Japan’s Covid-19 Decrease-Commonality with Islamic Teachings 世界を驚かした日本のコロナウイルス感染の減少

English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本語は英語の後です

Japan’s Covid-19 Decrease-Commonality with Islamic Teachings

The first person infected with The Omicron variant was found in Japan, but the dramatic decrease in the number of infected people in Japan seems to surprise the world.

According to the British “Guardian” newspaper (October 13), Tokyo, which was the host city of the Tokyo Olympics, had 5,773 new infections on August 13, but now it has decreased to 19. It is also stated that the surge in pre-Olympic infections caused anger against the Olympics, and Prime Minister Suga, who forced the Olympics, had to resign due to the decline in approval ratings.

ABC news of October 28 introduced the remarks of epidemiologist Mike Toole of the Burnet  Institute in Australia as the reason for Japan’s dramatic decline, and Japan’s “vaccine +” policy was successful. According to Toole, in addition to the vaccination rate of over 70%, he pointed out that Japan has a habit of wearing masks during the influenza pandemic, and that masks are thoroughly worn and that social distance is well protected. He says vaccines alone are not enough to reduce infections. Therefore, Britain and Ireland, which relied solely on vaccines, could not reduce the number of infected people.

There is a theory of self-destruction of the virus, but it seems that the background of the coronavirus infection deduction in Japan is due to the national character of the Japanese who keep the mask and social distance order.

Mr. Tadashi Ogawa, who was the director of the Jakarta office of the Japan Foundation, said that the impression he got as a result of visiting various Pesantren (Islamic dormitory schools) in Indonesia was that many people concerned said, “The order that Japan showed in the Great East Japan Earthquake and spirit of diligence, cleanliness, and mutual help was just a model of “Islamic values,” and Japan was an “Islamic society without Islam.”

アジア情報フォーラム「インドネシア・プサントレン(寄宿イスラム教育)とつながる意味
Pesantren (Islamic dormitory schools) in Indonesia / インドネシア・プサントレン

Abdurreshid Ibrahim who was born in imperial Russia and later became the first imam of Tokyo Camii (mosque), said, “Many admirable morals in Islamic teachings are naturally possessed by the Japanese. Cleanliness, shame, loyalty, trust. Especially generosity and courage seem to be natural in the Japanese. “

The motto of Qatar’s Emir Tamim (Tamim bin Hamad bin Khalifa al-Thani), who became the youngest head of the Arab countries in June 2013, is to “learn from Japan.”

When Tamim became crown prince in 2003, he was advised by then-Emir Hamad and others to “look at his favorite country”, and the country he visited was China. However, in China, people didn’t line up even on the subway, people were willing to throw away trash in the city, and so on.

Sheikh Tamim bin Hamad Al Thani attends the Opening Ceremony on day one of 17th IAAF World Athletics Championships Doha 2019 at Khalifa International Stadium on September 27, 2019 in Doha, Qatar. (Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images for IAAF)

In Japan, which he visited next, passengers boarded the Shinkansen in an orderly manner, and there was no garbage in Tokyo Disneyland. The Emir seems to have seen that the orderly behavior and good manners of the Japanese people are the key to Japanese education.

I want to continue to be a Japanese who does not disappoint the expectations of Muslims who see the characteristics of an orderly Japanese as common to Islamic doctrine.

世界を驚かした日本のコロナウイルス感染の減少

 日本で初めてオミクロン株の感染者が見つかったが、日本の劇的な感染者の減少は世界を驚かしているようだ。

 イギリスの「ガーディアン」紙(10月13日付)は、東京オリンピックのホストシティであった東京は、8月13日は5,773人の新規感染者の数だったが、いまや19人と減少したことを紹介している。オリンピック前の感染の激増はオリンピックに反対する怒りの感情をもたらし、オリンピックを強行した菅首相は支持率低下の中で辞任せざるを得なかったとも書かれている。

 10月28日付のABCのニュースは、日本の劇的な減少の理由として、オーストラリア・バーネット研究所の疫学者マイク・トゥーレ氏の発言を紹介し、日本の「ワクチン+」政策が功を奏したと述べている。70%を超えるワクチン接種率に加えて、日本にはインフルエンザの流行期にマスクを着用する習慣があるなどマスクの着用が徹底し、ソーシャル・ディスタンスがよく守られていることなどを指摘し、トゥーレ氏はワクチンだけでは感染の低下には十分ではないと語っている。それゆえ、ワクチンだけに頼ったイギリスやアイルランドは感染者数を減らすことができなかったと説明している。

 ウイルスの自壊説などもあるが、日本のコロナウイルス感染の背景には、マスクやソーシャル・ディスタンス秩序を守る日本人の国民性によるものと言ってよさそうだ。

 国際交流基金のジャカルタ事務所長であった小川氏忠氏は、インドネシアの様々なプサントレン(イスラム寄宿舎学校)を訪ねた結果得た印象では、多くの関係者たちが「東日本大震災で日本が示した秩序、勤勉、清潔感、助け合いの精神はまさに『イスラーム的価値観』のお手本であり、日本は『イスラーム無きイスラーム社会』というものだった。」という。

 帝政ロシア出身で、後に東京ジャーミィ(モスク)の初代イマーム(礼拝の導師)になるアブデュルレシト・イブラヒムは「イスラームの教えの中にある多くの賞賛すべき道徳が日本人には自然に具わっている。清潔さ、羞恥心、忠誠、信頼。特に寛大さと勇気とは日本人においてあたかも天性のように思われる。」と語った。

中日新聞「日本に懸けたイスラム志士 20世紀初め、西洋支配からの解放夢見て
初めて訪日した時のイブラヒム・アブデュルレシト(前列中央) / Abdurreshid Ibrahim when he first visited Japan (center of the front row)

 2013年6月にアラブ諸国の中で最も若い元首となったカタールのタミム首長(タミーム・ビン・ハマド・ビン・ハリーファ・アル・サーニー首長)のモットーは、「日本に学べ」なのだそうだ。

 タミム首長は2003年に、皇太子になった時、当時のハマド首長などから「どこか好きな国を見てこい」と勧められ、訪問した国が中国だった。しかし、中国では地下鉄でも列をつくらない、人々は街中で平気でゴミを捨てる・・・など彼には引きつけられるものがあまりなかった。

 次に訪れた日本では、乗客たちは新幹線に整然と乗り込み、東京ディズニーランドにはゴミが見当たらない。日本人の秩序ある行動や良好なマナーは日本の教育に秘訣があると首長は見たたようだ。

 秩序ある日本人の特性をイスラームの教義と共通するものと見るムスリムたちの期待を裏切らない日本人であり続けたいものだとつくづく思う。

Full-Count『「このシーン最高!」侍Jに示した米国代表“敬意の行動”に感動「スポーツの美しさ」
東京オリンピック 野球日本チーム
私には日本チームの礼儀正しさが目についた
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました