We want to emulate Japan’s postwar reconstruction – Taliban administration spokesman 日本の戦後復興を見習いたい-タリバン政権報道官

English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

We want to emulate Japan’s postwar reconstruction – Taliban administration spokesman

Afghanistan’s Taliban spokesman Mujahid said on the 20th of November that Afghanistan would like to learn from Japan’s postwar reconstruction and achieve economic independence. He said that the current turmoil was inevitable after the war, and he seemed to expect the Japanese government and NGOs to cooperate in the reconstruction of Afghanistan.

Japan held the Olympic Games less than 20 years after the war, and four years later, in 1968, it became the world’s second largest economy.

NEWSポストセブン『57年前の「東京オリンピック1964」はどんな批判を受けていたか』より
Tokyo Olympic Games 1964
東京オリンピック、1964年

At a symposium on the Middle East at an UCLA where I was studying in the mid-1980s, Professor Charles Issawi, who specializes in the Arab economy at Princeton University, said that Japan’s economic development is the result of a Japanese educational tradition. At that time, the Japanese economy was in great shape, and the Japanese economy was the focus of the world’s attention. Professor Issawi said that Japan had a widespread use of terakoya education system during the Edo period, which became the basis of economic development during the Meiji period. There was no change in the tendency to emphasize education after World War II, and Human resources with technology and knowledge remained.  Furthermore, Japanese worked diligently.

It goes without saying that education and medical care are more useful in creating professions than in the military. The knowledge and skills gained through education contribute to social and economic development as seen in the reconstruction of Japan and West Germany after World War II. It is clear if you look at the development. Those two countries achieved remarkable postwar economic development by focusing on civilian demand rather than military.

According to Egyptian Ambassador Ayman Kamel, who arrived in Japan at the end of 2017, Egypt has a strong respect for Japan, which has become a developed country after recovering from the devastation of World War II, along with advanced technology.

JOICFP「アフガニスタンの現状」より
Afghan students using Japanese school bags
日本のランドセルを使うアフガニスタンの生徒たち

If the Taliban government wants to imitate Japan’s postwar reconstruction, the Taliban and other Afghan armed groups need to make efforts to turn their weapons into pens. Afghan awareness must also emphasize education. Dr. Tetsu Nakamura’s PMS (Peace Japan Medical Service) also established a training center (training school) and accommodation facilities for trainees in Afghanistan in an attempt to leave agricultural and irrigation technology in Afghanistan. He appealed to the people of Afghanistan for the importance of technical education.

Improvements in areas such as education, medical care and welfare can increase economic productivity, reduce social unrest, reduce inequality and, as a result, build a more stable society. It also leads to the idea of ​​”human security”. We must build a fair, harmonious and efficient society through home and school education.

The Taliban administration will also have to focus on girls’ education. Girls’ education also encourages girls’ social advancement, lowers fertility rates and adjusts employment opportunities. In addition, the advancement of girls into politics and the business world will mature politics and become a driving force for economic development. If the education level of girls rises and social advancement progresses, the birth rate will decline and the number of adolescents who will be in employment will decrease. It goes without saying that the Taliban administration needs to change its awareness of education, and fostering human resources with skills and academic knowledge will lead to the reconstruction and stability of Afghanistan.

日本の戦後復興を見習いたい-タリバン政権報道官

アフガニスタンのタリバン政権のムジャーヒド報道官は、20日、日本の戦後復興に学び経済的自立を達成したいと述べた。現在の混乱は戦争後の必然とも語り、日本政府やNGOのアフガン復興への協力を期待する様子だったという。(共同)
日本は戦後20年もしないうちにオリンピックを開催し、その4年後の1968年に世界第二位の経済大国となった。

1980年代中期に留学していたアメリカの大学で中東に関するシンポジウムがあったが、その中でプリンストン大学のアラブ経済が専門のチャールズ・イッサウィ(Charles Issawi)教授は日本の経済発展は日本の教育的伝統によってもたらされたと語っていた。当時は日本の経済が絶好調の時で、日本経済は世界の注目の的だった。イッサウィ教授は、日本は江戸時代にも寺子屋教育が普及し、それが明治時代の経済的発展の基礎となったと述べたが、戦争に敗れて、国土が荒廃しても、技術や科学の知識をもつ人材は残り、教育を重視する傾向には変化がなく、日本人は勤勉に働いた。

教育や医療のほうが軍事よりも職業をつくり出すことに役立つことは言うまでもないが、教育で得られる知識や技術が社会や経済発展に貢献することは、第二次世界大戦後の日本や西ドイツの復興や発展を見れば明らかだ。日本や西ドイツは軍事よりも民需に力を入れることで戦後の著しい経済発展を実現した。

MKメディア「ペシャワール会・中村哲医師が土木学会技術賞を受賞」より
The class at the training center that started in 2018 was 20 people in the first term, and as of June 2018, the fourth class students took the class. On the first day, Dr. Tetsu Nakamura’s general remarks will always be held using slides and videos of on-site photographs (April 16, 2018).
2018年始まった訓練所での授業は、1期20名で2018年6月現在、4期生が授業を受けた。初日はいつも、中村哲医師の総論が現場写真のスライドや動画を使って行われる(2018年4月16日)

2017年末に日本に着任したアイマン・カーメル・エジプト大使によれば、エジプトでも先進テクノロジーとともに、第二次世界大戦の荒廃から立ち直り、先進国になった日本への敬意が強くあると語っていた。

タリバン政権が日本の戦後復興に倣いたいというのならば、タリバンをはじめアフガニスタンの武装勢力はそれこそ武器をペンに変えるような努力が必要だ。アフガニスタン人の意識も教育を重視するものにならなければならない。中村哲医師のPMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)もアフガニスタンに農業・灌漑の技術をアフガニスタンに残そうとしてトレーニング・センター(訓練学校)と訓練生のための宿泊施設をナンガルハール県ベスッド地区で設立するなどアフガニスタンの人々に技術教育の重要性を訴えていた。

教育、さらに医療や福祉といった分野での改善は、経済の生産性を高め、社会不安を鎮め、不平等感を減じ、その結果、より安定的な社会を構築することができるという「人間の安全保障」の考えにも通ずる。家庭や学校での教育を通じて公正で、調和のとれた、また効率のある社会を築かなければならない。

PRTIMES「アフガニスタン:学校への攻撃、昨年192件、前年比3倍に-学齢期の子どもの約半数、通学できず」より
Girls studying at a school supported by UNICEF (Nangharhar, Afghanistan) © UNICEF_UN0309018_Kokic
ユニセフが支援する学校で学ぶ女の子たち(アフガニスタン・ナンガルハル県)© UNICEF_UN0309018_Kokic

またタリバン政権は女子の教育を重視しなければならないだろう。女子の教育は、女子の社会的進出を促し、出生率を下げ、雇用機会の調整をもたらすことにもなる。また女子の政治や経済界への進出は政治を成熟させ、さらに経済発展の原動力にもなろう。女子の教育レベルが上がり、社会的進出が進めば、出生率の低下につながり、職にあぶれる青年も減少するに違いない。タリバン政権は教育への意識改革が必要で、技術や学識がある人材を育てることがアフガニスタンの復興や安定の実現につながることは言うまでもない。

日本経済新聞『アフガン女性の人権「懸念は現実」 マララさん、米紙に』より
Female student studying at high school in Afghanistan (April 2008) = Reuters
アフガニスタンの高校で学ぶ女子学生(2008年4月)=ロイター
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました