コロナ感染 ―この「どん底」は常ではない/Corona infection-this “deep bottom” is changeable

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

English is after Japanese

コロナ感染 ―この「どん底」は常ではない

27日、全国のコロナ感染者が初めて7万人を超えた。作家の瀬戸内寂聴さんが東北被災地における説法の中で「無常」を説き、被災者たちに「物事は流れていきます。いまがどん底と考えればこの状態も常ではなく、そこに希望が見出せます」と語ったことを思い出す。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000873.000004702.html

同じく東日本大震災後、僧侶の玄侑宗久さんは、諸行無常は、同じことは二度と起こらない、だからその時々で出てくる知恵を信じて、落ち込むことが起きても明日は違うよという解釈もできると述べている。それは、地震や大火災、飢餓など災害が発生してもいかに平安を保つかを教えてくれる考えでもあると説いた。(玄侑宗久「身近に感じる仏教」)

日本の古典文学、鴨野長明の『方丈記』の有名な冒頭では次のように無常観が表される。

ゆく河の流れは絶えずして、

しかも、もとの水にあらず。

淀みに浮かぶうたかたは

かつ消えかつ結びて、

久しくとどまりたるためしなし。

世の中にある人と

栖とまたかくのごとし。

『方丈記』 アマゾンより

無常観は東洋だけにある考えではない。ドイツのメルケル元首相は、2019年5月、ハーバード大学卒業式の講演では、「不変に見えることも、本当は変わりうる」と語った。メルケル首相がそう語るのは、東独出身の彼女の様々な機会を奪った東西冷戦の象徴であったベルリンの壁や、冷戦構造そのものを指している。これは不動なもののように思われたが、1980年代の終わりに脆くも崩れ去った。

エドワード・フィッツジェラルドの英訳から、英文学者であり詩人でもあった竹友藻風(たけとも そうふう 1891~1954年)が訳した「ルバイヤート」には次のように無常観が詠まれる。

三十一歌

智慧の實(み)をかれらとともにわれ蒔きぬ。

わが手もてこれを培(つちか)ひ、およずけぬ。

かりいれにわが刈り獲しはこれなりき、

『水のごとわれ來り、風のごとく逝く

アラブの民族詩に「民族がひとたび生きることを欲するならば 運命は必ずやそれに応えてくれるだろう 夜は必ずや明け 束縛は打ち破られるであろう」というものがある。「人間万時が塞翁が馬」は世界共通の表現ともいえるが、瀬戸内寂聴の言葉のように、今が底だと思い、希望をもちたいものだ。好転する時期は必ずやって来る。

アイキャッチ画像は 橋本環奈 https://twitter.com/violin1974/status/1068508618201264128

Corona infection-this “deep bottom” is changeable

On the 27th, the number of people infected with corona nationwide exceeded 70,000 for the first time in Japan. The writer, Jakucho Setouchi, also preached “impermanence” in the preaching in the Tohoku disaster area, and told the victims “Things will flow. If you think that you are at the bottom now, this state is not always the case, and you can find hope there. “

Similarly, after the Great East Japan Earthquake, Sokyu Genyu, a priest and writer, said that the same thing would never happen again, so believing in the wisdom that comes out from time to time, even if depression occurs, it will be different tomorrow. He was teaching  an idea that teaches how to maintain peace of mind in the event of a disaster such as an earthquake, a big fire, or hunger. (Sokyu Genyu “Familiar Buddhism”)

At the famous opening of “Hojoki” by Kamono Chomei, a Japanese classical literature, the impermanence is expressed as follows:

The flowing river never stops

and yet the water never stays the same.

Foam floats upon the pools,

scattering, re-forming,

never lingering long.

So it is with man

and all his dwelling places

here on earth.

(English translation from

https://ibcpub.co.jp/taiyaku_library/9784794601773.html )

Impermanence is not just an idea in the Orient. Former German Chancellor Angela Merkel said in a May 2019 graduation ceremony at Harvard University that “what looks immutable can really change.” Chancellor Merkel refers to the Berlin Wall, which was a symbol of the Cold War that robbed her of various opportunities from East Germany, and the Cold War structure itself. This seemed immovable, but it was fragile and crumbled in the late 1980s.

In Omar Khayyam’s “Rubaiyat” by Edward FitzGerald’s translation, the impermanence is described as follows:

XXVIII

With them the Seed of Wisdom did I sow,

And with my own hand labour’d it to grow:

And this was all the Harvest that I reap’d –

“I came like Water, and like Wind I go.”

There is an Arab nationalist poem that says, “Once a nation wants to live, fate will surely respond to it. The night is sure to dawn breaking the bondage.” It can be said that “Fortune is unpredictable and changeable.” is a universal expression, but we should think that it is the bottom our destiny, having hope. The time to improve will surely come.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました