コロンブスの「聖戦」とヨーロッパがアメリカに残したイスラムの文化遺産

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

 アメリカ大陸を「発見」したとされるクリストファー・コロンブス(1451~1506年)には十字軍と同じ目標があり、イスラム勢力との戦いをその命題に据えていた。コロンブスは1451年にイタリア・ジェノヴァに生まれた。ジェノヴァは貿易都市国家であると同時に十字軍の拠点で、コロンブスはオスマン帝国がコンスタンティノープル(現イスタンブール)を征服する2年前に生まれている。ヨーロッパ・キリスト教世界にとってコンスタンティノープルの喪失は、ローマと並ぶその首都を失うことであると同時に、ジェノヴァのような貿易国家にとって、ボスフォラス海峡に臨むコンスタンティノープルの喪失は、黒海に至る交易ルートへの危惧でもあった。コロンブスは、幼年期から十字軍がジェノヴァから出発するところを見てきた。彼は、マルコ・ポーロの『東方見聞録』を読んで、その中に登場する大君主「大ハーン」をキリスト教に改宗できれば、イスラム世界の力をそぐことになると考えていた。

コロンブスは「殺人者」
ニュージャージー州ウェスト・オレンジで
https://www.nj.com/news/2020/06/west-orange-will-remove-christopher-columbus-monument-a-symbol-of-hate-and-oppression.html?fbclid=IwAR2E_VLlS0EsPqm6pG2cY904RZsk9jEyEwPm7seVOJoZ2yxt7IHTU5qDA-w

 コロンブスは船乗りとして、北アフリカやアフリカ西海岸を航行してイスラム勢力と遭遇し、またエーゲ海のキオス島ではコンスタンティノープル防衛に携わるギリシア兵たちとも会う機会があり、1492年にはグラナダ包囲戦に参加し、イベリア半島最後のイスラム王朝であるナスル朝の崩壊とイベリア半島からのムスリムの放逐を観察する機会があった。イサベラ・フェルディナンド両王によるスペイン王国はシチリア島も領有していたが、シチリア島はオスマン帝国の脅威をより間近に感じていた。両王はコロンブスを航路でアジアに送り、大ハーンとともにオスマン帝国を挟撃することを考えた。しかし、彼が航行して行き着いたのはアジアではなく、「新大陸」のアメリカで、コロンブスにとって新大陸で遭遇する人々はすべて「ムスリム」だった。

 スペインのコンキスタドール(アメリカ大陸征服者、侵略者)エルナン・コルテス(1485~1547年)は、アステカの寺院を指してメキシコには400の「モスク」があると述べ、アステカの女性は「ムーア人の女性」のように見えると報告した。当時のスペイン人にとって異教はイスラム、異邦人はムスリムだった。いずれにせよ、コロンブスは亡くなるまで彼が到達した地域をアジアと考え、「大ハーン」に至る道を開拓したいと思っていた。ムーア人との戦争を考えたコロンブスの姿勢は、メキシコ北東の町の名称「マタモロス(「ムーア人殺し」の意味)にも痕跡を留めている。

イェール大学学生
https://www.niche.com/blog/i-found-my-niche-at-yale-university/?fbclid=IwAR2r5arSA-jwPEkkM4v-Vws3tUHHwlZRH17zDnzsA_ld6s3gMzrrOxKqxQI

 アメリカ大陸に到達したスペイン人たちは、ムスリムの支配者たちの建築様式を新大陸にもちこんだ。カスティーリャ王国(1035~1715年)のアルフォンソ11世(在位:1312~1350年)やペドロ1世(在位:1350~1366年、1367~1369年)は、ムーア人の職人たちを好んで使って宮殿を造営したが、そうした建築様式がアメリカ大陸にもち込まれた。カリフォルニア州などのカトリック教会などを見ればスペイン様式の建築が多いことは容易に気づく。

 また、イギリス人やフランス人はゴシック様式の建築を好んだが、ゴシック様式は第1回十字軍によってエルサレムのモスクなどの建築物を見て、帰還したノルマン人騎士たちによってもたらされた。アメリカではゴシック様式は、大学やカレッジ、学校などで見られ、イェール大学の建築物は圧倒的にゴシック様式だ。アメリカ人にとって、ゴシック様式はオックスフォード大学やケンブリッジ大学の建築様式やパリのノートルダム寺院を連想させるものだ。より良い将来の世界をつくるには、コロンブスのように、「異端・異邦人」の排除し、イスラムとの対立を煽るよりも、ゴシックの建築物に見られるように文化や文明の交差させることを考えたほうがよいことをヨーロッパがアメリカにもち込んだ優れたイスラム文化が教えている。

アイキャッチ画像は

イェール大学
ゴシック様式
https://www.burohappold.com/projects/yale-university-residential-colleges/?fbclid=IwAR1ULUD8xJGO3N_ZYzflBY6qVgP4PS766e7wE3P3khpVW6WnMMGdq2PVluA

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました