John Coltrane’s Thoughts on Nagasaki and “God’s Mercy” ジョン・コルトレーンの長崎への想いと「神の慈悲」

ジョン・コルトレーン 長崎で平和の祈りEnglish Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

Jazz musician John Coltrane’s visit to Nagasaki, where an atomic bomb was dropped, Islamic inspiration of Coltrane’s music and his convey of political message as seen in visit to Nagasaki

1961年のジャズ・ミュージシャン・ジョン・コルトレーンの長崎訪問に見られる政治的メッセージ性とスーフィズム(イスラム神秘主義)がコルトレーンの音楽に与えた影響(日本語は後半です)

John Coltrane’s Thoughts on Nagasaki and “God’s Mercy”

In July, 55 years ago, jazz musician John Coltrane toured Japan, shortly after the Beatles’ performance in Japan. He visited Japan for more than two weeks from July 8th to 24th, and performed more than 10 times including Hiroshima and Nagasaki where the atomic bomb was dropped. Especially in Nagasaki, he visited the Peace Memorial Park, offered flowers, and memorialized the victims of the atomic bomb. After visiting the Peace Memorial Park, he talked with other members about the significance of visiting Nagasaki and the scars of the atomic bomb that the United States gave to Nagasaki. At the end of the Nagasaki performance, he played the standard number lullaby “Summer Time”, which may have been a memorial to the children who were victims of the atomic bomb during the summer season. In addition, a new song “Peace On Earth” that expresses the feelings for peace was unveiled at this performance in Japan.

John Coltrane with his wife in Nagasaki

Coltrane also began to convey a political message as seen in his visit to Nagasaki. His ballad song “Alabama” was dedicated to four girls who were killed in Birmingham, Alabama, during a civil rights movement. He also participated in Malcolm X’s “Organization of Afro-American Unity” rally, and also devoted himself to the Vietnam anti-war and disarmament movements. His music was full of humanism, but there was also something in the Islamic spiritual world.

Muslim jazz musician Yusef Lateef suggested that Colt Lane read the works of Qur’an and Khalil Gibran (Lebanese poet), Jiddu Krishnamurti (religious philosophers, spiritual teachers, educators: 1895-1986).

Yusef Lateef explains that the word “gracious and merciful” used by John Coltrane in his poems is synonymous with “al-Rahman” and “al-Rahim” found in the Qur’an. “al-Rahman” and “al-Rahim” are both God’s eulogistic name for mercy and compassion, the former means general mercy, the mercy that created the world and humanity, while the latter is specific to the believers. It is considered to be a mercy that guides in this world and saves in the next world. The memorial service in Nagasaki was a combination of both charities.

Although Coltrane was not a Muslim, “My goal is to live a true religious life and to express it in music. My music is a spiritual expression of what I am. . “. Latif suggested that Coltrane read the book “The Mystery of Sound” by North Indian-born mystic Inayat Khan. It says, “Waves, sounds, voices, words-every life represents tone and rhythm, and the universe moves according to the laws of harmony.” There is the same spirit and truth behind different names and forms. “

John Coltrane’s “A Love Supreme” is also said to be an expression of the fusion of the spirits of the Qur’an and Christianity. McCoy Tyner, who was in charge of the piano for “A Love Supreme,” became Muslim in the 1950s. He converted and has a Muslim name of Sulayman Saud. Inayat Khan predicted that music would become a universal religion and that music and its philosophy would become a humanity religion. The religion of humanity was what Coltrane aimed at through music.

ジョン・コルトレーンの長崎への想いと「神の慈悲」

 ジョン・コルトレーンの「至上の愛(A Love Supreme)は、クルアーンやキリスト教の精神の融合の表出ともされている。「至上の愛」でピアノを担当したマッコイ・タイナーは1950年代にイスラムに改宗して、スレイマン・サウードというムスリム名をもっている。イナーヤト・ハーンは、音楽が普遍的宗教を表す手段となり、音楽とその哲学がヒューマニティーの宗教になる日が来ることを予言した。ヒューマニティーの宗教こそがコルトレーンが音楽を通じて目指したものだった。

長崎平和公園で

 今から55年前の7月、ビートルズの来日公演から間もないジャズ・ミュージシャンのジョン・コルトレーンが日本公演ツアーを行った。来日は7月8日から24日までの2週間以上にわたるもので、原爆が投下された広島、長崎を含めて10回以上の公演を行った。特に長崎では平和記念公園を訪れ、献花を行い、原爆犠牲者の慰霊を行った。平和記念公園訪問後に、他のメンバーたちと長崎訪問の意義とアメリカが長崎に与えた原爆の傷痕について語り合ったという。長崎公演の最後にスタンダードナンバーの子守唄”Summer Time”を演奏したが、夏という季節に原爆の犠牲になった子供たちを追悼する想いが込められていたのかもしれない。また、平和への想いを表わした新曲「Peace On Earth(地球の平和)」をこの日本公演で披露された。

 コルトレーンは長崎訪問に見られたように政治的メッセージも伝えるようになった。彼のバラード曲「アラバマ」は市民権運動の中で、アラバマ州バーミンガムで犠牲になった4人の少女にささげたものだった。また、マルコムXの「アフリカ系アメリカ人統一機構(Organization of Afro-American Unity)」の集会に参加し、また、ベトナム反戦や軍縮運動にも身を投じた。彼の音楽はヒューマニズムに溢れたものだったが、イスラムの精神世界にも傾倒するものがあった。

 ムスリムのジャズ・ミュージシャンのユセフ・ラティーフは、コルトレーンにクルアーン(コーラン)やハリール・ジブラーン(レバノンの詩人)の作品、ジッドゥ・クリシュナムルティ(1895~1986年)の著作を読むように提案した。

Jiddu Krishnamurt’s book

 ユセフ・ラティーフは、ジョン・コルトレーンが詩に用いた“gracious and merciful”という言葉は、コーランに見られる「ラフマーン」と「ラヒーム」と同義だと説明している。「ラフマーン」と「ラヒーム」はともに慈悲・慈愛を表す神の美称であり、前者は一般的な慈愛、世界と人類を創造した慈愛を意味するのに対して、後者は信徒に特定したもので、現世で導き、来世で救済する慈悲と考えられている。(『岩波イスラーム辞典』)長崎での追悼は両方の慈愛を兼ね備えたものであった。

 コルトレーンはムスリムではなかったものの、「私の目標は真の宗教的生活を送ることであり、それを音楽で表現することだ。私の音楽は私自身が何であるかという精神的な表現である。」と語っている。ラティーフは、コルトレーンに北インド生まれの神秘主義者のイナーヤト・ハーンの著作『音の神秘』を読むことを提案した。ここには「波動・音・声・ことば―すべての生命は音調とリズムを表し、宇宙はハーモニーの法則によって動く」と書かれ、イナーヤト・ハーンは「我々は異なる名称、異なる形態で一つの宗教に帰依している。異なる名称や形態の背景には同じ精神や真理がある」と説いた。

 ジョン・コルトレーンの「至上の愛(A Love Supreme)は、クルアーンやキリスト教の精神の融合の表出ともされている。「至上の愛」でピアノを担当したマッコイ・タイナーは1950年代にイスラムに改宗して、スレイマン・サウードというムスリム名をもっている。イナーヤト・ハーンは、音楽が普遍的宗教を表す手段となり、音楽とその哲学がヒューマニティーの宗教になる日が来ることを予言した。ヒューマニティーの宗教こそがコルトレーンが音楽を通じて目指したものだった。

My throat was dry and irresistible. There was something like oil floating all over the water. I really wanted water and finally drank it with the oil floating.
のどが乾いてたまりませんでした 水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました どうしても水が欲しくて とうとうあぶらの浮いたまま飲みました
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました