear accident on the human body and the fear of environmental destruction. By writing this poem, Hikmet may have recognized the threat of nuclear war during the Cold War as a serious challenge to the earth. But the Chernobyl nuclear accident created fear that the accident at nuclear facilities, not the war, would bring the end of humankind.

And now there is so much military tension in the world that it seems that World War III may occur over Ukraine. To borrow Hikumet’s expression, climate change and environmental destruction, which make the earth look like a walnut shell, are problems that Russia and the United States, as well as the world, must work together to improve and solve. Leaders such as the United States and Russia should be aware that what is currently required of the international community is collaborative work as a global citizen rather than confrontation. I want politicians or politicians who are responsible for the lives of the people to live with great seriousness.

In the Chernobyl nuclear accident that occurred in April 1986, a large amount of radioactivity was scattered in the atmosphere, and children in neighboring Belarus also became more likely to have thyroid cancer with tumors in their throats. It is estimated that the amount of radioactive material scattered was 500 times that of the atomic bomb dropped on Hiroshima.

Akira Sugenoya, a Japanese doctor who was treating and researching thyroid cancer, saw the plight of Belarusian children in 1991 and flew to Belarus to treat them. What surprised him was the large number of children with thyroid cancer, and the incidence of thyroid cancer among Belarusian children was 40 times higher than in Japan.

Dr. Sugenoya’s surgery has no noticeable scars on the child’s neck, and it was seen with wonder and praise from local doctors and parents of the patients’ children, and Dr. Sugenoya began to teach that surgical techniques to the local doctors. Six years after passing on the technique to young doctors, Dr. Sugenoya returned to Japan after seeing that young doctors were able to perform surgery independently.

Dr Akira Sugenoya

As in Hikumet’s poem, the fields in which the international community can cooperate so that the earth does not get cold will not only be the medical treatment in which Dr. Sugenoya was active, but also many problems such as environmental destruction and climate change. Looking at the desperate support of people’s lives, like Dr. Sugenoya’s activities, the appearance of political leaders who are extraordinarily devoted to the war in which people kill each other looks really ridiculous.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました