ロシア帝国主義の背景 ―いつかボルフォラスの海へ/Background of Russian imperialism ーSomeday to the sea of ​​Bosphorus

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English is after Japanese

エセーニンの詩

 映画「四季・奈津子」(五木寛之原作:1980年)の宣伝コピーは「いつかボスフォラスの海へ」というものだった。トルコのボスフォラス(ボスポラス)海峡は、ロシアから見ればマルマラ海、地中海に抜ける海峡で、寒冷な気候の中で暮らすロシア人にとってはあこがれの海なのかもしれない。

 「いつかボスフォラスの海へ」というのは、ロシアで愛と人生に関する作品を遺した詩人エセーニン(セルゲイ・エセーニン:1895年~1925年)が書いた詩からとられたフレーズだ。

「ボスフォラスへは行ったことがない」 ーエセーニン

ボスフォラスのことは 君 きいてくれるな。

でも、ぼくは海を見たんだ、君の目に。

碧(みどり)の火の燃える海なのだ。

 とても美しい愛の情感を表現し、ボスフォラスの情景が目に浮かんでくるようだ。エセーニンはパリの有名な踊り子であるイサベラ・ダンカンとも結婚している。

エセーニン(右)とイザベラ・ダンカン
https://ameblo.jp/riperus22/entry-10907510285.html

 エセーニンが語る暖かい海へのあこがれは歴史的にはロシア帝国主義による南下政策のモチベーションであった(おそらく英帝国主義も)。凍らぬ港がほしいというのは、シリアのタルトゥース港のロシア海軍基地を維持し、ウクライナへの侵攻を匂わせ、地中海での影響力を保つという現在のプーチン政権の目標をほうふつさせる。

https://ameblo.jp/imasu-kero/entry-12545511775.html

トルストイとクリミア戦争

 ロシアは、1853年から56年にかけてオスマン帝国、イギリス、フランスに対してクリミア戦争を戦った。戦死者20万人を出した悲惨な戦争だった。ロシアの文豪トルストイ(レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ:1828~1910年)はクリミア戦争の激戦地セヴァストーポリに従軍したが、そこでの体験は冒頭の彼の非暴力主義の主張の背景となった。彼は戦争について次のように語っている。

 「第一に、財産の不正な分配、すなわち窃盗だ。第二に、軍人すなわち殺人のために教育された人間の階層が存在すること。第三に、大抵の場合は意識的に人を欺く、虚偽の宗教。若い世代は、それを通じて無理やり教育される」 (G.M.ヴォルコンスキー宛の、1899年12月4日付書簡)

 トルストイの平和主義は彼がクリミア戦争で悲惨な戦闘を体験したことによってさらに発展した。南アフリカで人種差別に対する抗議活動をしていた若きガンジーに宛てた書簡でトルストイは、「『無抵抗』と呼ばれていることは、愛の法則に他ならないということです。愛は人間の生活の最高にして唯一の法則であり、このことは誰でも心の奥底で感じていることです。私たちは子供の中にそれを一番明瞭に見出します。愛の法則はひとたび「抵抗」という名のもとでの暴力が認められると無価値となり、そこには権力という法則だけが存在します。」と語っている。

ソ連映画「戦争と平和」https://www.altfg.com/film/war-and-peace-movie/

Background of Russian imperialism-someday to the sea of ​​Bosphorus

The promotional copy of the movie “Four Seasons Natsuko” (Original by Hiroyuki Itsuki: 1980) was “Someday to the Sea of ​​Bosphorus”. Turkey’s Bosphorus (Bosphorus) strait is a strait that runs through the Sea of ​​Marmara and the Mediterranean Sea from the perspective of Russia, and may be a longing sea for Russians living in cold climates.

“Someday to the Sea of ​​Bosphorus” is a phrase taken from a poem written by the poet Sergei Yesenin (1895-1925), who left behind works on love and life in Russia.

Sergey Esenin

“I`ve never been to the Bosphorus”

I’ve never been to the Bosphorus,

You don’t ask me about it.

In your eyes I saw the sea,

Flaming with blue fire…(translated by Lyuba Coffey)

It expresses a very beautiful feeling of love, and the scene of Bosphorus seems to come to our eyes. Yesenin was also married to Isabella Duncan, a famous dancer in Paris.

https://twitter.com/hashtag/yesenin?src=hash

Yesenin’s longing for the warm sea has historically been the motivation for Russian imperialism’s southward policy (and perhaps British imperialism also). The desire for a non-freezing port is reminiscent of the current Putin administration’s goal of maintaining the Russian Navy base at Tartus Port in Syria, hinting at an invasion of Ukraine, and maintaining its influence in the Mediterranean.

Russia fought the Crimean War against the Ottoman Empire, Great Britain and France from 1853 to 1965. It was a cruel war that killed 200,000 people. Russian literary master Tolstoy (Lev Nikolaevich Tolstoy: 1828-1910) served in Sevastopol, the fierce battlefield of the Crimean War, where his experience was behind his nonviolent claims at the beginning. He talks about the war as follows:

“First, the fraudulent distribution of property, or theft. Second, there is a hierarchy of military personnel, or human beings educated for murder. Third, they often consciously deceive people, namely false religion. The younger generation is forcibly educated through it “(letter to G.M. Volkonsky, dated December 4, 1899).

Tolstoy’s pacifism was developed by experiencing tragic battles in Crimean War. In a letter to a young Gandhi who was protesting against racism in South Africa, Tolstoy said, “What is called ‘no resistance’ is nothing but the law of love. Love is the highest and only law in human life and this is what everyone feels deep inside. We find it most clearly in children. The law of love, if it is once called ‘resistance’  and violence is recognized, it becomes worthless, and there is only the law of power. “.

https://www.magicalquote.com/the-wisest-quotes-by-leo-tolstoy/
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました