過激派の指導者を殺害してもテロは根絶できない/Terrorism cannot be eradicated by killing extremist leaders

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

「イスラム国」の指導者殺害を発表するバイデン大統領

アメリカのバイデン大統領は、3日、アメリカの特殊部隊がシリア北西部でIS(「イスラム国」の指導者アブー・イブラーヒーム・アル・ハーシミー・アル・クライシーを殺害したと発表した。国内で支持が低下するバイデン大統領は、これで巻き返しを図りたいのかもしれないが、過激派の指導者を殺害しても、アメリカ人や同盟国の国民がより安全になるとは到底思えない。アメリカがテロを受ける背景となる要因に対する冷静な分析とその改善こそが必要だ。

ゴミを集めるシリアの人々 A displaced Syrian woman and children carry over their heads bags of collected trash at a landfill outside a camp in Kafr Lusin near the border with Turkey in Idlib province in northwestern Syria. (AFP/File Photo)
https://www.arabnews.com/node/1745206/middle-east

アメリカの介入に怒ったオサマ・ビンラディン

1998年2月23日付のオサマ・ビンラディンの声明は次のように述べている。

「湾岸戦争など米国のイスラム世界への介入の目的の背後には、経済的、宗教的要因のほかに、ユダヤ人の『小さな国家(イスラエル)』の利益に奉仕することがあり、エルサレムの占領や、またパレスチナ人の殺害から目をそらす目的がある。それを最もよく証明しているのが、イラクを破壊しようとしていることであり(1990年代のイラクへの経済制裁など)、イラク、サウジアラビア、エジプト、スーダンを無力な弱小国家にしようとし、その不一致や非力さをイスラエルの生存のために利用し、米国は野蛮な十字軍的なアラビア半島への占領を継続しようとしている。」

オサマ・ビンラディンの「聖戦」

オサマ・ビンラディンは、サウジアラビアに駐留する米軍に対して宣戦布告を行い、1996年6月に19人の米兵が犠牲になったダーランでの米軍兵舎爆破事件にも犯行声明を出し、またサウジアラビアがシオニスト・十字軍同盟の側にいることを激しく批判した。オサマの究極の目標は、イスラム世界で米国を大規模な戦争に引きずり込み、米国が支配する世界秩序を覆し、単一のイスラム国家をつくり上げるというものだった。この目的のために、彼のアルカイダは世界的規模で米国に対する戦争(テロ)をしかけていく。1998年8月にはケニア・ナイロビとタンザニア・ダルエスサラームで米国大使館に対する同時多発テロを起こし、合わせて224人が犠牲になった。

イラクを破壊した米軍

イラク戦争が生んだとも言えるIS(「イスラム国」掃討のために米軍は9、000回の爆撃を繰り返し、65、000個の爆弾を投下した。IS(「イスラム国」)の拠点であったモースルだけでも1億ドル相当の被害があり、市街にあった50%から75%の建物が破壊された。(Sky News)その復興には気の遠くなるような時間が必要だが、復興が円滑に進まず、人々の生活状態が改善されないと、IS復活の可能性も否定できない。

テロを生む背景に改善がなければ・・・

 2000年代に米国務省で中東政策担当官などに聞き取り調査を行うと、テロは軍事で根絶という発想が強く、テロの根源的背景となる政治・社会問題を改善しようとする姿勢はほとんどなかった。米国にはその軍事干渉がさらなるテロを招くという認識が希薄で、テロを憎悪することがあっても、なぜ自らがテロの標的になるか自省する姿勢がほとんど見られない。トランプ政権がエルサレムに大使館を移転したことや、イスラエルがシリアから占領するゴラン高原にイスラエルの主権を認めたことなど、偏ってイスラエルを支援することも反米テロの動機となってきた。また、サウジアラビアによる過激派支援に対しても苦言を呈したり、その抑制を求めたりすることもない。「イスラム国」の指導者が死んでも米国の対中東イスラム政策の基本に変化がなければ米国を含めて世界はテロと向き合い続けることは明らかだ。

テロをなくすには中村哲医師のような関与こそ必要だ

Terrorism cannot be eradicated by killing extremist leaders

President Biden announces the killing of the leader of the “Islamic State”

U.S. President Joe Biden announced on the 3rd that U.S. special forces have killed  Abu Ibrahim al-Hashimi al-Qurayshi, IS (“Islamic State” leaders) in northwestern Syria. Perhaps, killing radical leaders is unlikely to make Americans and their allies safer.  The US needs calm analysis of the factors why the US suffers terrorism and improvement of them.

Osama bin Laden angry at American intervention

Osama bin Laden’s statement dated February 23, 1998 stated:

“Behind the purpose of US intervention in the Islamic world, such as the Gulf War, is to serve the interests of the Jewish small nation (Israel), in addition to economic and religious factors, it also has the purpose of distracting from Israeli occupation of Jerusalem and the killing of Palestinians. The best proof of this is the attempt to destroy Iraq (such as economic sanctions on Iraq in the 1990s), trying to make Iraq, Saudi Arabia, Egypt and Sudan a helpless weak nation, and their disagreement. Using Iraq’s powerlessness for the survival of Israel, the United States is trying to continue its barbaric occupation of the Arabian Peninsula. “

“Sacred War” by Osama

Osama bin Laden declared war on U.S. troops stationed in Saudi Arabia, and in June 1996 issued a statement of crime in the bombing of the U.S. military barracks in Dhahran, where 19 U.S. soldiers were killed. He criticized Saudi Arabia for being on the side of the Zionist-Crusaders Alliance. Osama’s ultimate goal was to drag the United States into a major war in the Islamic world, overthrow the world order dominated by the United States, and create a single Islamic state. To this end, his al-Qaeda wages a war on the United States on a global scale. In August 1998, terrorist attacks on the US embassy in Nairobi, Kenya and Dar es Salaam, Tanzania killed a total of 224 people.

No War on Iraq
https://beyondthebomb.org/not-in-our-name/

The US army destroyed Iraq

The US military repeated 9,000 bombings and dropped 65,000 bombs to wipe out the IS (“Islamic State”), which can be said to have been born as the result of the Iraq War. It was the base of the IS (“Islamic State”). Mosl alone suffered $ 100 million worth of damage, destroying 50% to 75% of the buildings in the city. (Sky News) It takes a daunting amount of time to recover, but it’s going to happen. If things do not go smoothly and people’s living conditions do not improve, the possibility of IS revival cannot be denied.

To get rid of violence, we need to make people eat.

Improving factors behind terrorism

According to interviews with policymakers in the Middle East at the US Department of State in the 2000s, the idea that terrorism was eradicated by the military was strong, and there was almost no attitude to improve the political and social problems that are the root background of terrorism. The United States has little awareness that its military intervention will lead to further terrorism, and even if it hates terrorism, it has little self-reflection as to why it is the target of terrorism. Unfair support for Israel has also motivated anti-American terrorism, including the relocation of the embassy to Jerusalem by the Trump administration and the recognition of Israeli sovereignty over the Golan Heights occupied by Israel from Syria. Nor does it complain about Saudi Arabia’s support for extremists or demand that it be curtailed. It is clear that the world, including the United States, will continue to face terrorism if the basics of US policy toward the Middle East remain unchanged even if the leader of the “Islamic State” dies.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました