アフガニスタン「命を救う活動は時間との闘いに」―グテーレス国連事務総長/ Afghanistan “Life-saving activities fight against time” -UN Secretary-General António Guterres

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

アフガニスタン「命を救う活動は時間との闘いに」―グテーレス国連事務総長

 1月13日、国連のグテーレス事務総長は、食べ物を得るために赤ん坊が売られ、暖をとるために自分の持ち物を燃やし、病院には栄養失調の子どもがあふれていて、この冬を乗り切るための命を救うための活動は時間との闘いになっていると述べた。

思い出のランドセルギフト
https://www.nomura-re-cc.jp/kids/action/socialgood/randsel/

 国際社会には一刻も早いタリバンとの対話が求められ、アフガニスタンへの支援活動を早急にしなければいっそう深刻な人道危機にならざるを得ない。

 8月19日付の「朝日新聞GLOBE」に山本氏は、アフガニスタンへの長期的な国づくりの支援の必要性を説き、タリバンにはすべての人々を代表しているという意識や姿勢をもってもらうようなメッセージを送り、支援を行うことが大事だと語っている。タリバンとの対話を拒んでは、タリバンに国際社会のメッセージが伝わらず、前回政権時のように、厳格で、ともすると硬直的とも思われるイスラムの解釈を続けることだろう。タリバンが奉ずるデオバンド派は、19世紀後半に英領インド帝国で興ったイスラムの改革運動で、外国支配に対抗するにはイスラムの原点に回帰し、その至純性を取り戻すことが必要と考えた。タリバンはイスラムの原点に回帰するような政策を訴えるものの、彼らが国民の福利に無関心であるということは決してないだろう。

 アフガニスタンの人々は中村哲医師によれば、戦後戦争することがなかった日本には「平和の国、綺麗な国」というイメージが定着している。「明らかに誰が見たって自衛隊というのは軍隊なんですね。ひとつの国の軍隊が動くというのは大変なことですよね。もちろんその意図をはっきり国民に言えばいいでしょうけれども、なんかズルズルと説明がないまま、テロ対策という名目で動かすというのは恐ろしい気するんですよね。」

(「中村哲が14年に渡り雑誌『SIGHT』に語った6万字」)「平和の国」日本にはタリバンからも信頼があるだろう。

アフガニスタン マザリシャリフ イマーム・アリー廟

 日本は過去に2度にわたってアフガニスタン支援会合を開催した実績があるが、アメリカの利益がなく、関心がないからもう開かないというのではアフガニスタンをはじめ国際社会から信頼を得られない。山本氏が主張するように、3度目の支援会合を開くべきだ。

自民党総裁選で、高市早苗氏は、カブールの空港だけでなく、市街地などでも自衛隊が銃器を使えるような法改正をと主張していたが、アフガニスタンへの関心が自衛隊に関するものだけというのは情けない。

2015年5月真宗大谷派は、「対立を生む根源は、すべて相互理解の欠如と、相手への非難を正当化して正義を立て、自らを正義とし、他を悪とするのではなく、互いに尊重しあえる『真の平和』を、武力に頼るのではなく、積極的な対話によって実現しなければならない」という声明を出した。タリバンとの対話はまさにそのような気概で臨むべきだろう。

人助けや奉仕の心は、惜しむことなく、流れる川のように・・

情け深さと優しさは、太陽のように・・

慎み深さは、大地のように・・・

寛大な心は、海のように・・・ (ルーミー)

アイキャッチ画像は https://www.street-child.co.uk/afghanistan

Afghanistan “Life-saving activities fight against time” -UN Secretary-General António Guterres

On January 13, UN Secretary-General António Guterres said that babies were sold to get food, burned his belongings to keep warm, and the hospital was flooded with malnourished children to survive this winter. He said that his life-saving efforts are a battle against time.

The international community is required to have a dialogue with the Taliban as soon as possible, and if we do not urgently support Afghanistan, we will have to face a more serious humanitarian crisis.

In the “Asahi Shimbun GLOBE” dated August 19, Mr. Tadamichi Yamamoto, former representative of the United Nations Assistance Mission in Afghanistan (UNAMA), explained the need for long-term support for nation-building in Afghanistan, and made the Taliban aware and attitude that it represents all people. He says it is important to send a message and provide support. Rejecting dialogue with the Taliban will not convey the message of the international community to the Taliban and Taliban will continue to interpret Islam as rigorous and possibly rigid as it was during the last administration. The Deobandi sect of the Taliban thought that it was necessary to return to the origin of Islam and regain its purity in order to counter foreign rule. Deobandi is the Islamic reform movement that started in the British Indian Empire in the latter half of the 19th century.  Although the Taliban advocate policies that return to the origins of Islam, they will never be indifferent to the well-being of the people.

According to Dr. Tetsu Nakamura, the people of Afghanistan have a well-established image of “a country of peace, a beautiful country” in Japan, which never had a war after the World War 2. “Clearly, no matter who sees the Self-Defense Forces, it’s an army. It’s hard for an army of one country to move. Of course, Japanese government should clearly state the intention to the Japanese people, but there is no explanation. It’s scary to move it under the pretext of counterterrorism, isn’t it? “

Dr Tetsu Nakamura surrounded by aid workers
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3016097/

(“60,000 characters that Tetsu Nakamura told the magazine” SIGHT “for 14 years”)

中村哲が14年に渡り雑誌『SIGHT』に語った6万字
アフガニスタンで長年、人道支援と復興に携わってきた医師・中村哲さんへ追悼の意を込め雑誌『SIGHT』に14年に渡り掲載した9本のインタビューを公開。

Japan has a track record of holding two Afghanistan support meetings in the past, but it cannot be trusted by the international community, including Afghanistan, if it does not hold anymore because the United States has no interest in Afghanistan. As Mr. Yamamoto insists, a third support meeting should be held.

In the LDP presidential election, Sanae Takaichi insisted on a law revision that would allow the Self-Defense Forces to use firearms not only at Kabul’s airport but also in urban areas, but it is pathetic that the only interest in Afghanistan is related to the Self-Defense Forces.

In May 2015, the Otani faction of Shinshu said, “The roots of conflict are all lack of mutual understanding and justice that justifies the criticism of the other party, establishing justice. “True peace” must be achieved through active dialogue rather than relying on force. “

Tetsu Nakamura is seen in a photo taken in February 2010 in Afghanistan’s Nangarhar province after the completion of an irrigation canal. | KYODO
https://www.japantimes.co.jp/news/2020/12/04/national/tetsu-nakamura-one-year/

“In compassion and grace, be like the sun…

In concealing other’s faults, be like the night…

In generosity and helping others, be like a river…

In anger and fury, be like dead…

In modesty and humility, be like the earth…

In tolerance, be like the sea…

Either appear as you are, or be as you appear..”

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました