日本人作家が観た宗教共存の理想 -イスラム・スペイン/The ideal of coexistence seen by a Japanese writer  ―Islamic Spain

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English is after Japanese

日本人作家が観た宗教共存の理想 -イスラム・スペイン

 作家の堀田善衛(1918~1998年)は、フランスの作家サルトルが人権を唱える国のフランスが植民地を抑圧することに反対し、アルジェリア独立戦争(1954~62年)を支持したように、フランス文学者でもあった堀田は独立運動の中心にあった「民族解放戦線(FLN)」に共感をもった。

 堀田善衛は、放射能に汚染された南の島の守護神であった怪獣が文明社会に憤り、日本を襲うという映画「モスラ」の原作者でもあった。

スペイン ロンダ Ronda, Spain

 アニメの宮崎駿監督が最も尊敬する人物とされ、堀田善衛の「空の空なればこそ」の中の「汝の手に堪うることは力を尽くしてこれをなせ」という言葉を座右の銘にしているという。

「言論は無力であるかもしれぬ。しかし、一切人類が、「物いわぬ人」になった時は、その時は人類そのものが自殺する時であろう。・・・・・・」-堀田善衛

湾岸戦争は金だけ出すでよい

湾岸戦争(1991年)についても「国是(憲法)」というものを、いたずらにいじってはいけない。私は銭出すだけでいいと思うよ。経済国家だもの。銭こだけで何が悪い」(堀田善衛・司馬遼太郎・宮崎駿『時代の風音』朝日文庫、1997年)

 その湾岸戦争の直後、サミュエル・ハンチントンは「文明の衝突論」を出し、世界の各宗教文明は対立を深めていくことを説いたが、堀田善衛はイスラム・スペインに文明の人類の共存の姿を見出した。

スペイン ロンダ Ronda, Spain

「イスラム王朝は、ユダヤ教徒に対しても差別しなかった。むしろ彼らを重用したのであった。だから、イスラムのスペインにあって、キリスト教徒から自発的にイスラムに改宗した人もいれば、両者の通婚も自由であった。こうして時代がうつって行くと、イスラム教徒もキリスト教徒も次第に、スペイン人としてのアイデンティティをもつようになり、両者ともに近代スペイン語の先祖であるロマンス語とアラビア語の二カ国語を話すようになり、これが複合し熟成して行って、語彙の10パーセントがアラビア語源、あるいはそれとの複合語である現行スペイン語が出来ていったのである。イスラム教徒は如何なる意味でも“外敵”ではなかった。(中略)

スペイン・アンダルシア Andalusia Spain

 ヨーロッパの著名な文学作品の原型はアラブ・ペルシアにある

 そうしてコルドバ、セビーリア、トレドは、ヨーロッパにおける初期ルネッサンスの、学問の中心であった。ヨーロッパの学者たちは、まずここでアラブ語に訳されたギリシャの哲学、科学などの諸学問を学んだのである。それらのアラブ語文献をラテン語に重訳することにはげんだのであった。ヨーロッパ文明の根幹をなすいくつかの説話、たとえばゲーテの『フアウスト』。シャイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」、アンゼルセンの『裸の王様』などの原型は、すべてペルシャ、アラブから出てスペイン経由でヨーロッパに入ったものであった。・・・                             

イスラム・アラブ、キリスト教徒、ユダヤ教徒の三者の、この平和な協力共存は、今日から考えてみても、何か夢のようなものとして見えて来るのである。」   堀田善衛著「ゴヤⅠ スペイン・光と影」

アマゾンより

The ideal of coexistence seen by a Japanese writer  ―Islamic Spain

Writer Yoshie Hotta (1918-1998) opposed France, a country where French writer Jean-Paul Sartre advocated human rights, to suppress the colony, and supported the Algerian War of Independence (1954-62). Hotta, who was also a literary writer, sympathized with the “National Liberation Front (FLN)” that was at the center of the independence movement.

Yoshie Hotta was also the original author of the movie “Mothra”, in which a monster that was the guardian deity of a radioactively contaminated southern island was indignant at civilized society and attacked Japan.

スペイン ロンダ Ronda, Spain

Director Hayao Miyazaki of the anime considered Yoshie Hotta to be the most respected person, and the words “Do your best to endure your hands” in Yoshie Hotta’s “If the sky is sky” are used as Miyazaki’s inscription.

“Speech may be powerless, but when human becomes a” human being to say nothing”, it will be the time when humanity itself commits suicide.”-Yoshie Hotta

Even in the Gulf War (1991), the “national policy (constitution)” should not be tampered with unnecessarily. I think Japan should pay only money, not have to offer Self-Defense Force personnel. Japan is an economic nation. What’s wrong with just money? “(Yoshie Hotta, Ryotaro Shiba, Hayao Miyazaki,” Wind Sound of the Times, “Asahi Bunko, 1997)

Immediately after the Gulf War, Samuel Huntington issued the “Clash of Civilizations” and preached that each religious civilization in the world would deepen the conflict, but Yoshie Hotta found the coexistence of humankind in Islam and Spain.

セビリア大聖堂 Cathedral of Seville

“The Islamic dynasty did not discriminate against Jews either. Rather, they valued them. So, in Islamic Spain, some Christians voluntarily converted to Islam. Marriage among different religion was also free. As the times went by, both Muslims and Christians gradually became Spanish identities, both spoke romance, the ancestors of modern Spanish and Arabic. As they began to speak the language, which was compounded and matured, 10% of the vocabulary came from the Arabic source, or the current Spanish, which is a compound with it. Muslims were not foreign enemy in any sense…

Cordoba, Seville and Toledo were then the academic centers of the early Renaissance in Europe. European scholars first learned Greek philosophy, science, and other disciplines translated in Arabic there. Then they were translating those Arab documents into Latin. Some of prototypes of the tales that form the basis of European civilization, such as Goethe’s “Faust”, Shakespeare’s “The Taming of the Shrew” and Andersen’s “Naked King” all came from Persia and Arab and entered Europe via Spain.・ ・ ・

This peaceful co-existence of Islamic Arabs, Christians, and Jews can be seen as a dream from today. ”   ―“Goya I  -Spain:Light and Shadow” by Yoshie Hotta

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました