クリミア半島は誰のもの?/Who does the Crimean Peninsula belong to?

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

クリミア半島の主権を主張するロシア

English after Japanese

 2月28日、ロシアのプーチン大統領は、フランスのマクロン大統領と電話会談を行い、クリミア半島に対するロシアの主権や、ウクライナの中立化、非武装化を主張した。

 クリミア半島は1954年にフルシチョフ首相時代にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国からウクライナ・ソビエト社会主義共和国に与えられた。クリミア半島のセヴァストポルはロシア海軍の艦船にとって重要な港であり、プーチン大統領はクリミア半島をそのロシア支配の下に永続的に置きたい。

クリミア半島はウクライナのものだ
https://www.wbez.org/stories/a-look-at-crimeas-indigenous-tatar-population/6e2e184c-666c-4a31-9dd0-53f8fc8cb571

クリミア半島のタタール人

 1050年前後にクリミア半島はトルコ人支配の下に置かれ、1441年から1783年までクリミア・ハーン国の統治を受けたが、この国はオスマン帝国の属国だった。しかし、1783年にこの地に進出してきたロシア帝国に併合された。1900年までにクリミア・タタール人たちはその人口数を強制移住などによって半減させた。さらにソ連邦になると、スターリンは住民の多くを中央アジアに移動させたが、こうしてロシア支配を受けてからのおよそ200年間でクリミア半島のロシア化とムスリムの追放が進んだ。現在、数十万人のムスリム・タタール人たちがクリミア半島に残るか、中央アジアから帰還したが少数派である。

クリミア半島に野心をもつようになったロシア

 1853年から1856年までクリミア戦争はオスマン帝国とロシアの間で戦われたが、戦争を前にした1840年代からロシアはエルサレム東方正教会の信徒たちの保護を訴え、ロシアはさらに現在のルーマニアであるワラキア、モルダヴィアにも軍事介入し、またオスマン帝国の首都イスタンブールにまで野心をもつようになる。

 イギリスとフランスはロシアがイスタンブールを手に入れることで中東全域に影響力をもつことを望んでいなかった。イギリスは植民地インドにいたる「道」として中東地域を戦略的に重視していた。さらにフランスはレバノンに既得権をもち、地中海での一大勢力としてやはりロシアの勢力拡大を好ましく思わなかった。

クリミア戦争の意義

 イギリスとフランスは、オスマン帝国がバルカン半島ではなくて、クリミア半島でロシアと戦うことをそそのかす。当時はペテルスブルクとクリミアを結ぶ鉄道もなく、兵士や補給物資の輸送で、クリミア半島での戦いはロシアにとって難があった。

イギリス、フランスは、バルカン半島へのロシアのさらなる進出を食い止めるために、クリミア半島を人質にとったようなものだった。クリミア戦争は1853年に戦端が開かれたが、1854年のバラクラヴァの戦いでイギリスの軽騎兵旅団673人がロシア軍砲兵陣地に正面から突撃し、死傷者278人という多大な犠牲を払った。この突撃は「軽騎兵旅団の突撃(Charge of the Light Brigade)」と呼ばれ、無謀ではあるが勇敢であると称えられ、イギリスでは絵画や文学、音楽の題材となったりした。

変わらぬ帝国主義の覇権争い

 戦争の結果締結されたロンドン条約では、オスマン帝国はイギリス・フランスとともに集団的安全保障体制を築くことになり、帝国のキリスト教徒臣民たちをムスリムと同等に扱うことを約束させられた。

 このクリミア戦争の時のように、現在、ロシアは東ヨーロッパを自らの勢力圏と考え、他方、西欧諸国はヨーロッパへのロシアの影響力拡大を望まず、ウクライナのヨーロッパの「仲間入り」を考え、NATOやEUに加盟させることを構想している。それが今回のロシアによるウクライナ侵攻になったのだが、こうやって見ると、19世紀の帝国主義の時代とパワーを争う構造に変化がない。

クリミア半島・風景 Landscape of Crimea

Russia claims sovereignty over the Crimean Peninsula

On February 28, Russian President Vladimir Putin held a telephone parley with French President French President Emmanuel Macron, insisting on Russia’s sovereignty over the Crimean Peninsula and the neutralization and disarmament of Ukraine.

The Crimean Peninsula was given to the Ukrainian Soviet Socialist Republic in 1955 during the time of Prime Minister Khrushchev. Sevastopol on the Crimean Peninsula is an important port for Russian Navy vessels, and President Putin wants to keep the Crimean Peninsula permanently under its Russian rule.

クリミア・タタールの女性
https://9gag.com/gag/aqgPOqj

Tatars in Crimean Peninsula

Around 1050, the Crimean Peninsula became under Turkish rule and was ruled by the Crimean Khanate from 1441 to 1783, a client state of the Ottoman Empire. However, it was annexed by the Russian Empire, which had advanced into the area in 1783. By 1900, the Crimean Tatars had halved their population, including by displacement. Furthermore, in the Soviet Union, Stalin moved many of its inhabitants to Central Asia, and in the 200 years since it was ruled by Russia, the Crimean Peninsula became Russian and Muslims were expelled. Currently, hundreds of thousands of Muslim Tatars remain on the Crimean Peninsula or have returned from Central Asia, but are a minority.

https://www.quora.com/Is-Crimea-rightfully-Russian-or-Ukrainian

Russia had become ambitious in the Crimean Peninsula

From 1853 to 1856 the Crimean War was fought between the Ottoman Empire and Russia, but from the 1840s before the war Russia appealed for the protection of the members of the Eastern Orthodox Church of Jerusalem, and Russia was further in what is now Romania. Russia also intervened in Wallachia and Moldavia, and became ambitious to Istanbul, the capital of the Ottoman Empire.

Britain and France did not want Russia to have influence throughout the Middle East by acquiring Istanbul. Britain strategically emphasized the Middle East as a “road” to colonial India. In addition, France had a vested interest in Lebanon and did not like Russia’s expansion as a major force in the Mediterranean.

タタール・ダンス Tatar Dance
https://www.pinterest.jp/pin/50032245831216697/

Significance of the Crimean War

Britain and France entice the Ottoman Empire to fight Russia on the Crimean Peninsula, not on the Balkan Peninsula. At that time, there was no railroad connecting Petersburg and Crimea, and the transportation of soldiers and supplies made it difficult for Russia to fight on the Crimean Peninsula.

Britain and France were like taking the Crimean Peninsula hostage to stop Russia’s further expansion into the Balkans. The Crimean War began in 1853, but at the Battle of Balaklava in 1854, 673 British light cavalry brigades rushed head-on into the Russian artillery position, costing 278 casualties. This assault was called the “Charge of the Light Brigade” and was described as reckless but brave, and was the subject of painting, literature, and music in Britain.

The unchanging battle for imperial hegemony

Under the London Treaty signed as a result of the war, the Ottoman Empire would establish a collective security system with Britain and France, and promised to treat Christian subjects of the empire as Muslims.

As in this Crimean War, Russia now considers Eastern Europe as its sphere of power, while Western countries do not want to expand Russia’s influence over Europe, thinking of Ukraine’s “joining” of Europe. Ukraine is planning to join NATO and EU. Russian invasion of Ukraine by Russia this time, looking at it this way, there is no change in the structure that competes for power with the era of imperialism in the 19th century.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました