ギリシアの独立戦争勝利を記念して始められた近代オリンピック/Modern Olympics to commemorate the victory of the Greek War of Independence

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

ギリシアの独立戦争勝利を記念した近代オリンピック

北京オリンピックが始まった。ナショナリズムを乗り越えることを目標とし、平和の理念を訴える近代オリンピックは1896年にギリシアのアテネで開催されたが、ギリシアのオスマン帝国からの独立戦争勝利を記念するものだった。「近代オリンピックの父」クーベルタンには、16世紀以来、対立・衝突を繰り返し、1870年から71年に普仏戦争を戦ったドイツとフランスを参加させるために異教徒のトルコのオスマン帝国にヨーロッパが勝利したという歴史的事実を思い起こさせることが必要だった。ナショナリズムを超え、平和を訴えるという理念はあったものの、近代オリンピックは戦争の勝利を記念するものだった。

東京オリンピック 2020
カザフスタンの旗手
https://kansyaorei.xyz/kazakhstan/

「オリンピック停戦」の精神

オリンピック開催期間中に停戦が呼びかけられるのは古代オリンピックの時代の紀元前8世紀に生まれたが(=「オリンピック停戦」ギリシア語でエケケイリア)、選手たちを無事に競技に参加させ、また無事に帰路に着かせることが考えられたからだ。

1993年10月に第48回国連総会は、IOC設立の100周年の機会に、121の国連加盟国が共同提案する「オリンピック停戦(エケケイリア)」の順守に関する決議を採択し、オリンピック開会の7日前から閉会の7日後まで国連加盟国に停戦を守るように訴えた。国連は、「平和の維持、相互理解、親善」というオリンピック精神は国連と共通する目標であることを強調している。

1998年の長野オリンピックの際にイラクで緊張が高まったが、コフィ・アナン国連事務総長は「オリンピック停戦」の精神を改めて強調し、戦闘に至らないように訴えた。スポーツが平和の精神に立つことは、1914年第一次世界大戦の最中のクリスマスにイギリス軍とドイツ軍は休戦し、両軍の兵士たちがサッカーの試合を行ったことにも見られた。

作家・杉本苑子の記憶

1964年の東京オリンピックでは、メディア各社は競って日本の作家たちに観戦記の執筆を依頼した。作家・杉本苑子は「明日への祈念」(共同通信)と題する文章の中で、「20年前のやはり10月、同じ競技場に私はいた。女子学生の一人であった。出征していく学徒兵たちを秋雨のグランドに立って見送ったのである。天皇、皇后がご臨席になったロイヤルボックスのあたりには東条英機首相が立って『敵米英を撃滅せよ』と学徒兵たちを激励した。暗鬱な雨空がその上を覆い、足元は一面のぬかるみであった。私たちは泣きながら往く人びとの行進に添って走った。私たちにあるのは今日を今日の美しさのままなんとしても明日へつなげなければならないとする祈りだけだ。」と述べた。

学徒出陣
https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009180997_00000

杉本苑子には、平和の祭典を目の当たりにしながら、同じ場所であった戦争の過去の記憶が甦った。彼女は、日本が多大な犠牲を払って得た平和が次の世代に引き継がれていくことを願わざるをえなかった。1964年の東京オリンピックは、冷戦の真っ只中、1962年にキューバ危機が起こるなど核戦争の恐怖さえあった時代に催され、平和が崩れていくという懸念もあった。オリンピックに見られる国際主義、平和主義が、ウクライナ危機をもたらしているような狭量なナショナリズムに常に優ることを願う人は世界でも少なくないだろう。

東京オリンピック
1964年
https://www.news-postseven.com/archives/20210802_1679752.html?DETAIL

Modern Olympics to commemorate the victory of the Greek War of Independence

The Beijing Olympics have begun. The modern Olympic Games, aimed at overcoming nationalism and advocating for the idea of ​​peace, were held in Athens, Greece in 1896, commemorating the Greek victory of the war of Independence against the Ottoman Empire. Coubertin, the “father of the modern Olympics,” needed to remind the historical fact that Europe had won the Ottoman Empire, pagan Turkish country in order for Germany and France to participate at the same time. France and Germany had been in conflict since the 16th century and fought the Franco-Prussian War from 1870 to 1871.  Despite the idea of ​​going beyond nationalism and appealing for peace, the modern Olympics commemorated the victory of the war.

First Olymic Games in Athens in 1896 https://number.bunshun.jp/articles/-/847213?page=4

The spirit of the “Olympic truce”

The call for a ceasefire during the Olympic Games was born in the 8th century BC during the time of the ancient Olympics (= “Olympic Truce” in Greek for Ekekeiria), but the athletes were able to participate in the competition safely and returned safely. It was thought that they would be dressed.

In October 1993, the 48th UN General Assembly adopted a resolution on compliance with the “Olympic Truce” jointly proposed by 121 UN member states on the occasion of the 100th anniversary of the establishment of the IOC. seven days before the opening of the Olympic Games. It appealed to UN member states to defend the ceasefire from seven days before the opening of the Olympic Games until seven days after the closing. The United Nations emphasizes that the Olympic spirit of “maintaining peace, mutual understanding and good will” is a common goal with the United Nations.

With heightened tensions in Iraq during the 1998 Nagano Olympics, UN Secretary-General Kofi Annan reiterated the spirit of the “Olympic truce” and urged not to enter into battle. The spirit of peace in sports was also seen in the truce of British and German troops on Christmas during World War I in 1914, with soldiers from both sides playing soccer games.

The 1964 Tokyo Olympics and passing on the spirit of peace to the next generation

At the 1964 Tokyo Olympics, media companies competed and asked Japanese writers to write a spectator record. In a sentence entitled “Pray for Tomorrow” (Kyodo News), the writer Sonoko Sugimoto said, “Twenty years ago, I was in the same stadium in October. I was one of the female students. The student soldiers were sent off, standing on the ground in the autumn rain. Around the Royal Box where the Emperor and Empress were present, Prime Minister Hideki Tojo had stood and said, “Destroy the enemy US and Britain.” A gloomy rainy sky covered it, and my feet were in mud. We ran along with the march of the crying people. All we have is a prayer that we must connect today to tomorrow with the beauty of today, “wrote Ms. Sugimoto.

Sonoko Sugimoto revived the past memories of the war that took place in the same place while witnessing the celebration of peace, namely Olympic Games. She had to hope that the peace that Japan had made at great cost would be passed on to the next generation. The 1964 Tokyo Olympics were held in the midst of the Cold War, when there was even fear of a nuclear war, such as the Cuban Missile Crisis in 1962, and there was concern that peace would collapse. There are many people in the world who hope that the internationalism and pacifism as seen in the Olympic Games will always surpass the narrow nationalism that is causing the crisis such as in Ukraine.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました