日本とイスラム世界をつないだドラマ「おしん」 The drama “Oshin” that connects Japan and the Islamic world

English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English sentences after Japanese

日本とイスラム世界をつないだドラマ「おしん」

橋田壽賀子原作・脚本のドラマ「おしん」は、日本での平均視聴率は53%、最高視聴率は62.9%(1983年11月12日)で、日本のテレビドラマの最高視聴率を記録した。

日本でも人気があったが、イスラム諸国でも高い人気を誇っていた。1980年代末にイランに行くと、私たち日本人は「おしん!」とよく声かけられた。「おしん」はイランで視聴率80%も超えるような人気番組だった。その頃、タクシーに乗ると、運転手から「『おしん』のストーリーの最後はどうなる?」などと聞かれた。まさに「おしん」が日本のイメージをつくっているようで、「おしん」によってイランの人びとは日本に対する良好なイメージをつくっているようだった。

イランの「おしん」トレーナー Oshin goods in Iran

1980年代、イランはイラン・イラク戦争を戦い、大変な困難にあった時期だ。イラン側の戦死者は少なくとも20万人、家族、親族、友人を亡くした人も少なくなかった。革命と戦争で経済状態はよくなく、テヘランの街で両替し、100ドル札を出すと、ずしりと重い、現地通貨のリアルの束が返ってきた。苦難や窮乏に耐えた時期に「おしん」は受け入れられた。

 翻訳家で、イランの映画のプロデューサーのショーレ・ゴルパリアンさんは、「日本人は礼儀正しいし、心優しい人が多い。日本でいう『謙遜』とか『建前』『義理』といった概念はイラン人にもあるんです。相手を持ち上げて自分は遠慮するとか。年寄りに対する尊敬の念とか。だから日本の人たちはイラン映画をよく理解してくれますし、イランでも小津安二郎や黒澤明の映画や、『おしん』とか『はね駒』といったテレビドラマの人気が高いんです」と語っている。

ショーレ・ゴルパリアンさんのプロフィールページより
Ms Shohreh Golparian

欧米的な物質的な近代化を遂げながらも、「おしん」でも表現されていた義理や人情など日本人のウェットな心情は、弱者の救済を説くイスラムの人々にも受け入れられる。1980年代にイランに行って街を歩くと、「ジャポン、ヘイリー・ホベ(日本はとてもよい)」などと声をかけられることが多かったが、これも「おしん」のお陰かなと思ってしまうほどだった。

「おしん」はイランだけでなく、エジプトなどアラブ世界でも受け入れられた。「おしん」に感動したエジプト人が日本に来て、「日本はエジプトより貧しいと思っていたのに・・・」と驚いたというエピソードがある。

人間の本性にムスリムだろうと、日本人だろうと大きく変わらない。日本人がともすると失った価値観をムスリムたちはもっているように思う。「おしん」に見られる仲間意識、相互扶助など、かつての日本はおせっかいとも言えるほど他人の面倒を見ていた。町内会、PTA、子どもクラブなどがあり、近隣の人たちが夜集まって食事をするなどという光景はよく見かけた。イスラム世界はかつての日本のもっていたウェットな心情が残っているから「おしん」は共感を呼んだのかもしれない。

The drama “Oshin” that connects Japan and the Islamic world

The drama “Oshin”, which was originally written and written by Sugako Hashida, has an average audience rating of 53% in Japan and a maximum audience rating of 62.9% (November 12, 1983), recording the highest audience rating of Japanese TV dramas.

It was popular in Japan, but it was also very popular in Islamic countries. When we went to Iran in the late 1980s, we Japanese were often called “Oshin!”. “Oshin” was a popular program in Iran with an audience rating of over 80%. Around that time, when I took a taxi, the driver asked me, “What will happen to the end of the story of” Oshin “?” It seems that “Oshin” is creating an image of Japan, and that “Oshin” is creating a good image of Iranian people for Japan.

In the 1980s, Iran fought the Iran-Iraq war and was in great difficulty. At least 200,000 people were killed in the war on the Iranian side, and many lost their families, relatives and friends. Economic conditions were not good due to the revolution and war, and when I exchanged money in the city of Tehran and issued a $ 100 bill, a heavy, real bunch of local currencies was returned. “Oshin” was accepted at a time when Iran endured hardships and poverty.

Translator and Iranian film producer Shohreh Golparian said, “Japanese people are polite and kind. Many Japanese people have the concept of “kenson(humility),””tatemae (public face),” and “giri(sense of duty)” There are things like flattering the other person and reserving themselves. Respect for the elderly. That’s why Japanese people understand Iranian movies well, and even in Iran, movies by Yasujiro Ozu and Akira Kurosawa, TV dramas such as “Oshin” and “Hanekomma(はね駒)” are very popular. “

小津安二郎監督「東京物語」 Yasujiro Ozu’s “Tokyo Story”

While achieving Western material modernization, the wet feelings of the Japanese, such as the in-laws and humanity expressed in “Oshin,” are accepted by Islamic people who preach the relief of the vulnerable. When I went to Iran in the 1980s and walked around the city, I was often told “Japon, Kheyly Khube (Japan is very good)”, but I think this is also due to “Oshin”. was.

“Oshin” was accepted not only in Iran but also in the Arab world such as Egypt. There is an episode in which an Egyptian who was impressed by “Oshin” came to Japan and was surprised that “I thought Japan was poorer than Egypt …”.

Whether it is Muslim or Japanese, there is no big difference in human nature. I think Muslims have the values ​​that the Japanese have lost. In the past, Japan took care of others to the extent that it could be said to be noisy, such as the sense of companionship and mutual aid seen in “Oshin.” There were neighborhood associations, PTA (Parent-Teacher Association), children’s clubs, etc., and I often saw neighbors gathering at night to eat. The Islamic world retains the wet feelings that Japan once had, so “Oshin” may have struck a chord with it.

English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました