ロシア軍による化学兵器使用疑惑と化学兵器の歴史/Alleged use of chemical weapons by the Russian army and history of chemical weapons

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

 ロシアがウクライナ東東部のマリウポリで化学兵器を使用したとウクライナが主張し、イギリスのトラス(Liz Truss)外相がその検証を進めていることを明らかにし、使用されたならばプーチン大統領の責任を追及していく考えを示した。

 近代戦において大量破壊兵器としての化学兵器が最初に使われたのは、第一次世界大戦においてであった。毒ガスを発明したのはドイツの天才的な科学者フリッツ・ハーバー(1868~1934年)だった。ハーバーはドイツ国籍をもつユダヤ人で、化学肥料の発明でその名声を博していた。彼はドイツ陸軍省からの依頼で西部戦線の塹壕戦で使用される毒ガスを開発していく。空気よりも重く、地を這うように敵の塹壕に広くいきわたり、また臭いもなく、輸送も容易なものが考案の目標とされ、ハーバーや助手たちの実験の結果、塩素ガスが有効であるという結論にいきついた。

フリッツ・ハーバー/Fritz Haber
https://ameblo.jp/heartc/entry-12528649701.html

 塩素ガスは、2018年4月、英米仏がシリア政府軍の使用が認められたと主張した化学兵器である。塩素ガスはドイツでは原料となる岩塩が豊富に採れ、またボンベに詰めて簡単に運搬できるというメリットがあった。2015年4月22日に、ベルギーのイープルの戦いで最初に使用され、この戦闘では連合軍は5000人が犠牲となり、1万5000人がガス中毒症状を起こした。ドイツの化学兵器使用は敵の連合国軍にも化学兵器への関心をもたせることになり、第一次世界大戦では化学兵器戦の応酬が行われ、化学兵器戦の中で130万人が死傷し、また9万1000人が亡くなったと推定されている。 

https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/hatakononowariokara10030

 第二次世界大戦後に化学兵器が使用された例とすれば、1988年3月にイラクのサダム・フセイン政権がイラクのクルド人の町ハラブジャと、イラン・イラク戦争中にイラン軍に対して用いたことがあった。イラク軍はサリンとタブンを用いてイラン軍の進出を食いとめた。また、イラクのサダム・フセイン政権は1988年3月にイラクのハラブジャでクルド人住民に対して化学兵器を用いて、数千人の人々を殺害した。アメリカをはじめとして欧米諸国は、対立するイランに対して使用されたために、強い非難の声を上げることはなかった。欧米の「二重基準」である。

 また、日本ではあまり知られていないが、イラク軍はイラン・イラク戦争中の1987年6月28日と29日の二日間にわたってイラン西部のイラク国境に近いクルド人の町サルダシュトに対して化学兵器で攻撃を行い、110人の人々が犠牲となり、その後も5000人の人々が後遺症に苦しんでいる。広島市のNPO法人「モースト」はイランの化学兵器被害者たちと広島の被爆者との交流を進めている。2017年10月に来日したサルダシュトの住民のホセイン・モハンマディヤンさんは父親を化学兵器の攻撃で失ったが、「広島、長崎の名前は世界の人が知っている。民間人が戦争で大量破壊兵器の犠牲になった私の故郷・サルダシュトの悲劇も、日本の多くの人に知ってもらいたい」と語った。(「毎日新聞」2017年10月6日)

 化学兵器を保有することは抑止力になり、また交戦相手に対する交渉手段ともなり、体制を維持することを可能にさせるかもしれない。さらにイラクのフセイン政権のように反体制勢力の戦意を喪失させることにもなる。化学兵器の中でも最も致死性が高いのは、サリン、タブン、ソマン、VXといった神経系のガスだ。これらは即座に人を殺害することができる。

 1925年のジュネーブ議定書によって毒ガスの使用は禁止されたが、その開発、生産および貯蔵までは禁止されていない。その後のベトナム戦争における枯葉剤散布やイラン・イラク戦争における化学兵器の使用などによってジュネーブ議定書は空文になり、国際規範が現実の戦争のなかで踏み倒されることが少なくない。

化学攻撃、受けるとどうなる 過去の被害者語る - BBCニュース
シリア・グータから脱出し現在はレバノンの難民キャンプで暮らすシリア人家族が、2013年に受けた化学攻撃の恐怖を詳細に語った。

アイキャッチ画像は「イラン北西部サルダシュトの墓地で、NPO「モースト」メンバーを出迎える音楽家ナズリさん(右から3人目)=29日(共同)」/The eye-catching image is “Ms. Nazri, a musician welcoming NPO” MOST “members at the cemetery in Sardasht, northwestern Iran (third from the right) = 29th (Kyodo)”

化学兵器犠牲者を追悼 広島のNPO、イランで
1980年代のイラン・イラク戦争中に化学兵器攻撃を受けた被害者の支援活動などを続けるNPO「モースト」(広島市)のメンバーらが29日夕、攻撃から30年を迎えたイ…

Ukraine claims that Russia used chemical weapons in Mariupol, southeastern Ukraine, reveals that British Foreign Minister Liz Truss is proceeding with its verification, and holds Putin’s responsibility if used.

Chemical weapons as weapons of mass destruction were first used in modern warfare in World War I. German troops attacked French and Algerian troops (though they were part of France at the time) with chlorine gas in a battle in Ypres, Belgium on April 22, 1915, killing about 5,000 people. Germany’s use of chemical weapons also made the enemy’s Allied forces interested in chemical weapons, and in World War I there was an exchange of chemical weapons warfare. It is estimated that 1.3 million people were killed or injured and 91,000 died.

The most lethal chemical weapons are nervous system gases such as sarin, tabun, soman, and VX. These can kill people instantly.

An example of the use of chemical weapons after World War II was in March 1988 when the Saddam Hussein administration in Iraq used it against the Iraqi Kurdish town of Halabja and the Iranian army during the Iran-Iraq War. Iraq used sarin and tabun to stop the Iranian army from advancing. Iraq’s Saddam Hussein administration used chemical weapons against Kurdish inhabitants in Halabja, Iraq, in March 1988, killing thousands of people.

Although it had been used by Iraq, Western countries, including the United States, did not raise strong criticism because it was used against hostile Iran. It was a “double standard” of the West.

During Iran-Iraq war, Iraqi troops attacked the Kurdish town of Sardasht near the Iraqi border in western Iran on June 28 and 29, 1987 with chemical weapons, killing 110 people and continuing 5,000. People are suffering from aftereffects. Hiroshima City’s NPO “MOST” is promoting exchanges between Iran’s chemical weapons victims and Hiroshima survivors. Hossein Mohammadian, a resident of Sardasht who came to Japan in October 2017, lost his father in a chemical weapons attack, saying, “Hiroshima and Nagasaki are known to people all over the world.  I want many people in Japan to know about the tragedy of my hometown of Sardasht, which was the victim of mass destruction weapons.” (“Mainichi Shimbun” October 6, 2017)

https://parstoday.com/ja/news/iran-i63172

Possession of chemical weapons can be a deterrent and a means of bargaining with opponents, which may allow them to maintain their regime. In addition, it will also destroy the fighting spirit of dissidents like the Hussein administration in Iraq. The Geneva Protocol of 1925 banned the use of poisonous gas, but not its development, production and storage. Due to the subsequent spraying of defoliants in the Vietnam War and the use of chemical weapons in the Iran-Iraq War, the Geneva Protocol became empty, and international norms were often overthrown in the actual war.

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました