ロシアのウクライナ戦争はソ連軍のアフガニスタン侵攻のように泥沼化する?/Will Russia’s Ukrainian War be swamped like the Soviet invasion of Afghanistan?

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

ロシアのナショナリズムに訴えるウクライナ侵攻

 ロシアのウクライナ侵攻に見られるプーチンによるナショナリズムの台頭はソ連邦崩壊後ロシアが屈辱を受けてきたという経緯もある。米国はNATO拡大によって旧ワルシャワ条約機構加盟国をのみ込んできた。ウクライナ侵攻は、プーチン大統領のナショナリズムに訴える戦争でもあったが、しかしこの戦争が長期化、泥沼化すれば、そのナショナリズムを傷つけることになる。

泥沼化したアフガニスタン侵攻

プーチン大統領はウクライナ侵攻を2014年のクリミア半島併合のように、短期に容易に終わらせる見込みがあったに違いない。ロシアの前身であるソ連は同じような見込みから1979年12月にアフガニスタンに侵攻したが、ソ連軍に対する抵抗はアフガニスタン全土で発生し、軍事介入は泥沼化していった。

1979年から89年のソ連によるアフガニスタン戦争では、50万人から200万人とも見られる市民が犠牲になった。犠牲者数の推定にばらつきがあるが、いずれにせよおびただしい数の市民が亡くなったことは間違いない。

アフガニスタンから撤退するソ連軍/Soviet troops withdraw from Afghanistan
https://foreignpolicy.com/2021/02/18/soviet-withdrawal-afghanistan-parallels-u-s-biden/

アフガニスタン侵攻の背景

1978年に人民党(共産党)政権が成立すると、ソ連からの援助は飛躍的に増え、対アフガニスタン援助の半分以上を占めるようになり、軍事・技術分野でもソ連人の活動が顕著になっていった。ソ連の影響力の拡大に対して各地で反政府ゲリラの活動が活発になっていったが、人民党のハーフェズッラー・アミンが79年9月に革命評議会議長、つまり政府首班となった。このアミンの弾圧的手法は評判が悪く、また彼のソ連に従順ではない姿勢によって、ソ連は軍隊を侵攻させてKGBの特殊部隊が79年12月27日にアミンを殺害した。

無意味に終わったアフガン介入

このソ連の侵攻に対して米国をはじめとする西側諸国は激しい非難を行い、反政府のゲリラ(ムジャヒディン)各派に対して大規模な資金・軍事援助を施した。米国は日本をはじめとする西側諸国を誘い1980年のモスクワ・オリンピックをボイコットした。

米国やパキスタン、サウジアラビアなどがムジャヒディンに供与した武器に手こずったソ連軍は結局89年2月に軍隊の撤退を完了させたが、ソ連軍も1万4000人余りの犠牲者を出しながらも、支援していた人民党政権が92年4月に崩壊するなど、ソ連軍の侵攻は結果として意味のないものだった。

ロシア軍のウクライナ侵攻に抗議するクリミア・タタール人たち。トルコ・イスタンブール。/Crimean Tatars in Istabul, Turkey
https://www.japantimes.co.jp/news/2014/12/02/world/politics-diplomacy-world/russia-can-play-good-cop-fight-regional-influence/

戦争は軍産複合体を潤す

このソ連軍の侵攻と同様に無意味に思われるのが、対テロ戦争開始以来続いた米軍の駐留だった。中村哲医師は、「嘘みたいな話ですが、1億円もあればカブールの人が全部助けられる。」と語っていたが(日経ビジネス)、ボストン大学のネタ・クロフォード政治学教授は、米国が2001年から2019年までにアフガン紛争に費やした額を9340億~9780億ドルと見積もった。これらの費やされた額はアフガニスタンの人々の人道支援に回らず、米軍の戦費に用いられ、米国の軍産複合体を潤しただけだった。

1956年に米国のアイゼンハワー大統領はソ連によるハンガリー暴動鎮圧に際して軍事行動はとらず、ハンガリーの難民救済だけを考えた。アイゼンハワーは米国の軍事介入が第三次世界大戦に発展することを恐れた。当時のソ連は資本主義世界とは経済的にはまったく切り離されていて、アイゼンハワーはバイデン大統領のような経済制裁を行うこともなく、またハンガリーに対して武器を供与することもなかった。アイゼンハワーは軍産複合体の米国政治への介入を警戒していた人物だった。

ハンガリー暴動/Hungary riot, 1956 https://www.rferl.org/a/1069320.html

アイキャッチ画像は、ロシアのウクライナ侵攻に抗議するウクライナ系アメリカ人たち。ロサンゼルスで。/Ukrainian Americans protest the Russian invasion of their homeland at the intersection of Sepulveda Boulevard and Santa Monica Boulevard.

Marches and vigils are held across California to protest Russian invasion of Ukraine
Protests and vigils are held in Los Angeles, San Francisco, Sacramento and elsewhere in California in response to Russia's invasion of Ukraine.

Invasion of Ukraine appealing to Russian nationalism

The rise of Putin’s nationalism in Russia’s invasion of Ukraine is partly because Russia has been humiliated after the collapse of the Soviet Union. The United States has swallowed the former Warsaw Pact member states by expanding NATO. The invasion of Ukraine was also a war that appealed to President Putin’s nationalism, but if this war were prolonged and swamped, it would hurt that nationalism.

Swamped invasion of Afghanistan

President Putin must have expected to end the invasion of Ukraine as easily as in the short term, such as the 2014 annexation of the Crimean Peninsula. Russia’s predecessor, the Soviet Union, invaded Afghanistan in December 1979 with similar prospects, but resistance to Soviet troops arose throughout Afghanistan, and military intervention became swamped.

The Soviet War in Afghanistan between 1979 and 1989 killed an estimated 500,000 to 2 million civilians. Estimates of the number of victims vary, but there is no doubt that numerous civilians have died anyway.

アフガニスタンのソ連軍の兵士たち/Soviet soldiers in Afghanistan
https://www.dw.com/en/ex-soviet-soldier-considers-himself-a-proud-afghan/a-16223476

Background of the invasion of Afghanistan

With the establishment of the People’s Party (Communist Party) government in 1978, aid from the Soviet Union increased dramatically, accounting for more than half of aid to Afghanistan, and Soviet activities became more prominent in the military and technical fields as well.  In response to the growing influence of the Soviet Union, anti-government guerrilla activities became active in various parts of the country, but in September 1979, the People’s Party, Hafizullah Amin, became the chairman of the Revolutionary Council, that is, the head of the government. Repressive method of Amin was unpopular, and his disobedience to the Soviet Union caused the Soviet Union to invade troops and KGB special forces killed Amin on December 27, 1979.

Afghan intervention that ended in a meaningless way

The United States and other Western nations have blamed the Soviet invasion and provided large-scale financial and military aid to the rebel guerrilla (Mujahideen) factions. The United States invited Japan and other Western nations to boycott the 1980 Moscow Olympics.

The Soviet army, which had great trouble with the weapons provided to Mujahidin by the United States, Pakistan, Saudi Arabia, etc., eventually completed the withdrawal of the Soviet army in February 1989. The Soviet army had more than 14,000 casualties. The invasion of Soviet troops was meaningless as a result the People’s Party administration that the Soviet army had supported, collapsed in April of 1992.

https://twitter.com/advaidism/status/1426062585133076480

War moistens the military-industrial complex

As meaningless as this Soviet invasion was the presence of US troops since the beginning of the war on terrorism. Dr. Tetsu Nakamura said, “It may be a lie, but if you have 100 million yen, all the people in Kabul can be saved” (Nikkei Business). Boston University professor of political science Neta Crawford said. The United States estimated the amount spent on the Afghan conflict between 2001 and 2019 at 934-978 billion dollars. These spends were not used for humanitarian assistance for the Afghan people, but were used for US military warfare and only moistened the US military-industrial complex.

In 1956, US President Eisenhower took no military action during the anit-Soviet riots in Hungary and considered only the relief of Hungarian refugees. Eisenhower feared that US military intervention would lead to World War III. The Soviet Union at that time was completely economically separated from the capitalist world, and Eisenhower did not impose economic sanctions like President Biden, nor did he provide weapons to Hungary. Eisenhower was wary of the military-industrial complex’s intervention in US politics.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました