Che Guevara who visited Hiroshima 広島を訪問したチェ・ゲバラ

English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本語は後半です

Che Guevara who visited Hiroshima

Guevara, a Revolutionary

A Revolutionary, Che Guevara was born in Rosario, Argentina in June 1928 and died in Bolivia in 1967. He was a revolutionary theorist and a guerrilla war strategist. During the Cuban Revolution (1956-59), he played a major role in its fulfillment, after which he devoted himself to the revolutionary movements in Latin American countries, was killed by the Bolivian army, and is still anecdotal as a person who dedicated his life to revolutions.

Guevara

After finishing his studies in medicine in 1953, he traveled to Latin American countries and saw the remarkable distress of many people and thought that the “revolution” was the only solution. He saw Latin America as a cultural and economic entity and came to think that a unified “strategy” was needed.

Visiting Hiroshima

He visited Japan in July 1959, about half a year after the Cuban Revolution, when he was 31 years old. At that time, during the Cold War, the leaders of socialist countries did not seem to be treated very well due to consideration for the United States, and it seems that only Hayato Ikeda, the Minister of International Trade and Industry, met as a key figure of the Japanese government. He visited the Toyota Motor factory in Aichi prefecture and the site of Mitsubishi Heavy Industries’ airplane manufacturing, and headed to Osaka. When he learned that Hiroshima, where the atomic bomb was dropped, was close to Osaka, he decided to visit Hiroshima by night train. Guevara, who was opposed to Latin American rule by the United States, had a strong interest in Hiroshima after the devastation of the atomic bombing by the United States, and as a doctor, he wanted to know the actual conditions of atomic bomb disease.

Under the guidance of Hiroshima Prefecture staff, he offered flowers to the memorial to the atomic bomb victims at the Hiroshima Peace Memorial Park and visited the Peace Memorial Museum and Atomic Bomb Hospital.

Impression of Hiroshima

The following is his impression of Hiroshima from Guevara’s, “Japan Recovering from the Tragedy of the Atomic Bomb” (Magazine “Verde Olivo”, October 19, 1959, translated by Koji Nishio).

“A very surprising testimony is that the aftereffects of the atomic bombings in Hiroshima and Nagasaki 14 years ago killed 106 people this year. We were in the victim city of Hiroshima. The city was completely rebuilt today. Beyond the cement coffin, decorated with cement arches, you can see the ruins of the building where the bomb was dropped, commemorating the victims. It is a monument. The names of all 74,000 atomic bomb victims whose identities have been confirmed are contained in the memorial monument … It contains the unfocused anger and deep despair of so many humans who lost their lives in the raging of an unparalleled flame of atomic bomb.

There is Peace Memorial Museum next to the memorial monument. There you can see the sight of tearing your chest. Not only the dark days of the war, but also the incidents when hydrogen bomb tests were conducted near Bikini Atoll and the Japanese fishermen who were navigating the nearby sea were exposed to radiation. Everything is new in Hiroshima and has been rebuilt after a horrific explosion. But indelible traces of tragedy are floating above the city, in new buildings, and in many of the restored buildings. However, Hiroshima is found not to continue. The impression is that it is quite difficult to make the same city appear as if it were to revive what had already died. “

広島を訪問したチェ・ゲバラ

革命家ゲバラ

 革命家のゲバラは、1928年6月にアルゼンチンのロザリオで生まれ、1967年にボリビアで亡くなった。革命の理論家であり、ゲリラ戦争の戦略家でもあった。キューバ革命(1956~59年)で、その成就に主要な役割を果たし、その後は南米諸国の革命運動に身を投じ、ボリビア軍に殺害されたこと、革命に殉じた人物として現在でも逸話的に語られている。

 1953年に医学の勉強を終えると、ラテンアメリカ諸国を旅行し、多くの人々の著しい困窮ぶりを見て「革命」こそが唯一の解決と考えた。彼はラテンアメリカを文化的、経済的に一体的なものととらえ、統一的な「戦略」が必要と思うようになった。

日本訪問

 彼が訪日したのはキューバ革命成立からおよそ半年後の1959年7月、31歳の時だった。当時は冷戦時代で社会主義国の指導者は米国への配慮からあまり厚遇されなかったようで、日本政府の要人として会ったのは池田隼人・通産相のみだったようだ。愛知県のトヨタ自動車の工場や三菱重工の飛行機製造の現場などを見学し、大阪に向かった。彼は、原爆が投下された広島が大阪に近いということを知ると、思い立って夜行列車に広島を訪問することになる。米国のラテンアメリカ支配に反発していたゲバラには米国による原爆投下という惨禍を経た広島に強い関心があり、また医師としても原爆症の被害の実情を知りたかった。

広島県職員の案内で、広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れている。

GLOBE+『東京五輪で「原爆の日」黙とうの是非 被爆者「セレモニーとして利用するだけでは…」』より
Japanese high school students pray for peace in front of A-bomb monument
原爆死没者慰霊碑の前で手を合わせる人たち=2021年8月6日午前6時55分、広島市中区、柴田悠貴氏撮影

以下は、ゲバラ「原爆の悲劇から立ち直る日本」(雑誌『べルデ・オリーボ』1959年10月19日、西尾幸治訳)からの彼の広島で印象である。

被爆地・広島の印象

「非常に驚くべき証言は、14年前の広島と長崎での被爆の後遺症で、今年になっても106名の方が亡くなったということである。われわれは、犠牲となった都市、広島の地を訪れた。この街は、今日では完全に再建されていた。セメントのアーチによって飾られたセメントの棺の向こう側には、爆弾が落とされた建物の廃墟が見られ、犠牲者の記念碑となっている。身元が確認できた被爆死没者7万4、000人の氏名がすべて慰霊碑の中に納められている。・・・そして、その中には、比類ない炎と死が荒れ狂う中で命を失った実に多くの人間のやり場のない激しい怒りと深い絶望が収められているのである。

慰霊碑に併設して原爆資料館がある。そこでは胸を引き裂かれるような光景が見られる。戦争の暗黒の日々だけではなく、ビキニ環礁の近くで水爆実験が行われ、近くの海を航行していた日本の漁業者に放射能を浴びせた日々もまた展示されている。すべてが広島では新しく、恐ろしい爆発の後、再建されている。だが消すことのできない悲劇の痕跡が、この都市の上にも、新しい建物の中にも、元の場所に復元された多くの建物の中にも漂っている。しかしながら、広島は、継続してはいないと見破られる。すでに死んでしまったものを蘇らせるように、同じ都市の姿を出現させることは、なかなか難しいことであるという印象である。」

nippon.com「Paper Cranes Bringing Hope to the World」より
Orizuru made by former President Obama
Paper Cranes Bringing Hope to the World
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました