Background of high oil prices-Saudi Arabia opposes Biden’s “human rights diplomacy”

2018年10月に殺害されたカショギ記者の追悼English Article
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

原油高の背景 ―バイデン政権の「人権外交」に反発するサウジアラビア

(日本語は後半です)

Background of high oil prices-Saudi Arabia opposes Biden’s “human rights diplomacy”

The Biden administration in the United States released from the strategic petroleum reserve, trying to lower the price of crude oil. Japan went along with it and released its strategic reserve of oil. Saudi Arabia, which plays a leading role in OPEC Plus, is reluctant to respond to the Biden administration’s request to increase oil production, partly because of the opposition to the Biden administration, which advocates human rights diplomacy. President Biden has placed “human rights” at the center of diplomacy and has criticized Saudi Arabia’s human rights infringement, including the killing of Jamal Khashoggi in Istanbul, Turkey in October 2018 and the bombing of Yemen. There is no doubt that the backlash against Saudi Arabia’s Biden administration has also contributed to the high oil prices.

Children in Yemen イエメンの子供たち

原油高の背景 ー バイデン政権の「人権外交」に反発するサウジアラビア

米国のバイデン政権は石油の国家備蓄を放出し、原油価格を下げようとしました。日本もそれに同調し、国家備蓄分の石油を放出しました。OPECプラスで主導的役割を果たすサウジアラビアがバイデン政権の石油増産の要求に応じようとしないのは、人権外交を掲げるバイデン政権に対する反発もあります。バイデン大統領は、「人権」を外交の中心に据え、2018年10月のトルコ・イスタンブールでのジャマール・カショギ氏記者殺害やイエメン空爆などサウジアラビアの人権侵害を批判してきました。サウジアラビアのバイデン政権に対する反発も原油価格が高止まりする要因となっていることは間違いないでしょう。「日刊ゲンダイ」に記事を書きました。ご覧頂ければ幸いです。

OPECプラスが原油増産しない理由 人権外交を標榜するバイデン大統領とサウジの根深い対立|日刊ゲンダイDIGITAL
 岸田首相は24日、米国に同調し、原油価格を下げる目的で石油の国家備蓄の一部を放出することを決定した。米国では、ガ...
English Article日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました