ウクライナのイスラム  ―ロシアへの抵抗論理/Islam in Ukraine ―Logic of resistance to Russia

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English after Japanese

 ウクライナにはロシアの侵攻以前は40万人のムスリムが居住していて、全人口の1%にも満たなかった。ウクライナにイスラムがもたらされたのは14世紀のジョチ・ウルスの支配時代だった。ジョチ・ウルスは日本では「キプチャク・ハーン国」としても知られる。

 「ミドルイースト・アイ”Middle East Eye”」に「Ukraine: Seven of the country’s most important mosques」と題する記事が掲載され、ウクライナの主要なモスクが紹介されているが、モスクのミナレットの先端が円錐形なのはオスマン帝国様式のトルコ型だ。記事によれば、15世紀中葉に建立されたジュマ・ジャミィ・モスク(Juma Jami Mosque)は、クリミア・タタール人のデヴレト・ギライ1世のロシアへの勝利を記念したもので、ギライ1世はトルコ・イスタンブールのスレイマニエ・モスクやボスニア・ヘルツェゴビナの「古い橋」の設計を行った建築家スィナン(1494・99~1588)に設計を依頼した。

ボスニア・ヘルツェゴビナ「古い橋」/Bosnia “Old Bridge”

 2014年からロシアが占領するウクライナのクリミア半島は、1441年から1783年までクリミア・ハーン国の統治を受けたが、この国はオスマン帝国の属国だった。しかし、1783年にこの地に進出してきたロシア帝国に併合された。1900年までにクリミア・タタール人たちはその人口数を強制移住などによって半減させた。さらにソ連邦になると、スターリンは住民の多くを中央アジアに移動させたが、こうしてロシア支配を受けてからのおよそ200年間でクリミア半島のロシア化とムスリムの追放が進んだ。2014年のロシアによる併合以前、クリミア半島にはおよそ30万人のムスリム・タタール人たちがクリミア半島に居住していた。

 バフチサライ(タタールの言語で「庭園の宮殿」の意味)は、16世紀から18世紀にかけてクリミア・ハーン国の首都であったところだが、1783年にオスマン帝国とともにロシアとの戦争に敗れると、エカテリーナ2世のロシア支配の下に置かれた。1519年に建てられた「ハーンの宮殿」はタタール人たちの民族的プライドの象徴ともいえる。ロシアは2014年にクリミア半島を併合すると、この「ハーンの宮殿」の修復を勝手に進めてしまった。バフチサライの2001年の人口はおよそ3万300人余り(『英語版ウィキペディア』による)だったが、2011年にはチェコ共和国などの支援によってツーリスト・センターも置かれ、観光客の受け入れにも力を入れていた。

Participants gather with Ukrainian flags and flags of Crimean Tatars before riding in their cars through Kiev to commemorate the 76th anniversary of the deportation of the indigenous population of the Crimea by the Soviet Union, on May 18, 2020. – Crimea’s Tatars commemorated 76 years since their deportation by Soviet dictator Stalin in 1944. (Photo by GENYA SAVILOV / AFP) (Photo by GENYA SAVILOV/AFP via Getty Images)

 ソ連邦の崩壊後、バフチサライのタタール人たちは、ウクライナ人やロシア人たちと共存していた。ロシアによる併合以前、彼らはクリミア半島がウクライナに残り、EUに加盟することを望むか、あるいはクリミア自治共和国の独立、さらにはロシアへの帰属を考える者たちに分かれていた。大多数のクリミア・タタール人たちは紛争に巻き込まれることを望んでいなかったが、ロシアは軍事力によってクリミア半島を併合してしまった。当時クリミア半島のタタール人は30万人ぐらいで、多くがロシアによる併合の賛否を問う住民投票をボイコットした。併合後、クリミア・タタール人の10%が併合を嫌ってウクライナに移住した。スターリンの強制移住もあってタタール人にはロシアに対する根強い不信があった。しかし、ロシアの併合によって移住を余儀なくされたクリミア・タタール人にはクリミア半島への帰還を望む人々が圧倒的に多い。

クリミア・タタールの旗をもつタタール人女性。トルコ・イスタンブールで。2020年5月/Participants gather with Ukrainian flags and flags of Crimean Tatars before riding in their cars through Kiev to commemorate the 76th anniversary of the deportation of the indigenous population of the Crimea by the Soviet Union, on May 18, 2020. – Crimea’s Tatars commemorated 76 years since their deportation by Soviet dictator Stalin in 1944. (Photo by GENYA SAVILOV / AFP) (Photo by GENYA SAVILOV/AFP via Getty Images)

アイキャッチ画像はウクライナ最古のモスクと考えられるオズベク・ハンのモスク

Please Wait... | Cloudflare

Prior to the Russian invasion, Ukraine was home to 400,000 Muslims, less than 1% of the total population. Islam was brought to Ukraine during the rule of the Golden Horde in the 14th century. The Golden Horde is also known as “Kipchak Khan Country” in Japan.

An article entitled “Ukraine: Seven of the country’s most important mosques” was published in “Middle East Eye”, which introduces the major mosques in Ukraine. The tip of the minaret of the mosque is conical, which is an Ottoman Turkish style. According to the article, the Juma Jami Mosque, built in the middle of the 15th century, commemorates the victory of Crimean Tatars Devlet Gilay I over Russia, and Gilai I asked architect Sinan (1494.90-1588), who designed the “old bridge” in Bosnia-Herzegovina and Istanbul’s Suleymaniye Mosque.

The Crimean Peninsula in Ukraine, occupied by Russia from 2014, was ruled by the Crimean Khanate from 1441 to 1783, a nation belonged to the Ottoman Empire. However, it was annexed by the Russian Empire, which had advanced into the area in 1783. By 1900, the Crimean Tatars had halved their population, including by displacement. In the Soviet Union, Stalin moved many of Tatar inhabitants to Central Asia, and in the 200 years since it was ruled by Russia, the Crimean Peninsula became Russian and Muslims were expelled. Prior to the annexation by Russia in 2014, approximately 300,000 Muslim Tatars lived on the Crimean Peninsula.

Bakhchisarai (meaning “palace of the garden” in Tatar’s language) was the capital of the Crimean Khanate in the 16th and 18th centuries, but when it lost the war with Russia in 1783, Catherine 2  placed Crimean Peninsula under the Russian rule. The “Palace of Shaki Khans”, built in 1519, is a symbol of the Tatars’ ethnic pride. When Russia annexed the Crimean Peninsula in 2014, it proceeded with the restoration of this “Palace of Shaki Khans” without permission. Bakhchisarai had a population of about 30,300 in 2001 (according to English Wikipedia).  In 2011, a tourist center was set up with the support of the Czech Republic and other countries, and it also helped to accept tourists. I put it in.

祈り ウクライナ/Pray in Ukraine
https://day.kyiv.ua/en/article/topic-day/muslims-ukraine-history-solidarity-2

After the collapse of the Soviet Union, the Tatars of Bakhchisarai coexisted with Ukrainians and Russians. Prior to the annexation by Russia, they were divided into those who wanted the Crimean Peninsula to remain in Ukraine and join the EU, or who considered the independence of the Autonomous Republic of Crimea and even its attribution to Russia. The majority of the Crimean Tatars did not want to be involved in the conflict, but Russia annexed the Crimean Peninsula by military force. At that time, there were about 300,000 Tatars on the Crimean Peninsula, and many boycotted a referendum asking for the approval or disapproval of the annexation by Russia. After the annexation, 10% of the Crimean Tatars emigrated to Ukraine because they hated the annexation. The Tatars had a deep-seated distrust of Russia, partly due to Stalin’s displacement. However, the Crimean Tatars, who were forced to relocate due to the annexation of Russia, are overwhelmingly hoping to return to the Crimean Peninsula.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました