アフガニスタン難民たちは今・・・/Afghan refugees are now …

日本語記事
Afghan refugees arrive at Dulles International Airport on August 27, 2021 in Dulles, Virginia, after being evacuated from Kabul following the Taliban takeover of Afghanistan. - The Pentagon said on Friday the ongoing evacuation from Afghanistan faces more threats of attack a day after a suicide bomber and possible associated gunmen killed scores at a Kabul airport gate. (Photo by Olivier DOULIERY / AFP)
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

 林芳正外相が訪問先のポーランドから「ウクライナ避難民」を日本に連れて戻ることが報じられている。ウクライナ避難民は日々脚光を浴びている印象だが、昨年8月に米軍が撤退したアフガニスタン難民はどうだろうか。

 『フランス・ジャポン・エコー』編集長、仏フィガロ東京特派員のレジス・アルノー氏は、『東洋経済』に「日本『ウクライナ難民受け入れ』偽善に聞こえる訳 アフガン難民が置かれた状況を見ればわかる」と題して日本のアフガン難民の扱いについて書いている。外国の政府と関わりをもったアフガン人たちが報復の対象になっているにもかかわらず、日本はわずか570人のアフガン人しか受け入れていない。しかもそれも厳格な条件付きであった。

 アルノー氏が指摘するのは、外国と関わりのあったアフガニスタン人とは、過去40年間に日本で学んだことがある約1400人や、日本大使館、JICA、日本のNGOで働いた人々も含まれるが、日本政府は縁もゆかりもないウクライナ人は受け入れ、日本と関わりのあったアフガン人には将来は帰国することが前提など過酷な条件を課しているとアルノー氏は指摘している。また、2月17日以降、90日間の短期ビザで滞在するアフガニスタン人たちも「特定ビザ」を取得し、就労が可能になった。しかし、その基準が曖昧で、責任を負うのは政府ではなく、身元保証人だとアルノー氏は述べている。

日本「ウクライナ難民受け入れ」偽善に聞こえる訳 | ウクライナ侵攻、危機の本質
「ウクライナの人々との連帯をさらに示すべく、第三国に避難した人の受け入れを進める。知人や親族が日本にいる人の受け入れを想定するが、それにとどまらず、人道的な観点から対応する」。岸田文雄首相が3月2日の…

 アフガニスタン難民は現在260万人いると見られ、シリア難民に次ぐ多さだ。ちなみに昨年8月の米軍撤退後、アメリカには84、600人のアフガニスタン人たちが避難した。アメリカでは人道渡航許可証(humanitarian parole applications)の申請に575ドルかかるが、78000人の申請のうち、認められたのは170人しかいない。

 アフガニスタンでは人道危機が深刻になっている。国連によれば、95%のアフガニスタン人が満足に食べることができない。3月31日付の「国連ニュース」によれば、2022年半ばまでに97%のアフガニスタン人が貧困ラインより下の生活を余儀なくされ、アメリカのアフガニスタン資産の凍結などの措置によってアフガニスタン経済が崩壊し、現金も欠乏するようになった。国際連合人道問題調整事務所(OCHA)によれば、2440万人以上の人々が、人道支援が必要な状態だという。貧困によって子供や臓器を売る人々も後を絶たない。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/578495/

 タリバンは3月24日、高校での女子教育の再開を停止することを発表した。シャリーア(イスラム法)とアフガニスタンの伝統に則った服装が決まるまでの措置としているが、女子の教育機会を実質的に奪うこの措置にはイスラム諸国からも非難の声が上がっている。タリバンが外交事務所を置くカタール外務省も、タリバンの措置がカタールの大きな懸念と失望になっているという声明を発表した。この声明ではムスリムの国では女子も教育も含めてあらゆる権利を享受すべきであり、決定の見直しを求めると述べている。

https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=347632018

 アフガニスタンで現在発生している問題は、タリバン政府と国際社会のコミュニケーションの欠如からも発生しているように思える。アメリカには、自らが創った政府を打倒したタリバンと対話をする姿勢が見られず、アフガニスタンの現状に関心をもつ国は極めて少ない印象だ。3月31日、トルコ政府はアフガニスタンに対して、500万ドルの援助を与えることを明らかにした。日本政府も昨年10月に6500万ドル(約71億円)の緊急無償資金協力を決定したが、難民の受け入れも含めてアフガニスタンへの関心を途切れないようにしてもらいたい。

アイキャッチ画像は https://www.timesofisrael.com/bennett-weighs-offering-help-to-transport-afghan-refugees-to-third-countries/ より

昨年8月27日、ダレス国際空港に到着したアフガン難民

Afghan refugees arrive at Dulles International Airport on August 27, 2021, in Dulles, Virginia, after being evacuated from Kabul following the Taliban takeover of Afghanistan. (Olivier DOULIERY/AFP)

It is reported that Foreign Minister Yoshimasa Hayashi will bring “Ukrainian refugees” back to Japan from the visited Poland. Ukrainian refugees seem to be in the limelight every day, but what about Afghan refugees?

“France Japon Echo” editor-in-chief and French newspaper “Le Figaro” Tokyo correspondent, Regis Arnaud, said in “Toyo Keizai (Oriental Economy)” that “Japan’s acceptance of Ukrainian refugees” sounds like a falsehood. He writes about the treatment of Afghan refugees in Japan. Japan accepts only 570 Afghans, despite the fact that Afghans associated with foreign governments have been the subject of Taliban’s retaliation. Moreover, it was also subject to strict conditions.

https://socialeurope.eu/despite-all-the-attention-afghan-refugees-are-not-welcome

Mr. Arnaud points out that Afghanistan who have been involved with foreign countries includes about 1,400 people who have studied in Japan in the past 40 years, and people who worked at the Japanese embassy, ​​JICA, and Japanese NGOs. However, Mr. Arnaud points out that the Japanese government accepts Ukrainians who have no connection with Japan and imposes harsh conditions on Afghans who have been involved with Japan, such as the assumption that they will return to Afghanistan in the future.  In addition, after February 17, Afghans who stay on short-term visas for 90 days have also obtained “specific visas” and are able to work. However, the standards are ambiguous, and Arnaud says it is the guarantor, not the government, who is responsible.

日本「ウクライナ難民受け入れ」偽善に聞こえる訳 | ウクライナ侵攻、危機の本質
「ウクライナの人々との連帯をさらに示すべく、第三国に避難した人の受け入れを進める。知人や親族が日本にいる人の受け入れを想定するが、それにとどまらず、人道的な観点から対応する」。岸田文雄首相が3月2日の…

The number of Afghan refugees is currently estimated at 2.6 million, second only to Syrian refugees. By the way, after the withdrawal of the US military in August last year, 84,600 Afghans have been evacuated to the United States. In the United States, applying for a humanitarian parole applications costs $ 575, but of the 78,000 applications, only 170 have been accepted.

The humanitarian crisis is becoming more serious in Afghanistan. According to the United Nations, 95% of Afghans cannot eat satisfactorily. According to the United Nations News dated March 31, 97% of Afghanistan will be forced to live below the poverty line by mid-2022, and measures such as the freezing of Afghan assets in the United States collapsed the Afghan economy, starting to run out of cash. According to the United Nations Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA), more than 24.4 million people are in need of humanitarian assistance. There is no end to the people who sell children and organs due to poverty.

The Taliban announced on March 24 that it would suspend the resumption of girls’ education in high school. Although it is a measure until the sharia (Islamic law) and Afghan tradition are decided, this measure that substantially deprives girls of educational opportunities has been criticized by Islamic countries. The Qatar Ministry of Foreign Affairs, where the Taliban has a foreign policy office, also issued a statement that the Taliban’s measures have become a major concern and disappointment for Qatar. The statement states that Muslim countries should enjoy all rights, including girls’ education, and call for a review of their decisions.

The current problems in Afghanistan also seem to arise from the lack of communication between the Taliban government and the international community. It seems that very few countries including the United States are interested in the current situation of Afghanistan, as the US has not seen a willingness to talk with the Taliban, which overthrew the government it created. On March 31, the Turkish government announced that it would provide Afghanistan with $ 5 million in aid. The Japanese government also decided on an emergency grant-in-aid for 65 million dollars (about 7.1 billion yen) in October last year. I hope that interest in Afghanistan will not be interrupted, including the acceptance of refugees.

Afghanistan
The crisis in Afghanistan is the latest in a cycle of conflict that has lasted more than 40 years. Generations have never known peace.
日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました