愛と寛容を訴えるルーミーの言葉 Through Love -Rumi

ジャラール・ウッディーン・ルーミーの詩English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本語は後半です

No weapons needed for love and tolerance

If the sky is not in love, then it will not be so clear.
If the sun is not in love, then it will not be giving any light.
If the river is not in love, then it will be in silence, it will not be moving.
If the mountains, the earth are not in love, then there will be nothing growing.

Jalaluddin Rumi
Jalaluddin Rumi

The Islamic mystical poet and theologian Jalaluddin Rumi (1207-73) was born in what is now Balkh, northern Afghanistan, and left behind many poems about love and tolerance. Professor Abdullah Rohan, a professor of Rumi in Balkh says people lived well in Balkh in the 1960s, storing food in the summer and eating it in the winter. It is said that people gathered at the mosque and sang Rumi’s song in the winter when they hadn’t had it.

People may have forgotten Rumi because of the war in Afghanistan, the lack of food, and the diminished feelings of love and forgiveness.

People don’t go to war if they’re full.

A statement from Dr. Tetsu Nakamura, who works on medical support and irrigation projects in Afghanistan.

Through Love all that is bitter will sweet.
Through Love all that is copper will be gold.
Through Love all dregs will turn to purest wine.
Through Love all pain will turn to medicine.
Through Love the dead will all become alive.
Through Love the king will turn into a slave.

Jalaluddin Rumi

Islam preaches tolerance as a virtue that is as respected as Buddhism.

And be patient over what they say and avoid them with gracious avoidance.

Al-Quran [73:10]

Needless to say, it is not the weapons that the Soviet Union and the United States had provided to Afghanistan in large quantities, but the device that gives people peace of mind, such as water and food, that fosters feelings of love and tolerance in the Islamic world.

Unless I have the face of my heart towards Thee,  I deem prayer unworthy to be reckoned as prayer.
If I turn my face to the Ka‘ba, ʹtis for love of Thine;  Otherwise I am quit both of prayer and Ka‘ba. 

Jalaluddin Rumi

愛と寛容に武器は要らない

空が愛の中になければ、このように澄み切っていないであろう。
太陽が愛の中になければ、光を与えることはないだろう。
川が愛の中になければ、沈黙し、動くこともないだろう。
山や大地が愛の中になければ、成長するものはないだろう。

ジャラール・ウッディーン・ルーミー

 イスラーム神秘主義詩人・神学者のルーミー(1207~73年)は、現在のアフガニスタン北部のバルフで生まれ、愛と寛容に関する多くの詩作を残した。バルフのルーミー研究者のアブドゥッラー・ローハン教授は1960年代、バルフでの人々の生活ぶりはよく、夏に食べ物を蓄え、冬にそれを食べた。手持ち無沙汰の冬には人々はモスクに集まり、ルーミーの歌を歌ったと語っている。

http://www.afghanembassyjp.com/jp/news/?an=452
アフガニスタン・バルフ/Tomb of Khoja Abu Nasar Parsa, Balkh, Afghanistan

人々がルーミーを忘れるようになったのは、アフガニスタンが戦禍で、食料が十分ではなくなり、人々から愛や寛容の感情が希薄になったこともあるだろう。

人はお腹がいっぱいになれば戦争に行きません

アフガニスタンで医療支援や灌漑事業に取り組む中村哲医師の言葉

愛によって苦さは甘さになり 愛によって銅は金になる
愛によって澱は上澄みになり 愛によって痛みは薬になる
愛によって死者は生き返り  愛によって王は奴隷となる

東長靖、今松泰『イスラーム神秘思想の輝き――愛と知の探究――』(山川出版社、2016年)

イスラームでは仏教と同じように重んじられる徳として寛容の心を説く。

彼らの言うことを耐え忍び、彼らを離れ、立派に身をかわせ

『コーラン』73章10節

 イスラーム世界の愛と寛容の感情を育むのは、言うまでもなくソ連やアメリカがアフガニスタンに大量に供与したような武器ではなく、水や食料など人々に安寧を与える工夫をすることだ。

私が心の顔をあなたに向けなければ、祈りは祈りとしての価値はないと思う。
私が顔をカーバ神殿に向けるのはあなたへの愛のため、さもなければ、私には祈りもカーバ神殿も縁がない。

ジャラール・ウッディーン・ルーミー
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました