むのたけじさんは「戦争絶滅」を訴えた/Takeji Muno appealed for the ‘annihilation of war’

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

 2016年8月に亡くなったむのたけじさんは「戦争絶滅」を訴え続けた。

 アジア・太平洋戦争で中国やインドネシアを取材して負け戦を勝ち戦のように報じていた新聞記者の一人として「けじめ」をつけるとして終戦の日に朝日新聞を退社した。

「始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。」というむのさんの言葉は戦中の反省を踏まえているのだろう。

 イラク戦争で自衛隊がイラクに派遣されると、自衛隊員に犠牲が出ることを心配した。ぶさまな戦争をして残されたのが現在の日本国憲法で、9条があったから71年間戦争をせずにすんだとも語っていた。反戦・平和を貫いた人生だった。

 現在の中東の混迷をもたらしたイラク戦争に対してアメリカのメディアには「最初に抵抗する」強い姿勢がなかった。

秋田犬 むのさんは秋田出身/Akita dog. Mr. Muno is from Akita
https://www.pinterest.jp/pin/351562314635216356/

 イラクが大量破壊兵器を保有していることをねつ造した責任の中心にあるのは、当時のアメリカ政府の中枢にいたブッシュ大統領、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官などだったが、ナショナル・パブリック・ラジオや、公共ネットワークであるPBSも、イラクが核兵器の材料となるイエロー・ケーキを輸入し、多数の大量破壊兵器を保有していることを喧伝していった。メディアがイラクの脅威を強調していった結果、サダム・フセインはアメリカにとって即座の脅威と多くの国民たちも考えるようになった。

一部の世論調査では、およそ4分の3の人々がサダム・フセインが911の同時多発テロに関わっていたと考えるようにもなった。保守的なフォックス・テレビは、アメリカの戦争によって、イラクの人々はサダム・フセインの圧政から解放され、米軍を熱烈に歓迎するだろうと訴えていた。

 これらのイラク戦争に賛成し、それを後押ししていったメディアの責任は問われないまま、むのさんのように、けじめをつけてメディアから身を引いた者もいない。

 「最初に抵抗する」のはメディアだけでなく、学界などの言論人も同様の責務を負っているだろう。日本でもイラク戦争に賛成したメディアや研究者たちからも反省や謝罪の弁は聞かれていない。

Takeji Muno, who was a famous journalist for peace movement and passed away in August 2016, continued to advocate the eradication of war.

As one of the newspaper reporters who covered China and Indonesia in the Asia-Pacific War and reported the losing battles as if they were winning battles, he left the Asahi Shimbun on the day the war ended, saying that he would draw a line.

Mr. Muno said, “There is an end in the beginning. If you resist, resist first. If you rejoice, rejoice in the end. Don’t cry in the middle, don’t laugh in the middle.”

When the Self-Defense Forces were dispatched to Iraq during the Iraq War, Mono worried that there would be casualties among the members of the Self-Defense Forces. He also said that what was left after the ugly war was the current Japanese Constitution, and that Article 9 prevented Japan from going to war for 71 years. It was a life of anti-war and peace.

十和田湖/Lake Towada https://www.pinterest.jp/pin/96545985740914228/

The American media did not have a strong stance of being the first to resist the Iraq War, which has brought about the current turmoil in the Middle East.

President Bush, Vice President Cheney, and Secretary of Defense Rumsfeld, who were at the core of the US government at the time, were at the center of responsibility for fabricating that Iraq possessed weapons of mass destruction. And PBS, a public network, also advertised that Iraq imported yellow cake, which is used as a material for nuclear weapons, and possessed a large number of weapons of mass destruction. As a result of the media emphasis on the Iraqi threat, Saddam Hussein has come to be viewed by many citizens as an immediate threat to America.

Some polls have even led about three-quarters of people to think Saddam Hussein was involved in the 9/11 attacks. Conservative Fox Television said a US war would free the Iraqi people from the tyranny of Saddam Hussein, and they would enthusiastically welcome the US military.

The media, which supported and supported the Iraq war, have not been held accountable, and no one has drawn a line and withdrew from the media like Mr. Muno.

It is not only the media who are the first to resist, but journalists in academia and others also have a similar responsibility. Even in Japan, neither the media nor researchers who supported the Iraq War have expressed remorse or apologies.

大曲の花火/Fireworks of Ohmagari, Akita
https://www.pinterest.jp/pin/456130268488069608/

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました