ロシアの「ヒロシマ通り」と過去から学ぶ/Russia’s “Hiroshima Street” and Learn from the Past

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

ロシアの「ヒロシマ通り」

ウクライナ問題でロシア政府の動静が世界の注目を集めているが、平和を願う思いは日本人とロシア人の間では共通する。ロシアのボルゴグラード(旧スターリングラード)には「ヒロシマ通り」があり、通りの中央分離帯にある碑文には「この通りは姉妹都市広島にちなんで名づけられた。1987年5月。」と記されている。ボルゴグラード市は、広島市とは1972年に姉妹都市協定を結び、その15周年を記念して「ヒロシマ通り」が誕生した。ドイツ軍との戦闘で市域の96%が消失するなど広島市と同様にほぼ全域が破壊尽くされた。ドイツ軍85万人、ソ連軍120万人、20万人以上の市民が亡くなる悲惨な戦闘で、ボルゴグラードでは、毎年8月6日に広島追悼のセレモニーが行われている。

ボルゴグラードの「ヒロシマ通り」/Volgograd “Hiroshima Street”
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2016/0725.html

「過去から解放されることはない」

 2020年2月9日年5月8日、欧州終戦75年、犠牲者追悼式典で、ドイツのシュタインマイヤー大統領は演説で「私たちが過去から解放されることはない。記憶にとどめておかなければ私たちは未来を失う」と述べ、「歴史的な責任を受け入れているからこそ、世界の人々から再び信頼されるようになり、私たち自身もこのドイツを信頼できる」と訴えた。シュタインマイヤー大統領のドイツの首都ベルリンには「ヒロシマ通り」があり、1990年11月、東西ドイツ統一の1か月後にベルリン市民の活動によって広島の被爆者との連帯を示すために、「シュペー提督通り」から「ヒロシマ通り」に改称された。ベルリンのヒロシマ通りには折り鶴が吊るされ、また標識には“8月6日、最初の原爆投下”と記されている。

ベルリンの「ヒロシマ通り」/”Hiroshima Street” in Berlin
http://sekaishinbun.net/2016/08/31/hiroshima-strasse/

「ナショナリズムの高まりを許してはならない」

ロシアのプーチン大統領は、国民の間の求心力を維持するために、ナショナリズムに訴えてきた。ウクライナのクリミア半島の併合を行い、またシリアやリビアへの介入など地政学的影響を拡大してきた。領土は、国民の愛国心に訴えるのに、極めて有効なツールだ。ロシアの改正憲法には、領土割譲を禁止する項目も含まれ、さっそく国後島ではこれを記念する碑が建てられ、北方領土を返還しないことが強調された。

2019年9月1日、ナチス・ドイツがポーランドに侵攻して第二次世界大戦が始まって80年の記念式典がポーランド・ワルシャワで開かれたが、2014年にクリミア半島を併合したプーチン大統領は招待されることがなかった。ドイツのシュタインマイヤー大統領は「我々は我が国が犯した罪を忘れず、伝えていく。ナショナリズムの高まりを、人々への憎悪を二度とくり返してはならない」と述べた。

ロシアは、独ソ不可侵条約の秘密の議定書によってポーランドに侵攻して、バルト三国を併合した国でもあり、本来ならばシュタインマイヤー大統領のように反省を表明しなければならない。ボルゴグラードに「ヒロシマ通り」があるのは、不戦の思いを亢進するためではなかったか。プーチン大統領は過去から学んでほしいとつくづく思う。

アマゾンより

アイキャッチ画像:Featured imageは東京新聞の記事より
欧州終戦75年、犠牲者追悼 独大統領「孤立繰り返さない」
2020年5月8日、ベルリンの戦争犠牲者の慰霊施設で献花するドイツのメルケル首相(手前)=ゲッティ・共同
In the 75th year of the end of the war in Europe, in memory of the victims, the German president “does not repeat isolation”
German Chancellor Angela Merkel (front) = Getty jointly offering flowers at a memorial facility for war victims in Berlin on May 8, 2020
https://www.tokyo-np.co.jp/article/25854

Russia’s “Hiroshima Street”

The movement of the Russian government has attracted the world’s attention due to the Ukraine issue, but the desire for peace is common between Japanese and Russians. Russia’s Volgograd (formerly Stalingrad) has “Hiroshima Street”, and the inscription on the median strip of the street says “This street is named after its sister city, Hiroshima. May 1987.” Volgograd City signed a sister city agreement with Hiroshima City in 1972, and “Hiroshima Street” was born to commemorate its 15th anniversary. Almost the entire area was destroyed as in Hiroshima City, with 96% of the city area disappearing in the battle with the German army. Volgograd holds a memorial ceremony for Hiroshima on August 6 every year.  In a tragic battle of Volgograd killed 850,000 Germans, 1.2 million Soviet troops, and more than 200,000 civilians.

ボルゴグラードの「ヒロシマ通り」/Volgograd “Hiroshima Street”
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2016/0725.html

“We are never be released from the past”

On May 8, 2020, at the end of the European war in 1975, at a memorial service for the victims, German President Steinmeier said in a speech, “We are never released from the past. If we do not keep in mind, we will lose the future.” In addition, he said “Because we accept historical responsibility, we can be trusted again by the people of the world, and we can trust Germany ourselves.” President Steinmeier’s German capital, Berlin, has “Hiroshima Street”, and in November 1990, one month after the unification of East and West Germany, “Admiral Spee Street” was renamed to “Hiroshima Street” to show solidarity with the atomic bomb survivors of Hiroshima. Origami cranes are hung on Hiroshima Street in Berlin, and the sign says “August 6, the first atomic bomb was dropped.”

ベルリンの「ヒロシマ通り」/”Hiroshima Street” in Berlin
http://sekaishinbun.net/2016/08/31/hiroshima-strasse/

“Do not allow the rise of nationalism”

Russian President Vladimir Putin has appealed to nationalism to maintain the support among the people. It has annexed Ukraine’s Crimean Peninsula and has expanded its geopolitical impact, including interventions in Syria and Libya. Territory is an extremely effective tool for appealing to the patriotism of the people. Russia’s revised constitution also included an item prohibiting the ceding of territory, and a monument was erected to commemorate this on Kunashiri Island, emphasizing that the Northern Territories would not be returned.

On September 1, 2019, the 80th anniversary of the invasion of Nazi Germany in Poland and the start of World War II was held in Warsaw, Poland, but President Putin, who merged the Crimean Peninsula in 2014, was noy invited. “We will not forget and convey the sins that our country has committed. We must not repeat the rise of nationalism and the hatred of people,” said German President Steinmeier.

Russia is also a country that invaded Poland under the secret protocol of the German-Soviet Non-Aggression Treaty and annexed the three Baltic states, and must express remorse like President Steinmeier. Wasn’t the reason why there was “Hiroshima Street” in Volgograd to think about the tragedy of war? President Putin should learn from the past.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました