イブン・ハルドゥーンが説くロシアのプーチンに対する神の罰/Ibn Khaldun preaches God’s punishment for Russia’s Putin

日本語記事
スポンサーリンク
Translation / 翻訳

 English after Japanese

 ロシア軍がウクライナに侵攻した。プーチン大統領は自衛のための戦争と述べているが、

 アラブの歴史家、思想家であるイブン・ハルドゥーン(1332~1406年)は、彼が著した膨大な『世界史』の冒頭の部分である「歴史序説」の中で次のように述べている。

イブン・ハルドゥーンが説く「正義の統治」

「人民に対して正義をもって当たること、神の道理も罰も人民のために配慮しておくこと、人民を守り、彼らの家族や婦人を保護し、流血を避け、街道を安全にし、人民に平和な暮らしをさせること、神はこれらすべてをお前の義務としておられる。さもなくばお前に与えられた義務と関連づけて神はお前を罰し給うぞ。」(岩波書店『歴史序説』より)

Amazonより

ここにイスラムの正義による統治の考えがよく表されている。イブン・ハルドゥーンの統治論は世界のどの時代、どの地域においても普遍なものであることはいうまでもない。仏教観からも戦争を反対する声はある。哲学者の梅原猛さんは、「六波羅蜜という素晴らしい教えは、ひょっとすると実現不可能かもしれないけれど、これを説かないと世界は修羅の巷になると思い、私は仏教の素晴らしさを説き続けています」と説いた。

イブン・ハルドゥーンの言うように、ロシアには罰が下るかもしれないことは第二次世界大戦後の世界の現代史も教えるところだ。

戦争は国力を弱める

第二次世界大戦が終わると、イギリス帝国主義は経済的に破産状態に陥り、パレスチナやインド帝国を維持する力を失っていた。パレスチナでは混乱の収拾ができずに、国連に問題の解決を委ねて撤退していった。1956年にエジプトのナセルのスエズ運河国有化宣言に対して、フランスとイスラエルを誘ってエジプトに軍事介入を行うが、しかしアメリカ、ソ連、国連の圧力で撤退し、イギリス帝国主義の退潮は明らかになった。

 また、ソ連は1989年2月にアフガニスタンから撤退すると、それから2年半後の1991年8月にソ連共産党の保守派がゴルバチョフ大統領を軟禁し、連邦制と共産党の指導権の維持を図ってクーデターを起こしたが、市民やメディアの反対に遭って失敗し、ソ連共産党とソ連邦解体の直接的契機となった。

「自衛のための戦争」の詭弁

歴史家の色川大吉氏は、『近代日本の戦争』(岩波ジュニア新書)の中で次のように述べている。

「戦争とは何だろうか。相互の大量殺人、大量破壊行為なのだが、国家が認知さえすれば合法となり、殺人も罰せられない。なぜなら自衛のための戦争は、近代国家の固有の主権行為であり、それは国際法でも認められているからだという。ただし『自衛のため』と条件を付けても、最初から『侵略のために』戦争をしたと認める国はないのだから、実際上はすべての戦争が合法化されてしまうことになる。」

 ロシアのプーチン大統領は正義、自衛のための戦争ということを強調するが、戦争はいつも自衛を口実に行われ、戦争という行為に正義はない。戦争を繰り返さない、戦争を違法化するために、人類は国連などの国際機関をつくり、また国際法で戦争を禁じてきた。プーチン大統領は自分のしたことは自分に返ってくるということをよく自覚すべきだ。イスラム教徒たちは「善行が報いられ、悪事が罰せられ、正義が行われるよう、神の定めた法を施行する義務を負う。」とされる。

アイキャッチ画像は、渋谷駅前で抗議する在日ウクライナ人たち

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

The eye-catching image is taken by Ms Riko Maeda on February 24, 2022 in Minato-ku, Tokyo, a Russian man holding a board in front of the Russian Embassy in Japan.

Ibn Khaldun preaches God’s punishment for Russia

Russian troops invaded Ukraine. Putin states that it is a war for self-defense,

Arab historian and thinker Ibn Khaldun (1332-1406) stated in his “Introduction to History” at the beginning of his enormous “World History” as follows.

“Government of Justice” by Ibn Khaldun

“To be justice to the people, to consider God’s reason and punishment for the people, to protect the people, to protect their families and women, to avoid bloodshed, to secure the roads, to the people. To live a peaceful life, God makes all of this your duty, or God will punish you in connection with the duty you have been given. “(From Iwanami Shoten’s” Introduction to History “)

The idea of ​​Islamic justice governance is well expressed here. It goes without saying that Ibn Khaldun’s theory of governance is universal in every era and region of the world. There are voices against the war from the Buddhist view. Philosopher Takeshi Umehara said, “The wonderful teaching of Rokuharamitsuji may not be feasible, but I think that the world will become a shura without preaching it, and I continue to preach the splendor of Buddhism. “

As Ibn Khaldun says, Russia may be punished, as it teaches the modern history of the post-WWII world.

War weakens national power

At the end of World War II, British imperialism fell into financial bankruptcy and lost the power to maintain the Palestinian and Indian empire. In Palestine, the turmoil could not be settled, and the United Nations was entrusted with solving the problem and the British army withdrew. In 1956, France and Israel were invited to intervene in Egypt in response to Egypt’s declaration of nationalization of the Suez Canal, but withdrawal under pressure from the United States, the Soviet Union, and the United Nations revealed the retreat of British imperialism.

In addition, the Soviet Union withdrew from Afghanistan in February 1989, and two and a half years later, in August 1991, conservatives of the Communist Party of the Soviet Union confined President Gorbachev to maintain the federal system and leadership of the Communist Party. However, it failed due to the opposition of the citizens and the media, and it became a direct opportunity for the dismantling of the Communist Party of the Soviet Union and the Soviet Union.

Sophism of “War for Self-Defense”

Historian Daikichi Irokawa stated in “The War of Modern Japan” (Iwanami Jr. New Book) as follows.

“What is war? Mutual mass murder and mass destruction, but if the nation recognizes it, it will be legal and murder will not be punished. Because the war for self-defense is a peculiar sovereign act of the modern nation. Yes, that’s because it’s also recognized by international law. However, even with the condition “for self-defense,” because no country admits that it had fought “for aggression” from the beginning. Virtually all the war will be legalized. “

Daikichi Irokawa

Russian President Vladimir Putin emphasizes that it is a war for justice and self-defense, but war is always used as an excuse for self-defense, and there is no justice in the act of war. In order not to repeat the war and to outlaw the war, human beings have created international organizations such as the United Nations and have banned the war by international law. President Putin should be well aware that what he has done and the word ““What goes around comes around.” Muslims are said to be “obliged to enforce God’s law so that good deeds are rewarded, wrongdoing is punished, and justice is done.”

日本語記事
miyataosamuをフォローする
Follow by E-mail / ブログをメールでフォロー

If you want to follow this blog, enter your e-mail address and click the Follow button.
メールアドレスを入力してフォローすることで、新着記事のお知らせを受取れるようになります。

スポンサーリンク
宮田律の中東イスラム世界と日本、国際社会

コメント

タイトルとURLをコピーしました