Egypt-President’s luxury while cutting off the lives of the poor/エジプト -貧困層の生活を切り捨てる大統領の贅沢

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

日本語は英語の後です。

Egypt-President’s luxury while cutting off the lives of the poor

On December 29th, an article titled “Egypt’s Sisi leads a luxurious life despite austerity measures” was published in Middle East Monitor. According to the article, President Sisi suspended meal coupons for newlyweds a few days ago because subsidies are the reason for slowing Egypt’s development. Four months ago, President Sisi also reduced subsidies for bread, raising the price of bread for the first time since 1977. Bread is the staple food of the poor in Egypt.

Slums in Egypt
https://medium.com/noonpost/40-royal-palaces-or-homes-to-bats-does-egypt-need-new-presidential-palaces-7f5803677f60

While reducing subsidies for bread, President Sisi bought a $ 418 million luxury Boeing 747-8. This is the fifth presidential aircraft purchased by President Sisi. President Sisi has also built at least three presidential palaces and ten presidential villas since 2014. The new administrative capital of Egypt is 2.5 million square meters, which is equivalent to 625.2 acres of land. The area of ​​the presidential palace is 50,000 square meters, which is 10 times larger than the White House in the United States. President Sisi is also building a luxurious summer presidential palace in the town of El Alamein on the Mediterranean Sea.

The new presidential palace in el-Alamein
https://medium.com/noonpost/40-royal-palaces-or-homes-to-bats-does-egypt-need-new-presidential-palaces-7f5803677f60

That’s the general content of the Middle East Monitor article, but it goes without saying that the funds used for the luxury of these individual president and his family have forced the government to cut national budget for the poor.

The news of the corruption of President Sisi’s personal luxury has reminded me of the grave robbery of Egypt’s ancient cultural heritages.

According to Koichi Shinoda’s “Stolen Egyptian Civilization Nile 5000 Years Tomb Thief” (Bunchun Shinsho), the Roman Empire plundered Egyptian obelisks (a kind of monument built in temples, etc.). The stolen obelisks are located in Piazza del Popolo in Rome and Sultan Ahmet Square in Istanbul, Turkey. In Europe, it was believed that mummies had medicinal properties, and they were used as medicines for  sick people from the 13th century to the 17th century, and it seems that mummies were being stolen and sold to Europe.

Egyptians take special pride in their ancient history and heritage. Egyptian grave robbery, which continues from ancient times to the present, continues because of the special value of Egyptian ancient times, which created unimaginably huge structures and a luxurious culture as seen in the golden mask of Tutankhamen. However, in Egypt today, the “grave robbery” of state property by the ruling class is unacceptable. In Egypt, the number of poor people living on less than $ 1.45 a day increased by 5% from 2015 to 2019, now accounting for 32.5% of the total population.

Although the Sisi administration has suppressed the dissatisfaction of the people with a repressive method, it is undeniable that the “pride of the ancient Egyptians” may explode on a large scale in the near future, causing political changes such as the “Arab Spring.”

エジプト -貧困層の生活を切り捨てる大統領の贅沢

 12月29日、Middle East Monitorに”Egypt’s Sisi leads a luxurious life despite austerity measures”という記事が掲載された。記事によれば、シシ大統領は、新婚夫婦に対する食事のクーポンを数日前に停止したが、その理由は補助金がエジプトの発展を遅らせる理由になっているからだという。4か月前にシシ大統領は、パンに対する補助金の削減も行い、パンの価格を1977年以来初めて引き上げた。パンはエジプトの貧困層の主食だ。

ギザのピラミッド
https://www.travelandleisure.com/trip-ideas/egypt-cairo-luxor-aswan-nile-cruise

 パンに対する補助金を削減する一方で、シシ大統領は4億1800万ドルの豪華なボーイング747―8を購入した。これはシシ大統領が購入した5機目の大統領専用機である。また、シシ大統領は、2014年以来少なくとも3つの大統領宮殿と、10の大統領用の別荘を建設した。エジプトの新首都「新行政首都(the New Administrative Capital)」は250万平方メートルで、その広さは625.2エーカーの土地に相当する。大統領宮殿の面積は50,000平方メートルで、アメリカのホワイトハウスの10倍にも相当する。シシ大統領は地中海に面するエル・アラメインの町にも夏用の豪華な大統領宮殿を建設中だ。

 以上がMiddle East Monitorの記事のおおよその内容だが、こうした大統領個人やその家族の贅沢のために用いられる資金のために貧困層のための予算を削減せざるを得ないことは言うまでもない。

 シシ大統領の個人的な贅沢という政治腐敗のニュースに接するにつれ、エジプトの古代文化遺産の盗掘を思い出してしまった。

 篠田航一『盗まれたエジプト文明 ナイル5000年の墓泥棒』(文春新書)によれば、ローマ帝国はエジプトのオベリスク(神殿などに建てられた一種の記念碑のようなもの)を略奪しまくり、その盗まれたオベリスクは、ローマのポポロ広場や、トルコ・イスタンブールのスルタン・アフメト広場などに置かれている。ヨーロッパでは、ミイラに薬効があると信じられ、病人や病弱な人の薬として13世紀から17世紀あたりまで使用され、ミイラの盗掘とヨーロッパへの売買が進んでいたらしい。

 エジプト人たちは、古代から続く歴史や古代遺産に特別な誇りをもっている。古代から現在まで続くエジプトの盗掘は、想像を絶するような巨大な建造物をつくり上げ、ツタンカーメンの黄金のマスクに見られるように贅沢な文化を築いたエジプト古代に特別な価値があるから続いているのだろう。

 しかし、現在のエジプトでは国家財産の「盗掘」や支配階級の奢侈は許容できるものではない。エジプトでは、一日1.45ドル以下で暮らす貧困層が2015年から2019年にかけて5%増加し、現在全人口の32.5%となっている。シシ政権は強権的手法で国民の不満を押さえつけているが、近い将来古代からあるエジプト人のプライドが大規模に爆発し、「アラブの春」のような政治変動が起こる可能性も否定できない。

10 years after the Arab Spring, democracy remains elusive in Egypt
Ten years ago on Thursday, longtime Egyptian dictator Hosni Mubarak was deposed. The Egyptian revolution was the high point of what became known as the Arab Spr...
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました