オリンピックの平和主義と国際主義/Olympic Pacifism and Internationalism

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

 北京オリンピックで小林陵侑だわる傾向にあるが、オリンピックは本来、国際社会に、世界的な協調の精神を教える舞台でもある。

作家・山口瞳が称えた円谷選手

オリンピックの際に日本の国旗「日の丸」をすがすがしい想いで観たのは作家の山口瞳だった。山口瞳は「円谷君 有り難う」(報知新聞)の中で次のように語っている。

「『オリンピックはやっぱり参加することに意義がありますね』と友人が言った。そこで私もマラソンに参加して百万人(の観衆)のなかの一人になった。ゴザを敷いて傘を差して座っているおばあさんがいる。漫画本を何冊も抱え込んだ小学生がいる。ほら見ろ、運動会と同じじゃないか。黒い人、黄色い人、白い人、みんな勝ってもらいたい。これがオリンピック精神である。アカ勝て、シロ勝て、キイロ勝て。・・・円谷君がついに頑張った。ついに日の丸を国立競技場にあげた。戦後になってはじめてまったくなんらの抵抗感なしに全くのいい気持ちで日の丸の旗があがるのを見た。円谷君、ありがとう。」(NHK「映像の世紀 プレミアム」より)

円谷選手
https://blog.goo.ne.jp/hiron-chan/e/96fc4729ca9a9a3a514a3bbb3b867405

戦争を体験した山口氏には日の丸に複雑な想いがあったかもしれないが、精いっぱい頑張った円谷選手にスポーツ精神の真髄に触れる気持ちになったのだろう。残念なことに、円谷選手は次のメキシコ・オリンピックの前に、自死してしまった。周囲の期待の重圧に耐えかねたのかもしれない。ピンクピクルスの楽曲に「一人の道」があり、「日本のためのメダルじゃない。走る力の糧なんだ」と円谷選手の心情が歌われている。オリンピックに参加する選手たちは、メダルは競技の目的の一つであり、練習の励みであることに違いないが、国家の重圧は負担になっているに違いない。(「一人の道」の歌のビデオ 「一人の道」ピンク・ピクルス(円谷幸吉) – YouTube にある。)

ピンクピクルス「一人の道」
http://kikimimi.shop-pro.jp/?pid=94975398

オリンピック精神をあらためて教えた小平選手

 前回の平昌オリンピック・スピードスケート女子500メートル・スピード・スケートでは、金メダルを獲得した小平奈緒選手は、三連覇を目指していた韓国の李相花(イ・サンファ)選手に競技後「リスペクトしているよ」と声をかけ、抱きしめた。また、「これからの人生を充実させたい」とも語った。小平選手のふるまいや発言は日本のためにとった金メダルではないと言っているかのようだった。二人とも国旗をもって会場を滑る姿がぎこちなかったと感じられたのも、本来は国を背負って競技しているのではないことを表現していたかのようであった。

新たな国際主義の出現

ナショナリズムと国際主義は対極にあるが、戦争を経ると、大戦後の国際連盟や国際連合の創設のように、国際主義が強調されてきた。オリンピックは国際主義を唱道し、他方でナショナリズムやそのときどきの政治によっても特徴づけられてきたが、2016年にリオ・オリンピックで難民チームも登場するなど新たな国際主義の傾向も現れ、平昌オリンピックでもナイジェリアなど冬季種目との関わりが希薄だったアフリカのチームも初出場した。

すごい警備体制と円谷選手/Amazing security system and Tsuburaya

アイキャッチ画像は「デイリースポーツ」より

Olympic pacifism and internationalism

Ryoyu Kobayashi won the gold medal at the Beijing Olympics. After Kobayashi’s second big jump, the expression of Austrian Fetner, who came in second, was sportsmanlike as if he was saying “Congratulations”. There are countries competing for medals, and the media tends to stick to the number of medals won, but the Olympic Games are essentially a stage that teaches the international community the spirit of global cooperation.

Tsuburaya praised by writer Hitomi Yamaguchi

It was the writer Hitomi Yamaguchi who saw the Japanese flag “Hinomaru” with a refreshing feeling at the time of the Tokyo Olympics in 1964. Hitomi Yamaguchi said in “Thank you Tsuburaya-kun” (Hochi Shimbun) as follows.

“‘It makes sense to participate in the Olympics,’ a friend said, so I also participated in the marathon and became one of the million people. There is an old woman sitting down. There is an elementary school student holding many comic books. Look, it’s the same as an athletic meet. Black people, yellow people, white people, I want everyone to win. This is the spirit of the Olympics. . Aka wins, Shiro wins, Kiiro wins …. Tsuburaya finally did his best. Finally gave Hinomaru to the National Stadium. Only after the war, with no resistance at all, the Hinomaru flag I saw it go up. Thank you, Mr. Tsuburaya. “(From NHK “Century of Video Premium “)

表彰台の円谷選手/Tsuburaya on the podium
https://bunshun.jp/articles/-/5715

Mr. Yamaguchi, who experienced the war, may have had mixed feelings about the Hinomaru, but it seems that Tsuburaya, who worked hard, felt the essence of the sports spirit. Unfortunately, Tsuburaya committed suicide before the next Mexico Olympics. He may not have been able to withstand the heavy pressure of the surrounding people. The song of Pink Pickles has “One Man’s Road”, and Tsuburaya’s feelings are sung, “It’s not a medal for Japan. It’s a source of running power.” For athletes participating in the Olympics, medals must be one of the goals of the competition and encouragement for practice, but the pressure of the nation must be a burden. (Video of the song “One Man’s Road” Pink Pickles (Kokichi Tsuburaya) –YouTube.)

Kodaira who taught the spirit of the Olympics again

Nao Kodaira, who won the gold medal at the previous Pyeongchang Olympic Speed ​​Skating Women’s 500m Speed ​​Skating,  calling out “I respect you”, hugging Lee Sang-Hwa of South Korea, who was aiming for the third straight victory. She also said, “I want to enrich my life in the future.” It was as if Kodaira’s behavior and remarks were not a gold medal for Japan. The fact that both of them felt awkward to slide on the venue with the national flag seemed to express that they were not originally competing with the country on their backs.

表彰台の円谷選手/Tsuburaya on the podium
https://bunshun.jp/articles/-/5715

The emergence of new internationalism

Nationalism and internationalism are at the other end of the spectrum, but after the two World Wars, internationalism has been emphasized, as in the creation of the League of Nations and the United Nations after each war. The Olympics have advocated internationalism, while being characterized by nationalism and occasional politics, but with the emergence of refugee teams at the 2016 Rio Olympics, new trends in internationalism have emerged. and the Pyeongchang Olympics. However, the African team, which had little connection with winter events such as Nigeria, also participated in the Pyeongchang Olympics for the first time.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました